ゴールデンステアリングホイール賞2020 ミッドレンジ/アッパークラスハイブリッド 勝者は?

43

ゴールデンステアリングホイール賞2020: ミッドレンジ/アッパークラスハイブリッド

ゴールデンステアリングホイール賞2020: ミッドレンジ/アッパークラス ハイブリッド
ファイナリスト中、圧倒的な強さでBMW 330eが、ミドル/アッパークラスのハイブリッド部門で金メダル!
決勝で3シリーズ以上にポイントを集めたクルマは他にいなかった。
3台のファイナリストはすべて3,000ポイント以上を集めており、それが質の高さを物語っている。
トータル3,317ポイントで、BMW 330eは他のすべてのファイナリストよりもさらに多くのポイントを獲得した。
すべてのチェック項目で常にポイントを集めており、何よりもドライビングプレジャーに関しては何の不満もない。
加えて、他の2台と同様に、とても低い燃料消費量を誇る。
アウディの兄弟、A6とA7はペアでフィニッシュラインに到達。
それぞれのチェック項目でのわずかなポイント差で2位と3位に分かれた。
クラシックともいえるその技量、デザイン、感触が彼らの最も強いアイデンティティーだ。

第1位: BMW 330e
BMWが金メダル: たとえ充電用プラグを備えていても、3シリーズはその魅力を失っていない。

第2位: アウディ A6 50 TFSI e クワトロ
銀メダル: 当然のように2位でフィニッシュ。

第3位: アウディ A7 55 TFSI e クワトロ
銅メダル: じゃっかん高めの価格によって、3位に甘んじた。

BMW 330eはコネクティビティ、コストパフォーマンスで差をつけた。

Photo: C. Börries