ランドローバー 「RANGE ROVER SPORT SVR」が映画「007/ノー・タイム・トゥ・ダイ」に登場

279

・2021年10月1日(金)より日本公開となる「007」シリーズの最新作「「007/ノー・タイム・トゥ・ダイ」の重要なシーンに、ランドローバー史上最も速くパワフルな「RANGE ROVER SPORT SVR」が登場
・アカデミー賞®受賞歴を持つ特殊効果およびカーアクションを担当するクリス・コーボールド氏指揮のもと、2台の「RANGE ROVER SPORT SVR」がオフロードで壮大なカーチェイスを繰り広げる
・映画に登場する車両は、エクステリアカラーはアイガーグレイで、カーボンパックとナルヴィックブラックの22インチアロイホイール、オールテレインタイヤなどを装備
・ランドローバーのウェブサイトにあるコンフィギュレーターで、映画に登場する「RANGE ROVER SPORT SVR」と同じ仕様の車両を再現可能
・メイキングムービーはこちらから :
https://youtu.be/_aWxFMshOM4

「007」シリーズ最新作「007/ノー・タイム・トゥ・ダイ」に、ランドローバー史上最も速くパワフルな「RANGE ROVER SPORT SVR」がオフロードでジェームス・ボンドとのカーチェイスを繰り広げる重要なシーンに登場します。ランドローバーは、このシーンの最新のメイキングムービーを公開しました。

メイキングムービーでは、「RANGE ROVER SPORT SVR」を極限まで追い込みながら、「007/ノー・タイム・トゥ・ダイ」のハイスピードアクションを作り上げていくシーンとともに、カーアクションとスタントを担当するプロフェッショナルチームが登場し、「RANGE ROVER SPORT SVR」がいかに今回のミッションにふさわしいかを語っています。
アカデミー賞®の受賞歴のある、特殊効果およびカーアクション担当スーパーバイザーであるクリス・コーボルト氏とスタントコーディネーターのリー・モリソン氏の指揮のもと、カーチェイスシーンが撮影され、「RANGE ROVER SPORT SVR」がその中心的な役割を果たしています。

スタントコーディネーターのリー・モリソン氏は次のように述べています。
「ジェームス・ボンドのカーチェイスシーンは、過酷なオフロード環境で撮影したいと強く望んでおり、『RANGE ROVER SPORT SVR』はまさに完璧なチョイスでした。すべて実際に撮影しているので、この車のパフォーマンスを最大限活用することができ、最高の仕上がりになっています。『007』に欠かせないカーチェイスも、今回の映画の中で極めて印象的なシーンのひとつとなることをお約束します。」

「RANGE ROVER SPORT SVR」は、ドライビングダイナミクスを強化し、最高出力575PSを発揮するパワフルな5.0リッターV型8気筒スーパーチャージド・ガソリン・エンジン(575PS)を搭載するなど、ラグジュアリーでありながら、かつてないほどパフォーマンスレベルを高めたモデルで、今回のシーンに最適な車です。0-100km/h加速は4.5秒(0-60mphは4.3秒)で、最高速度は283km/h(176mph)を誇る史上最速のランドローバー車です。
映画に登場する「RANGE ROVER SPORT SVR」には、プロダクションモデルと同じくランドローバーのスペシャル・ビークル・オペレーションズ(SVO)が開発した専用のサスペンションを採用し、快適性を損なうことなくより応答性の高いハンドリングとタイトなボディコントロールを実現しています。

エクステリアカラーはアイガーグレイで、ナルヴィックブラックの22インチアロイホイールに加え、オプションのSVRカーボンファイバーエクステリアパック(グロスカーボンファイバー製のフロントフェンダーベント、ロアバンパーインテーク、グリル、ミラーを含む)を装備しています。さらに、劇中車では、グロスカーボンファイバー製フロントフェンダーベントがボディカラー仕上げとなっています。
この仕様は、ランドローバーのウェブサイトにあるコンフィギュレーターで再現することが可能です。

ラグジュアリーSUVの元祖である「RANGE ROVER」は、1970年に世界初公開しました。それ以来、「RANGE ROVER SPORT」、「RANGE ROVER EVOQUE」、「RANGE ROVER VELAR」が誕生し、RANGE ROVERファミリーは成長を続けてきました。「007/ノー・タイム・トゥ・ダイ」では、3台の「DEFENDER」のほかに、「RANGE ROVER CLASSIC」や「LAND ROVER Series III」も登場します。
ランドローバーは、EON Productionsおよびジェームス・ボンド映画と長年にわたるパートナーシップを結んでおり、1983年公開の「007/オクトパシー」に「RANGE ROVER CONVERTIBLE」が登場し、2015年公開の前作「007/スペクター」にも、「RANGE ROVER SPORT」が主要なアクションシーンでそのパフォーマンスを披露しています。
「007/ノー・タイム・トゥ・ダイ」は、監督をキャリー・ジョージ・フクナガ、主演をダニエル・クレイグが務めます。ダニエル・クレイグがイアン・フレミング原作の「007」シリーズでジェームス・ボンド役を演じるのは5回目で、本作が最後の出演となります。日本では2021年10月1日(金)から全国の映画館にて公開されます。

Text&photo:ジャガー・ランドローバー ジャパン

問い合わせ:ランドローバーコール(フリーダイヤル)0120-18-5568(9:00~18:00、土日祝日を除く)