21年1月、GR SPORT版 C-HRいよいよ登場!

74

トヨタC-HR GR SPORT(2021): SUV、装備、ハイブリッド、市場ローンチ時期

トヨタは、コンパクトSUV、C-HR の GR SPORT の装備に、黒く塗装されたトリムパーツや、よりスポーティできめ細かなチューニングが施されたシャシーを採用している。その新着情報をお届けする。

カローラに続き、トヨタのハイブリッドSUV「C-HR」にも、よりダイナミックな「GR SPORT」の装備が追加された。
外観は、何よりも黒く塗られたトリムエレメントが特徴的となっている。
ロゴの背景、LEDヘッドライト上部のエレメント、フロントエプロン下部、フォグランプのベゼル、サイドパネル、リアのリフレクター周辺、エプロン下部のクロームエレメント上部は黒く、部分的にはピアノブラック素材も使用されている。
また、GR SPORTとしてのC-HRには、5本スポークの19インチホイールが新たに採用されている。

インテリアは、アンスラシット(無煙炭色)とブラックの2色で構成されている。
この構成のC-HRには、グリップ面にパンチング加工を施した本革ステアリングホイールを標準装備、ギアセレクターレバーと同様に、赤い装飾の施されたステッチが備わっている。
GRロゴ入りのスターターボタンを押してエンジンを始動すると、丸い計器類の間にある小さなTFTスクリーンにアニメーションが表示される。
シートカバーは、アルカンターラとレザーかファブリックの2種類の組み合わせが用意されており、GRカラーのレッドとグレーの縫い目が装飾されている。
通常のモデルと同じように色付きウィンドウ、電動折りたたみ式サイドミラー、ヒーター付きフロントシート、JBLのサウンドシステムなどが標準装備されている。

C-HR GR SPORT には、グリップ面にパンチング加工を施した本革ステアリングホイールが標準装備されている。

トヨタは、CH-R GR SPORT のパフォーマンスのアップグレードは必要ないと判断して手を付けていないので、ハイブリッドドライブは184馬力のままだ。
しかしその一方で、通常のモデルよりも少しだけスポーティな車にするため、スポーツタイヤ、よりスポーティにチューニングされたシャシー、よりダイレクトなステアリングが与えられている。
トヨタC-HR GR SPORTは、2021年1月から販売される予定だが、トヨタはまだ価格を公表していない。

Text: Katharina Berndt
Photo: Toyota