タイカン4S長期テスト開始! 第1回レポート 電動ポルシェ タイカンを10万km走破でとことん試す

42

ポルシェ タイカン4Sは全く新しい世界を開くのか!? 我々のテストカーは、短い期間で10万キロを走らなければならないという課題を背負っている。ここでは、我々が昨年から始めた長期テストで、いままでに体験したことをまとめたものをレポートする。ポルシェ タイカン4Sが世間を騒がせる!?

気をつけて!

この車はあなたの人生を変えるだろう。
「ポルシェ タイカン」ほど、多くの人から頻繁に、そのクルマのことを聞かれたことは、本当にいままで一度もない。
それは、印象的なスカイブルー、堂々とした外観、世界に通用するデザインのせいかもしれない。
しかもそれは、「Sクラス」のオーナーから「カングー」のドライバーまで、SNSのユーザーからラッパー気取りのクールな男たちまで、同じだった。
誰もが知りたがっていた。
どうやって走るの?
そしてどれくらい遠くまで行けるのか?

このクルマは、他のポルシェと同じように、機敏で、グリップが効いていて、正確に走る。
そして、とても速く、スムーズに、時には激しく、全体的には高いレベルの乗り心地を提供している。
3室式のエアサスペンション、優れたシート、低いノイズレベル。現実的な航続距離は330kmであることが判明した。

充電ステーションでのポルシェ タイカン4S。330kmが現実的な航続距離であることが判明した。

タイカンと充電インフラ

次に、2つ目の側面について説明する。
それは、常にアンテナを張り巡らせていなければならないということだ。充電ステーションがどこにあるか、実際に機能しているかどうか。
アポを取るのも慎重になり、いつどこにいるかわからなくなってしまう。
状況は良くなってきているとは言え、充電ステーションの故障や障害は残念ながら日常茶飯事だし、数え切れないほどのプロバイダーやアプリ、地図を使った課金の混乱もある。
DC充電ステーションでは、なんと200kWもの電力を充電したが、25分後には車を走らせることができた。
でも、すぐに次を探さなければならないのがやっかいだ。

AUTO BILD長期テスト: ポルシェ タイカン4S】

  • 長期テストの開始日: 2020年10月17日
  • テストカーのエクストラ付き価格: 171,182ユーロ(約2,242万円)
  • これまでの走行距離: 40,441km
  • テスト消費電力: 24.1kWh/100km
  • 良い点: 傑出したデザイン、印象的な走行性能、驚くほど高い快適性。
  • あまり良くない点: まったくもって法外な価格。リアシートの通気性の悪さ。充電インフラの問題。

Text: Dirk Branke
Photo: autobild.de