速報 IAAレポート メルセデス・ベンツのショーカーその5 マイバッハに電動SUVモデル登場 メルセデス・マイバッハ コンセプトEQS

39

初の電気自動車マイバッハは、花瓶付きのラグジュアリーSUV「EQS」になる。

ミュンヘンで開催されているIAA(ドイツ国際モーターショー)会場からのレポート。メルセデス・マイバッハは最初の電気自動車のほぼ量産型のプレビューを行っている。コンセプトEQSの全情報!

エレクトロモビリティの時代にラグジュアリーとは何か?
メルセデス・マイバッハもこの問いを自らに問いかけ、ミュンヘンで開催されるIAA(2021年9月7日から12日まで)でコンセプトEQSを発表し、その答えを提示しようとしている。
メルセデス・マイバッハは、このSUVで、新型車を発表するだけでなく、同社の歴史上、初めて完全な電気駆動を採用した。
新しいプラットフォームを採用し、内燃機関を排除したにもかかわらず、高級車メーカーはおなじみの手法にこだわり、義務的にツートンカラーの塗装を施している。

メルセデスが、電気自動車である「Sクラス」の高級版をSUVとしてデザインしていることは、驚きに値する。
しかし、中国、ロシア、米国などの中核市場を視野に入れれば、このステップは理解できるように思える。
ヨーロッパでは、「Sクラス」のSUVである、先代の「GLS」をより頻繁に目にすることができる。

IAAで初公開されたコンセプトEQS

Cピラーにはマイバッハのロゴ、リアには連続したライトストリップを配置している。マイバッハのSUVプロジェクトは確実に動き始めた。

「コンセプトEQS」で、メルセデスは初の電気自動車マイバッハを発表しただけでなく、電気自動車「GLS」の予告もしている。
最初のチェックでは、マイバッハは堂々としていて、いくつかのディテールを思い浮かべることができる。
ヘッドライトは小さなマイバッハのシンボルで縁取られており、Bピラーのウィンドウ部分にもブランドロゴがあしらわれている。
メルセデスは、高級モデルの生産開始を2023年に予定しているが、普通の「EQ」モデルは、2022年には発売されるはずだ。

市販モデルを予告するSUV「EQS」

磨き上げられた金属製のBピラーには、無数のマイバッハのロゴが描かれている。

メルセデスの高級車部門は、コンセプトカーの技術データをまだ伏せている。
このSUVは、むしろデザインやインテリアデザインの選択肢を垣間見ることを目的としている。
そのため、フロントには、垂直に伸びたクロームの支柱を備えた力強いマイバッハ・グリルが採用されている。
このグリルは完全に閉じられており、ラグジュアリーモデルの空力特性を向上させている。
そのグリルは、「メルセデスEQ」スタイルで、ヘッドライトに向かって先細りになっており、フロントエンドと一体化している。
エプロンには、クロームで装飾された2つのエアインテークがあり、ストリップで接続されている。
ボンネットにはメルセデスの星が配され、クロームのバーとともに、車両を中央で分割している。

サイドビューでは、何よりも24インチの巨大なホイールが目立つ。
まるでひとつの金型から鋳造されたかのようなこのホイールは、ただでさえ大きいSUVに、さらなる存在感を与えている。
「EQS」と同様に、ドアハンドルは格納式で、マイバッハSUVでは、乗員が近づくと自動で伸びるように設計されている。さらに乗員が近づけば、ドアが自力で開くようになっている。
また、Cピラーにはマイバッハのロゴが入っている。
リアセクションは、これまでのメルセデスの電動SUVと意図的に類似したものとなっている。連続したライトストリップは、「EQC」ですでに採用されており、その後、すべてのバッテリースリーポインテッドスターモデルに採用されている。「マイバッハEQS」もこれを装着し、さらにクロームの留め具でアップグレードしている。
このライトグラフィックは、ラグジュアリーモデルに特有のものだ。

SクラスとEQSにインスパイアされたインテリア

EQSやSクラスとの関係は一目瞭然だが、マイバッハはさらに豪華さを増して輝いている。

実際のインテリアはまだ備わっていないが、ラグジュアリースターはバーチャルでもかなりの印象を与える。
メルセデス・マイバッハはおそらく、現在あるものをすべて活用したいと思っているはずだ。
通常の「EQS」に搭載されている、幅1.41mのMBUX(メルセデス・ベンツ ユーザーエキスペリエンスシステム)用ハイパースクリーンは、SUVにも搭載されているし、後席の乗員は、個別のシートやショーファーパッケージなどで、思い切り甘やかされるようになっている。
SUVのデザイン上、シート高が高くなると、後席のカーフレストが大きくなり、より快適な座り心地が得られるはずだ。
前方から後方まで一体となったセンターコンソールには、小さな花瓶が標準装備されている。
これは、「コンセプトEQS」に花を飾ってみませんか、という意味が込められている。
メルセデスによれば、このような車両の購買層はますます若年化しているため、ハイパースクリーンに加えて、リアにも完全なネットワークを構築することになっている。
そのため、シートの間には、デジタルコントロールアイランドも設置されている。

電動マイバッハにはEQSパワートレインが搭載される可能性がある

コンセプトEQSは、ラグジュアリークラス向けのモジュラー型Eプラットフォームをベースとしているものの、まだ詳細なデータはない。

メルセデスは、パワートレインについてはまだ沈黙している。
しかし、このSUVは、「EQS」も採用している新しいエレクトリックプラットフォームをベースにしているため、性能データはそこから得られる可能性がある。
「EQS 580」では、2基の電動モーターが連動し、最大524馬力の全輪駆動を実現している。
また、107.8kWhのバッテリーパックを搭載し、最大676kmの航続距離を実現している。
「コンセプトEQS」では、メルセデス自身が、市販モデルの現実的な航続距離を600kmと想定している。
価格的には、現行の「マイバッハGLS」を大きく上回ることになるだろう。
そのため、我々は、「マイバッハ コンセプトEQS」のエントリーレベルの価格を少なくとも18万ユーロ(約2,376万円)と見積もっている。

結論:
メルセデスは、高級ブランドであるマイバッハを現代に導入したいと考えている。
マイバッハからの「コンセプトEQS」は、それを可能にしてくれそうだ。
メルセデスが、セダンではなく、SUVを展示していることは、背の高いボディを持つクルマへのトレンドが依然として続いていることを裏付けている。
しかし、マイバッハの基本的なプロポーションを採用する予定の、次期電動「GLS」のプレビューは、特にエキサイティングなものとなっている。

Text: Andreas Huber
Photo: Daimler AG

Must Have Auto Bild JAPANオリジナルTシャツ

Must Have Auto Bild JAPANオリジナルフーディー