【クラシック オブ ザ デイ】 このワーゲンの中にはW8エンジンが VWパサートW8物語

63

VWパサートW8の魅力とは? フェートンがまだ出ていなかった2001年、VWはお行儀のいいパサートB5に、排気量4リッター、275馬力のパワフルなW8を搭載して市場投入していたのだ。クラシック オブ ザ デイ!

ポルシェは300mphに達するパフォーマンスで当然のように知られていても、「VWパサート」のような落ち着いた兄弟車のハイパフォーマンスモデルはあまり知られていない。
しかし、ほとんどマッスルカーのような評価を受けていた「パサート」もあった。
2001年9月から2004年9月まで、フォルクスワーゲンは、「パサートW8」を販売していたのである。
VWモデルとは想像できない、8気筒、4リットルの排気量、275馬力モデルだ。

eBay上でVWパサートW8が販売されている

クルマオタクにしてエンスージャスト、そして、ガソリンヘッドでもある、フェルディナント ピエヒ氏(ポルシェ博士の孫)の贅沢かつ多少無謀な要求に応え、フェートンの待ち時間を短縮するために、VWのエンジニアは、2001年に新設計の4リッター8気筒W型エンジンを、「パサート」のボンネットの中に、文字通り詰め込んだ。
このエンジンは、その特異なデザインのため、古典的なV8とは異なる走りをする。

コックピットの様子: 本革張り、ナビ、ティプトロニックも装備され、このウッドと本革の組み合わせだとかなり上級に見える。

音はどちらかというと6気筒エンジンに近く、骨太な加速はない。
これは多くのメディアのテスターたちからも批判された。
「W8」は、「BMW 540i」や「メルセデスE430」といった、既存の競合車にはかなわず、0から時速100kmまで7.9秒と遅れをとっていた。
しかし、「パサート」の他のモデルと比較すると、W8は明らかに際立っていて、別格のモデルとなっている。

隙間などないくらいにピッタリとフィット: パサートB5のボンネットには、複雑なW8がギリギリ収まっている。

今日、「VWパサートW8」は、アウトサイダーとしての魅力を放っている。
外見上の特徴は、小さなエンブレムと4本出しのエキゾーストシステムだけだ。
イメージだけでなく、本物の品質が欠けていたため、「スーパーパサート」は、結局失敗したのである。
そのため、3年間で2,359台しか売れずに終わり、後継モデルも作られなかった。

「パサートW8」を持っていた人は、長い間乗らなければならなかった。
しかし、価値の損失は大きかったが、今、価格は再びゆっくりと上昇している。
だが修理は非常に高くつく。
例を挙げるとW8エンジンのカムシャフトフェーザーがストライキを起こした場合だけでも、4,000ユーロ(約52万円)以上かかる。

そんな「W8パサート」、日本にもちゃんと導入され、路上でみかけたことも結構ある。ということはこのクルマを理解し、購入した層もいるというわけだが、なかなかしぶい、というか、エンスーなチョイスと言わざるを得ない。見る人がみれば、たしかにこれはW8エンジンを積んだ特別な「パサート」であることがわかるし、乗ってみればエンジンのスムーズさや静かさなどは別格のクルマなのだろう。
だがこれはあくまでも地味な「パサート」であり、フォルクスワーゲンの中のラインナップであるというところが、いくらW8エンジンを積んで、豪華な内装にしたとしても、やはり厳しいものがある。同じように「フォルクスワーゲン フェートン」も理解されないままフェードアウトしてしまったが、やはり豪華で高性能で高価なフォルクスワーゲンという車種は難しいのであろう。
それでも(まだ本当にたまにではあるが)、街でW8エンジンを持ったパサートを見ると、世界でもまれなW8エンジンを積んだ車なんだ、と、ちょっとピエヒのことを思い出す、そんな懐かしいセダンである。

※ご興味のある方はこちらをどうぞ。ebay VWパサートW8
https://www.ebay.de/itm/154612117708?hash=item23ff99b0cc%3Ag%3AtG0AAOSwGn5g0MKC&mkcid=1&mkrid=707-53477-19255-0&siteid=77&campid=5338294763&customid=123456&toolid=10001&mkevt=1

Text Malte Büttner, Matthias Techau
加筆: 大林晃平
Toni Bader / AUTO BILD

上質な寝心地を実現するために、寝返りに特化した【NELLマットレス】