【動画】救いようのない馬鹿どもの無意味な戯事 ランボルギーニ ウルスでアヴェンタドールを飛び越える So what?

513

YouTuberが、ランボルギーニ ウルスでアヴェンタドールを飛び越える。アメリカで、とあるYoutuberが、危険なスタントを敢行した。4,500万円以上するアヴェンタドールをランボルギーニ ウルスで飛び越えたのだ。動画とともにレポート。

すべては「クリック」のために。
何百万回もの再生回数を稼ぐために、YouTuberたちはますますクレイジーで危険なスタントを行うようになりつつある。
ほんの数週間前、ロシアのYouTuberであるミハイル リトビンが、17万5,000ユーロ(約2,300万円)の「ポルシェ タイカン ターボS」をディーラーのショーウィンドウから墜落させクラッシュさせた。
そして今、次のYouTuberが、クレイジーなアイデアを携えてやってくる。
「Street Speed 717」チャンネルのマイクは、「ランボルギーニ ウルス」で「ランボルギーニ アヴェンタドール」を飛び越えることにしたのだった。
それがうまくいったかどうかは、ビデオを観てほしい。

この「ランボジャンプ」は、マイクが行った最初の大胆なアクションではない。
このアメリカ人は、自身のチャンネル「Street Speed 717」で、711馬力の「ダッジ ラム1500TRX」で小川を飛び越えた動画も以前YouTubeにアップしている。
しかし、このジャンプはあまりにも残酷で、約8万ユーロ(約1,050万円)もしたピックアップトラックは、一応その後も走り続けていたが、彼自身の発言によれば、全損状態だったとのことだ。
そして次のクレイジーなアイデアのための完璧な条件とは!?

2台のランボの価値は合わせて50万ユーロ(約6,600万円)以上
今回、マイクは彼の婚約者の20万ユーロ(約2,640万円)以上する650馬力の「ランボルギーニ ウルス」で、彼自身の「ランボルギーニ アヴェンタドール」を飛び越えることを考え付いた。
この目的のために、牧場に2つのスロープが積み上げられ、その間に黄色い「アヴェンタドール」が駐車された。
マイクは、角度とアプローチ速度を事前に計算したと説明しているが、それが計算通りにいくかどうかは、「ダッジ ラム1500TRX」の例を見れば明らかだ。
50万ユーロ(約6,600万円)以上の価値がある2台のランボルギーニがかかわってくるのだから、リスクは大きい。

08時30分、事態は深刻になる。
マイクは時速48kmというスピードで傾斜路に向かい、「ウルス」は離陸して反対側に無事着地する。
700馬力の「アヴェンタドール」は、いくつかの降ってきた小石や土が当たったものの、それ以外はまったく無傷だ。
スタントは成功したのだ。
スローモーションで見ると、「ウルス」のタイヤの下端と「アヴェンタドール」のルーフの間には、まだ30~50cmのスペースがあることがわかる。
この成功に感激したマイクは、すぐに2度目の挑戦をし、今度は2台のランボルギーニが無傷のままであることをその目で確かめられた。
幸いなことに、このスタントはうまくいき、なおかつ多くのクリックをもたらした。
1週間足らずで、このビデオはすでに70万回近く再生されている。
それにしても、だからどうした?としか言いようのない行為である。

Text: autobild.de
Photo: youtube/StreetSpeed717