ボルボ「XC40」プラグインハイブリッドモデルにエントリーグレード追加

27

ボルボ・カー・ジャパンは、プレミアムコンパクトSUV「XC40」の一部仕様と価格を変更して 7 月21 日(水)より発売します。

XC40は2018年3月に国内にボルボ初のコンパクトSUVとして導入され、幅広い年齢層のお客様から支持されています。2021年上半期においてはボルボブランドでの国内最量販車種となり、国内CセグメントSUV Premiumのカテゴリーにおいても、同期間での輸入車最量販車種となっています。

今回新たにプラグインハイブリットモデルのエントリーグレード、「Recharge Plug-in hybrid T5 Inscription Expression」が導入されました。「Inscription Expression」は、プラグインハイブリットモデルのエントリーグレードとして設定されているもので、装備レベルを見直すことで、600万円を切る戦略的な価格を実現したモデルとなります。

ボルボは、全車にハイブリッドパワートレーンの導入を完了するなど、電動化を強く推進しており、今回のプラグインハイブリッドのエントリーグレード追加により、更なるリチャージモデルの販売増を計画しています。

その他、カラーバリエーションや一部パワートレーンの変更をはじめとする、仕様変更を行っております。
7 月21 日(水)以降の希望小売価格は下記の通りです。