第32回 トヨタ博物館 クラシックカー・フェスティバル

39

サステイナブルな愛車文化が今、始まる

自動車文化の醸成と継承を目的に、地域に根ざしたイベントとして「第32回 トヨタ博物館 クラシックカー・フェスティバル」を10月24日(日)、愛・地球博記念公園(愛知県長久手市)で開催します。

本年は、「サステイナブル(持続可能)な愛車文化が今、始まる」 と称して、パレードや展示と通じたSDGsへの貢献、魅力的なライブ配信を通じた幅広い情報発信を目指します。その一環として、30年以上前に生産されたクラシックカー車両とは別に、電気自動車が特別枠として参加します。

公道パレードは、多くの方に沿道で応援していただけるよう長久手の市街地を通過するコースとしています。トヨタ博物館から愛・地球博記念公園まで、一般参加車両100台が長久手市内を走行、最も古い車両から最新の車両まで、日米欧の自動車の歴史100年にわたる車列は圧巻です。コンセプトカーLQ、燃料電池車MIRAI、超小型電気自動車C+podがパレードをサポートします。

公道パレード

会場では、パレード参加車両の展示に加えて、電気自動車の給電パフォーマンス、レストア紹介、モータースポーツ関連の展示など、様々なイベントを予定しています。

開催概要・詳細はトヨタ博物館ホームページにてご確認ください。

イベントの様子は、自動車コミュニティサイト「GAZOO」の公式YouTubeチャンネルとケーブルテレビ局「ひまわりテレビ(ひまわり11)」にて、午前午後の2部構成でライブ配信します。第1部はパレードの紹介、第2部は、キャイーンのウドちゃん(ウド鈴木)が楽しく会場をご案内します。

なお、新型コロナ感染防止対策として、愛・地球博記念公園会場では入場者数管理を実施します。当日が愛知県への緊急事態宣言発令と重なるなど、感染を取り巻く情勢次第では大幅な入場制限となりますので、必ず最新情報をトヨタ博物館ホームページでご確認ください。

トヨタ博物館ホームページ

イベントのチラシ(PDF)

Text&photo:トヨタ自動車