【ニューモデル情報】2024年までにデビューするメルセデスのニューモデル×11台 2024年までのメルセデスによるイノベーション

135

新型AMG GTからEQGまで、これらのクルマは、2024年までにメルセデスとAMGから発売される車種である。AMG初のSL、電気自動車のGクラスEQG、GT 63 Sパフォーマンス、新型シタンとEQS 53。我々は2024年までのメルセデスのイノベーションをすべて紹介する。

メルセデスは、そのポートフォリオを徐々に電気自動車に転換していく。
2025年以降、メルセデス・ベンツからは新しい電気プラットフォームのみが提供され、3つの新しいアーキテクチャーが発表される予定だ。

● 「MB.EA」プラットフォームは、将来のミッドサイズからラージサイズのモデルのベースとなる。
● 「AMG.EA」プラットフォームは、将来の中・大型モデルのベースとなるもので、AMG.EAはスポーツブランドのためのもので、特に高いパフォーマンスを目指して設計されている。
● 「VAN.EA」プラットフォームは、次世代の電動バンおよび商用車の基盤となる。

内燃機関の廃止時期は未定

しかし、それでも、他のメーカーとは異なり、メルセデスは、内燃機関に完全に終止符を打つ時期を明言せず、その時期は市場次第であるとしている。
メルセデスのCEOである、オラ カレニウスは、「10年後までに市場が完全に電気自動車に切り替わったとき、私たちは準備ができているでしょう」と述べている。
電気自動車が増えればバッテリーの数も増えるため、メルセデスは標準化された新世代のバッテリーを開発したいと考えている。
これは、将来の自動車の90%に搭載される予定だ。
十分な量のバッテリーセルを生産するために、パートナー企業とともに、世界各地に8つのギガファクトリーを建設する予定だ。

3つのモデルが今後重要になってくる。
1.メルセデスEQG – 内燃機関の恐竜が電気自動車になる
エレクトロモビリティの開発は、世界で最も古い自動車のひとつであるメルセデス・ベンツも無視することはできない。
ミュンヘンで開催された「IAA 2021」で、メルセデスは、シュトゥットガルトで電気自動車のGクラスをどのように構想しているかを示した。
デザインは、これまでほとんど手を加えてこなかったアイコンを忠実に再現している。
オフロード性能も新しい時代のために保存されることになっているので、ロックやリダクションギアなどは継承される。
もちろん、全輪駆動は当たり前のことだ。
なお、内燃機関バージョンは当面継続生産され、「EQG」と並行して提供されるとのことだ。
2.メルセデスAMG SL – 再び本物のスポーツカーに
2+2シーターで、ハードトップのオープンモデルから、クラシックなソフトトップを備えた新型「SL」は、先代モデルよりも大幅にスポーティになる予定だ。
これを確実に成功させるために、AMGが直接開発を担当している。
プラットフォームは「AMG GT」のものが採用されている。
また、ロードスターには、フル可変の4マチック+四輪駆動が初めて搭載されるという斬新さもある。
トップモデルに再び4リッターV8が搭載されるかどうかは、まだ決まっていない。
もしそうであれば、電動化された「SL 73 e」が、最大800馬力を発揮する可能性がある。
3.メルセデスGLC – そのルックスに忠実に
「VWティグアン」の対抗馬は、2022年に第2ラウンドを迎えるが、視覚的には自分自身に忠実なままだ。
デザインは変更されるだろうが、大きな飛躍は期待できない。
インテリアでは、「Sクラス」のように、センターコンソールに大型スクリーンが設置される可能性がある。
ボンネットの中には、「Cクラス」のエンジン、つまり電動化された4気筒エンジンが搭載されるだろう。
また、SUVではマニュアルトランスミッションが廃止され、代わりに「9Gトロニック(9G-Tronic)」オートマチックトランスミッションが標準装備されることになりそうだ。
以下、フォトギャラリーで、2024年までのメルセデスのイノベーションを紹介する。

メルセデスCクラス オールテレイン:
価格: 5万ユーロ(約655万円)以上、2021年12月発売。
「Cクラス」では初めて、前後のアンダーライドプロテクションエレメント、40ミリのグランドクリアランスの増加、オフロード用ディスプレイとコンパスをインテリアに装備した堅牢なバージョンが用意される。また、「オールテレイン」には、2種類のオフロード走行プログラムが追加され、車両前方をより広く照らす特別なオフロードライトが装備されている。
今までなかったことがかえって不思議なモデル。売れることは約束されたようなもの。

メルセデスAMG GT 63 S Eパフォーマンス:
価格: 20万ユーロ(約2,620万円)以上、市場投入: 2021年。
プラグインハイブリッドである「GT 4ドア」は、メルセデスAMGのこれまでの市販モデルの中で最もパワフルなモデルだ。4リッターV8ツインターボと電動モーターの組み合わせにより、最高出力843馬力、最大システムトルク1470Nmを発揮し、0から100km/hまで2.9秒、最高時速316km/hを発揮する。また、7つのドライビングモードを備え、あらゆる状況に対応できるようになっている。
AMGの中でもっとも速い一台。電動アシストはエコのためではなく、もちろん速さのため、である。

メルセデスAMG SL:
市場導入: 2021年
新型「SL」は、初めてAMGモデルとして開発される。エントリーモデルとして、「SL 43」が考えられている。第8世代のトップモデルは、「SL 73e」となるだろう。ただし、エンジンは4気筒のみとなる可能性もある。
ソフトトップであることが何よりうれしい「SL」。「SL」としては最終モデルになってしまう可能性大。ただし、「SL」をAMGブランドで出すことはちょっと疑問(スポーツカーであるよりも、ラグジュアリーでいてほしいから)。

メルセデスEQB:
価格: 約5万ユーロ(約655万円)、市場投入: 2021年末。
メルセデスの次期小型電気自動車の名称は「EQB」だ。技術的には「GLB」をベースにしている。また、オプションで3列目シートの設定も可能だ。パワートレインは、「EQA」のものを使用している。前輪駆動と全輪駆動の2種類のモデルを用意し、性能も異なるものとする。最もパワフルなモデルでは、最高出力272馬力(200kW)以上を発揮する予定。
EQ戦略の中では最量販を目指す一台。外見はあえて内燃機関モデルに近くしてある(はず)。

メルセデス シタン:
価格: 23,800ユーロ(約310万円)から、市場投入: 2021年末。
今後、メルセデスは「シタン」をトレードマン(商用)仕様のみとし、家庭用モデルは「Tクラス」と呼ぶことになる。商用車では、再び旅客輸送用のツアラーとパネルバンが用意され、それぞれ2種類のホイールベースが用意される。外観は、技術的には兄弟車である「ルノー カングー」との距離を縮めており、新型車には「MBUX(メルセデス・ベンツ ユーザーエキスペリエンスシステム)」機能も搭載されている。
中身は「カングー」、そのもの。果たしてバッチだけで売れるのだろうか??

Mercedes-AMG One:
価格: 270万ユーロ(約3億5,370万円)、市場投入: 2022年初頭。
「AMG One」は275台のみ製造される。2016年のF1世界チャンピオンマシンに搭載された1.6リッターターボは、「One」では759馬力@11,000rpmを発揮するという。このターボ6気筒を支えるのは、4基の電動モーターで、合計413馬力を発揮する。要は1000馬力以上のシステムパワーになるということだ。重量は1,300kgを切る可能性があり、走行性能はケーニグセグなどと同程度になるはずだ。
いよいよデリバリー開始。とはいってもすでに現段階で完売だ。

メルセデスEQE:
価格: 約7万ユーロ(約917万円)、市場投入: 2022年半ば。
電気自動車版は通常の「Eクラス」と同じ長さでありながら、ロングホイールベース版と同等の室内空間を確保している。ダッシュボード全体に広がる「EQS」のスクリーンもオプションで用意されている。これまでのところ、エンジンに関する情報は1つしかないが、このエンジンはリアアクスルを駆動し、286馬力を発揮する。90.6kWhのバッテリーを搭載し、航続距離は600km以上を見込んでいる。
「EQS」に続く「EQE」。これを出すことで、本来の次期「Eクラス」はどうなるのか興味津々。

メルセデスAMG EQS 53:
価格:約15万ユーロ(約1,965万円)、発売: 2022年。
見た目は通常の「EQS」に近く、このデザインだからこそ感覚的に低いCd値0.2を実現している。グリルマスクのストラットなど、細部にAMGらしさが感じられる。「EQS 53」では、片側のアクスルに1基の電気モーターが搭載されており、合計で660馬力を発揮する。「ダイナミック+」パッケージを装着すると、最高出力は761馬力、最大トルクは1000Nmに達する。0から100km/hまでの加速は3.4秒で完了する。
AMGが出すことになる最初のEV。テスラを抜けるのか、あえて抜かないのか…。

メルセデス・マイバッハEQS SUV:
価格: 最低18万ユーロ(約2,360万円)、市場投入は2022年。
コンセプト「EQS」スタディは、ラグジュアリーな「EQS SUV」の姿を示している。通常の「EQS」の駆動システムを搭載した場合、524馬力の出力と600kmの航続距離を実現する。
「マイバッハ」のようなモデルはどんどんEVにすべき。高級なモデルはいくら高くたっていいのだから。

メルセデスEQT:
価格: 約35,000ユーロ、発売: 2022年。将来的には、「シタン」は商用車としてトレードマン向けにのみ販売され、乗用ヴァリアントは「Tクラス」と呼ばれ、電気自動車の派生モデルである「EQT」も発売される予定だ。量産型に近いスタディでは、その姿を見ることができる。外観はスポーティで未来的なデザインだが、内装はアナログ計器、かなり小型の中央ディスプレイ、最大7人乗りなど、オーソドックスなものになっている。
こういうデリバリー商用車もEV化は大賛成。いろいろな可能性は大きい。商用車は行動範囲が限定している場合も多いし、宅配便などへの参入も期待したい。

メルセデスEQG:
価格: 約130,000ユーロ(約1,700万円)、市場投入: 2024年。
Gクラスも2024年から電動化される。量産型に近いスタディモデル(写真)では、この電気自動車のイメージを示している。基本的なデザインの特徴は、「EQG」でも変わらない。スペアホイールカバーは、充電ケーブルを収納するためのロック可能なボックスになっているなど、さまざまな工夫が凝らされている。メルセデスにとって重要なのは、リダクションやロックなどを備えたオフロード性能を維持することだ。一方で、パワートレインの情報はまだない。

ゲレンデヴァーゲンのEV化も、個人的には大賛成。この形のままでずっとこれからも行くのであれば、最後の最後まで貫いていってほしい。AMGモデルなんかよりも、むしろこちらをチョイスしたい。
数か月前、衝撃的に完全EV化を宣言したメルセデス・ベンツだが、今回のコンテンツを読む限り、いきなりぱたっと内燃機関のモデルを販売中止にする、ということはなさそうである。考えてみれば当たり前ともいえるが、本当にしばらくの間(いつまでがしばらくの間なのかは、まったく不明だが)、ハイブリッドシステムも含めた内燃機関のモデルとEVは併売ということになるだろう。その場合いったい何を買うべきか、それはそのユーザーが決めるべきことだし、そういう意味では選択肢が多いということは良いことである。
しかしこれだけ多くなってしまうと、車種の中にはおそらく「ハズレ」のようなものも出てくる可能性も高いので見極めることも必要になるだろう。

Text: Michael Gebhardt, Jan Götze and Elias Holdenried
加筆: 大林晃平
Photo: Daimler AG

自転車通販サイト【cyma】