【ガチンコ勝負】ディーゼルSUV×5台対決 アウディ対ビーエム対ベンツ対アルファ対ジャガー 栄えある1位、そして最下位は?

142

今回はシックなディーゼルSUV×5台を比較テストしてみた。ディーゼルの良さは折り紙つき!? さらに、ここではシックなパッケージをご紹介。F-PACE、GLCクーペ、Q5スポーツバック、ステルヴィオ、X4、どれが一番納得できる?

時代の変化。
過去にはシックなセダンやクーペが流行っていたが、未来はオール電化のクロスオーバーかもしれない。
そして現在は?
今はSUVが求められている。
大きすぎず、ファッショナブルなスタイルを持つSUV。
そして、高いボンネットに小型ディーゼルを搭載し、経済性を追求しているモデルが。
低燃費と長い航続距離で、オーナーは日常生活を自由に過ごすことができる。
高級ミッドサイズSUVの分野では、「アルファロメオ ステルヴィオ」、「アウディQ5スポーツバック」、「BMW X4」、「ジャガーF-PACE」、そして、「メルセデスGLCクーペ」が、アメリカのV8エンジンでしか知られていなかった、200馬力前後の出力と山のようなトルクで対決している。

メルセデスはあなたを圧倒的に遠くへ導く

「GLC」と「GLCクーペ」は、それぞれ2リッターのディーゼルエンジンを搭載しているが、燃料タンクが大きいため、最大で1,010km(メルセデス)の距離を走ることができるようになっている。
そのため、多少ブカブカした4気筒の音も見過ごせる。
アウディ、BMW、メルセデスは、クーペのスタイルで勝負しているため、その分、スペースが狭くなり、購入価格も高くなっている。
「アウディQ5」は、2017年から発売されている標準モデルの代わりに、真新しいスポーツバックを自宅のガレージに駐車するには、2,250ユーロ(約30万円)の追加料金で十分だ。
一方で、BMWは、「X3」から「X4」へのアップグレードに3,700ユーロ(約48万円)を請求する。
パノラミックリアウィンドウを備えた「メルセデスGLC」を好む人は、クーペバージョン購入のために、4,355ユーロ(約56万円)という高額な費用を払わなければならない。

クーペスタイルは当然スペースは狭くなる。
最大のタンク、最小の消費。GLCクーペの無給油走行距離は、なんと1,010kmだ。

Jaguar F-PACEは、高価であることがネック?

外国車であるアルファロメオやジャガーの2台、「ステルヴィオ」と「F-PACE」の場合、ブランド名が大きいだけでなく、台数が少ないこともあって、必要なエクスクルーシブ性が確保されている。
ベンチを倒した状態では、どちらも圧倒的に大きなトランクを備えているし、アルファロメオはリアのヘッドルームも一番広い。
しかし、このクラスではこれらが決定的な要素ではない。
重要なのは、スタイル、イメージ、個性だ。
そして、この5台のモデルには、それぞれ十分な要素がある。
したがって、今回の比較テストの結果は、ほとんどの購入者にとって、決定的なものにはならないだろう。
この5台のモデルは、それぞれが独自の方法で勝者であり、独自の個性を備え持っている。
そして、魅力的な価格。
テスト車は、いずれも6万ユーロ(約780万円)を超え、ジャガーでは7万ユーロ(約910万円)近くにもなる。

リーズナブルな価格:BMW X4
高価: F-PACEのディーゼル車は、57,028ユーロ(約740万円)からで、試乗車はなんと68,656ユーロ(約890万円)だった。

結果発表

アルファは本当に、ディーゼルのオーナーには苦労をかけない。2020年11月以降、エンジンラインナップは合理化され、ディーゼルエンジンのトップバージョンだけがラインナップに残っている。悲壮感はない。
比較対象の分野では、2.1リッター(210馬力)が、その頑丈な性能特性と、470Nmの最大トルクで楽しませてくれる。理論的には。
実際には、メーカー発表の0-100km/h加速タイムを1.4秒も下回っている。約束された6.6秒ではなく、8.0秒である。ゆったりとした運転では、ZF製の完璧な自動トルクコンバーターが何度も迷い、時には激しくギアを入れ替えることもあった。
上質なレザーシートは調整範囲が狭く、音声認識機能も初歩的なものだ。舗装の悪い道路では、ガタガタ、パチパチという音が何度も室内に侵入してくる。
少なくとも、ダイレクトなステアリングと4年間の保証は、「ステルヴィオ」のポイントを再び高めている。

800満点中501点で第5位: アルファロメオ ステルヴィオ2.2ディーゼルQ4ヴェローチェ
レーシーなアウトサイダーで、パワーがあり、シートも良い。でも、うるさくて、硬くて、複雑。
価格:60,000ユーロ(約780万円)より

「F-PACE」は、急がないリラックスタイプ。5台の中で最も重いジャガーは、すべてが少しずつ遅れている。
オートマチックはギアを整理するのに時間がかかるが、ほとんど気にならない程度だ。エンジン(204馬力)はスピードを上げる前に、ステアリングはドライバーの意思をホイールに伝える前に、それぞれ時間がかかる。しかも、試乗車には、罪深いほど高価な「R-Dynamicパッケージ(10,269ユーロ=約131万円)」が搭載されているにもかかわらず、だ。「F-PACE」は、加速と減速が最も遅いのだ。
残念なことに、新しいコントロールシステムも反応は鈍い。ランドローバー同様、シンプルなボタンはほとんど使われていない。タッチサーフェスは、力強く、時には何度も押さなければならず、昔ながらのボイスコントロールも役に立たない。
「F-PACE」は、良好なテスト消費と最大のトランクで得点を稼いでいる。スポーティでは決してない。

800満点中509点で第4位: ジャガーF-PACE D200 AWD RダイナミックSE
たくさんのスペースと良い仕事ぶりのノーブルなグライダー。ただ、購入価格が高い。
価格: 66,900ユーロ(約870万円)

「メルセデスGLC」の航続距離は1,010kmで、これはかなりのものだ。これを可能にしているのは、燃料タンクが大きくなったこと(50リットルではなく66リットル)と、他の4台に比べ、テスト消費量が最も少ない、リッターあたり15.3kmであることだ。
それ以外では、お行儀の良い2リッター(194馬力)がランクインしており、スムーズさ、ダイナミクス、ボリュームの面で特に目立つことはない。昔とそこが違うところだ。
それに対して、敏感で非常に正確なステアリングは、かなり改善されている。それが本来の姿なのだ。2,261ユーロ(約29万円)エアボディコントロールサスペンションは、やや期待に反している。短い揺れが、ぐにゃぐにゃと内側に伝わってくる。
軋みのあるセンターコンソールの細工は上質だが、完璧ではない。一方で、ナビゲーションシステムや音声入力、オンラインサービスなどはほぼ完璧に動作する。
同様に嬉しいのは、2,500kgまでの巨大な牽引力だ。トランクは最大1,400リットルとかなり限られている。

800満点中527点で第3位: メルセデスGLC 220 d 4MATICクーペ
素晴らしいステアリング、広大な航続距離。コストの高さがそれを阻んでいる。
価格:55,746ユーロ(約725万円)より

右手はアウディの中で無力感に苛まれながら、昔ながらのロータリープッシュ式のダイヤルを必死に探す。しかし、「Q5」にはそれがなく、中央の大型タッチディスプレイで直感的な操作が可能だ。
その他の部分も、心地よく馴染んでいる。程よく配置されたボタンの配置は明快で、素材感や仕上がりもいつもの高いレベルにある。スポーツバックでは、ドアとトランクのトリムがややシンプルなため、いくつかのミスを犯している。
その一方で、乗員や荷物を十分に積むことのできる最高の広さ感を提供している。
おなじみの2リッターTDI(204馬力)もいい仕事をしている。ただ、加速の悪さと、荒いSトロニックデュアルクラッチトランスミッションの組み合わせは、ちょっと気になるところだ。それはともかく、「Q5」はコスト部門で足りないポイントを獲得し、メルセデスを3位に追いやった。

800満点中533点で2位: アウディQ5スポーツバック40TDIクワトロSライン
上品なスタイリング、確かなブレーキ性能、最高のシャシー。有利なメンテナンス。
価格:56,150ユーロ(約730万円)より

「X4」は戦士のようにアスファルトに噛みつき、魔法のように0から時速100kmに向かって突進し、競合他車をも凌駕する。
また、粗野な振る舞いで恐れられてきた旧型2リッター(190馬力)が、「X4」では従順ながら力強く振る舞うことができることにも驚かされる。
iDriveによる操作と高い作り込みが、バイエルンの洗練された日常を物語っている。アルファと同じZF製のオートマチックも、全体的に納得のいくものだ。
テスト時の燃料消費量は、リッターあたり14.7kmと心地よく低い数値を維持している。安定したブレーキだが、制動力の面では、「X4」は「Q5」にわずかに及ばない。
その他の点では、BMWには何の不満もない。「X4」は、機能面での評価を容易に獲得し、この分野で最も低い価格でその勝利を得ている。

800満点中548点で1位: BMW X4 xDrive 20d
非常にバランスが取れていて、スプリントに強く、経済的。ハンドリングも良く、価格も妥当。明確な勝利。
価格: 57,400ユーロ(約746万円)より

結論:
小型ディーゼル搭載の高貴なSUV、5つの解釈。
BMWは当然のように勝利し、まだまだ首位を走っている。
アウディはコスト面でメルセデスを追い越すことができると思う。
ジャガーは、十分な広さと精巧な作りで納得させるが、その価格は高価だ。
アルファは、ありのままの姿を愛するファンのための一台といえるだろう。

百花繚乱のSUVの中でも、今回はスタイリッシュな、ということは言ってみればカッコ優先の5台の対決であった。結論は意外なようでもあり、予想の範囲内でもあり、というものだったが、言ってみればこれは車の完成度や洗練性といった面で評価したものであり、本来はそういう部分よりももっとエモーショナルな部分で選ばれる5台なのではないか、と思う。
無責任な発言だが、こういうジャンルの自動車はブランドや格好で、直感的に選ばれることが多いわけで、どのクルマが欲しいかで選択肢はある程度(最初から)決まっているものなのだと思う。
アルファロメオが欲しい人が、メルセデスベンツの完成度に負けて「GLC」を選ぶかというと、それはないだろうし、その逆も同様だろう。このジャンルでは、良い悪いではなく、好き嫌いが一番優先される…。身もふたもない意見だがそれもまた自動車というライフスタイル商品の現実なのである。

Text: Malte Büttner, Mirko Menke
加筆: 大林晃平
Photo: Tom Salt / AUTO BILD

楽天Amazon1位!Youtuberも絶賛の大トロ牛たん、お肉のお取り寄せグルメ【伊達のくら】 食べログ評価3.5「俺のフレンチ」をご自宅で【俺のEC】