比較テスト コンパクトプラグインSUV対決 プジョー3008対ランドローバー ディスカバリー スポーツ対トヨタRAV4 勝者は?

54

3つの同じアイデアが、3つの全く異なる方法で実現されている。

我々は、ランドローバー ディスカバリー スポーツ、プジョー3008、トヨタRAV4は、3台のコンパクトプラグインSUVをテストドライブ、比較してみた。

結局、車の市場は学校と同じだ。
前列の左端にいる角刈りのメガネをかけた男は、いつも注意を払っていて、いい成績をとっている。
そして後列には、個性的でちょっと生意気なところがあって、結局は罰せられてしまうような男たちがいる。
でも、あなたは誰と友達になりたいだろうか?
あるいは、車の話であれば、あなたはどの車をガレージに置いておきたいだろうか?
すべては性格の問題なのだ。
この3ヶ国のトリオには、それが十分に備わっている。

日本のハイブリッドカーのパイオニアであるトヨタは、「RAV4」を最も長く電気で走らせ、消費量も圧倒的に少ない。
しかし、その他の国々のクルマは、かなり風変わりな印象を受ける。
イギリスの「ランドローバー ディスカバリー スポーツ」は、急速充電器の使用も認められており、日常的な電気駆動に対応している。
しかし、重量の問題があり、価格も高い。
フランスでは、古き良き時代の空気力学を思い出し、「プジョー3008」をフラットでコンパクトにしている。
それだけではエコノミーチャンピオンにはなれないが、電動モーターを搭載したコンパクトSUVは、運転の楽しさに挑戦する必要はなく、本当に楽しいものになるということを印象的に示している。
ちょっと生意気なフランス車だ。

以下、フォトギャラリーとともに、テストの詳細をどうぞ。

ゲームの内容は、シンプルで楽しいものだ。ハイウェイで、「BMW 5シリーズ」や「アウディA6」が後ろからノックしてきたら、しっかりとアクセルを踏み込む。小さな「プジョー3008」は、十分な加速力を備えている。
5.9秒という0-100km/h加速タイムと、最高速度240km/hは、この分野のスポーティモデルとしての地位を確立している。
電気モーターと内燃機関の相互作用は、自動トルクコンバーターを介して、ほとんどの場合、スムーズでギクシャクすることなく機能しているが、出力のステップアップだけがその調和を乱す。
このフランス製コンパクトSUVは、シャシーに関しては少しスポーティな精神を発揮している。標準装備の19インチホイールとの組み合わせでは、「3008」は快適な道路でもすぐに限界に達し、乗員を激しく揺さぶる。不快なドライビングインプレッションは、非常に小さくて、低い位置にあるステアリングホイールを使った分離型のステアリングによって支えられている。
少なくとも、調節可能な太もものサポートを備えたスポーツシートは、十分なサポートを提供する。また、ブレーキもしっかりとしており、時速100km時からの完全制動距離35.3mは自信に満ち溢れた数値だ。
操作性については、最初のうちは信頼感が必要だ。しかし、中央に配置されたピアノ鍵盤は、少し慣れればうまく機能する。
スペースは異様に狭い。フロントにしてもリアにしても、どこもかしこもタイトで、トランクルーム、積載量、牽引力の面では後塵を拝している。
3台中2番目に高い55,300ユーロ(約730万円)という価格は、自信に満ちた印象を与える。熱血漢のフランス車は、比較において明らかに勝利を逃している。スプリント対決では稀に勝つくらいだ。

同点での第2位 800満点中514点: プジョー3008ハイブリッド4 300
便利でコンパクト。ドライブの楽しさは提供してくれる。
価格: 50,700ユーロ(約670万円)より

決して「RAV4」のデザインを批判したいわけではない。それは今も昔も好みの問題だからだ。しかし、初代「RAV4」でドイツでのSUV人気を高め、「プリウス」で初めてハイブリッドドライブを提供したメーカーが、登録台数の面では、ニッチな役割しか果たせていないとしたら、何が問題なのかを自問すべきだと思う。
それは、パワートレインではない。2.5リッター自然吸気エンジンは、2基の電動モーターに支えられ、その後ろには無段変速機が搭載されており、ハイブリッド技術の王道を謳っている。
このエンジンは、スムーズに、気づかれずに、リニアに、ギクシャクせずに走り出し、さらに厳しい加速要求にも自信を持って、躊躇なく対応する。パッセンジャー&ラゲッジ満載時の確かな存在感は、このクラスでは最高のものだ。
試乗車に装着されていたブリヂストンのアレンザは、グリップの貧弱さが際立ち、時速100km時からの制動距離は約38mという悲しい結果となった。
また、操作系にも「苦悩」が求められる。乱雑に配置されたスイッチと、荒いグラフィックの「RAV4」は、まるで10年前の中古車のようだ。日本人がこれほどまでに流行に鈍感であることは理解できない。
ディテールの安っぽさや作り込みの甘さも、「せっかく作ったのに・・・」という気持ちにさせる。
試乗車は54,990ユーロ(約725万円)という高額な購入費用と維持費がかかるため、RAV4は今後も販売低調なSUVであり続けるだろう。

同点での第2位 800満点中514点: トヨタRAV4 2.5プラグインハイブリッド4×4
素晴らしいドライビング性能。制動距離が短ければ、もっと可能性があると思える。
価格: 47,490ユーロ(約626万円)より

8段のコンバーターを介して、この協力関係は極めて静かに、そして静かに機能し、通常のパワーユニットとしての音は跡形もない。比較すると、「ランディ」は常に最も静かである。最初に到達しなければならない高速走行時でもだ。130km/hを超える高速道路では、ドライブの息切れが目立つ。車高が高く、幅が広く、2,236kgと非常に重いランディは、風と戦うのがやっとだ。最高速度の209km/hに達するには相当のエネルギーを要する。
クラシックカーに小型車用のエンジンを仕込んで、現代の車と比較することに何の意味があるのだろうか、と思われるかもしれないが、そこには、確かに目を見張るものがある。しかし、2015年から生産されている「ランドローバー ディスカバリー スポーツ」のトップモデルに、ちっぽけな3気筒エンジンが搭載されているのは、正しいとは言えない。はい、そうです。フロントアクスルに搭載された内燃機関の200馬力に、リアアクスルに搭載された電動モーターの109馬力が加わっている。
だから、アクセルをオフにして、上質な英国車を楽しむのだ。ドアはしっかりと重く閉まり、着座位置は高く、高く、まるで本物のSUVのような出来栄えだ。
十分な乗員スペースに加えて、最大のトランクを持ち、1.6トンと最も多くの荷物を積むことができる。サスペンションの快適性はこの分野では優れている。
単純に高い。正確には、59,221ユーロ(約781万円)だ。3気筒にしては高額だ。

第1位 800満点中516点: ランドローバー ディスカバリー スポーツP300e AWD
クラス上の高級感があるが、価格も必然的に高い。
価格: 58,975ユーロ(約778万円)より

結論:
今回の比較テストでは、新しいSUVが均一ではないことが示された。
トヨタはその走りで興奮させるが、その他は難しい。
プジョーは可愛らしい伝統を捨てて、スポーツマンを演じている。
ランドローバーは、品質と独立性を重視している。
1位と同点2位の2台との差は、わずか2点という僅差だった。

Text: Gerald Czajka, Berend Sanders
Photo: Olaf Itrich / AUTO BILD