【動画付き】900馬力の4ドアセダン  ブラバス ロケット900 ベースはAMG GT 63 S

710

ブラバス ロケット900(2020): 20秒で300キロ

900馬力ブラバス900ロケットその「10台のうちの1台」に乗る。900馬力、50万ユーロ(約6,250万円)、限定10台。ブラバスがメルセデスAMG GT 63 Sをさらにスーパースポーツカーキラーにチューンナップ! 我々はその4ドアロケットをドライブした。

AMG GT 63 Sは、少なくとも次期型GT 73が到来するまでは、メルセデスの4ドアモデルの中でも究極の存在だ。
しかしそこまで待たずとも、そしてもう少し残忍な走りをしたいと思っているのなら、ブラバスが今、あなたの望みをかなえてくれる。
独エッセンの北西に位置する小都市、ボットロップのチューナーは、AMG GT 63 Sを、よりワイドなボディに900馬力、1050Nmのトルクを備えたハードコアなチューンナップカーに仕立てあげた。
ブラバスは、『ロケット 900』の4ドアバージョンを限定10台、最低50万ユーロ(約6,250万円)の単価で製造販売する予定だ。
我々はそのうちの1台に試乗してきた!

排気量は0.4リッター増加

ブラバスではいつものように、コンバージョンのための細心の努力が払われた。
これはエンジンから始まる。
93ミリストロークから100ミリストロークに変更され、シリンダーボアを増やした新しいクランクシャフトは、V8の排気量を4リッターから、4.4リッターに増加させている。
また、コンロッドや鍛造ピストン、大型のコンプレッサーホイールを備えた2基の新型ターボチャージャーが、1.4バールのブースト圧を実現している。
さらに、カーボン製インテークマニホールド、新しい高圧式燃料ポンプ、エンジンマネージメントシステムの見直しなどが行われた。
そしてそのすべてが、639馬力から900馬力への出力アップとトルクの900Nmから1250 Nmへの増加に貢献している。
しかし、最大トルクは、強化されたZF製自動変速機を保護するために、電子的に1050Nmに制限された設定になっている。
それでもパワーは十分なことは言うまでもなく、0から100km/hまでを、わずか2.8秒で駆け抜ける。
これは、ランボルギーニ アヴェンタドールと同じくらいの速さだ。
ちなみに300km/hまでは、21.1秒で通過する。

地獄のような光景。900馬力のV8ツインターボモンスターにレッドカーボンのカバー。 ©Brabus

エアロカバー付きモノブロックホイール

ロケット 900は、見る人を興奮させる。
ボディは2.5センチ下げられ、カーボン製ボディキットによって幅が7.8センチ、ワイドになっているからだ。
このパーツは風洞で開発されたもので、言うまでもなくダウンフォースを高めるためのものだ。
ギザギザのフロントエンドは、新鮮な空気を供給するためにパナメリカーナのグリルの外側のパーツまで犠牲にしている。
21インチと22インチのモノブロックホイールは、カーボンでエアロダイナミクスを向上させ、タイヤはフロントが295/30、リアが335/25というサイズのものが装着されている。
「ステルスグレー」のペイントは、文字通りブラバスにステルス機のような雰囲気を与えている。

ワイドなボディキットが強烈に目を惹く。 ©Brabus

タイヤは最高速度を制限する

さあいよいよこの野獣がどのように自分自身を駆動するのか、実際に運転してみよう。
乗り込んでスタートボタンを押す。
轟音をあげて獣が目を覚ます。
メッペンのレーストラックのメインストレートの端からアクセルを思い切り踏んでスタートを切る。
加速で顔面がゆがむ。
ブガッティ シロンでさえも、アスファルトにこれほどのブラックマークとヒートをもたらさない。
ケブラーで覆われたホイールアーチの中のタイヤとブレーキが、限界に達する前に温度を求めて唸りを上げる。
そしてブラバス ロケット 900は、高速でタイトなカーブを、轟音を響かせながら走り抜けていく。
セラミック製のブレーキは、何度も何度も、この巨体をコーナーでちゃんとコントロールするために何ができるかを証明することが求められる。

内装はブラバスマスターピース製造工場で心ゆくまで磨き上げることができる。 ©Brabus

しかし、全長5.07mのこの車は、ステアリングとアクセル操作だけでラインを正確にキープし続ける。
最高速度を330km/hに制限しているのは、車重と装着されているタイヤも関係しているからで、理論的には350km/hまでは可能だろう。
見事に仕上げられたレザー製のアームチェアにさりげなく乗り込めば、レザーとアルカンターラの景色と感触を楽しむことができる。

ブガッティ シロンよりも希少

ブラバス ロケット 900は、おそらく現在最もパワフルで壮大なAMG GT 4ドアのエクスクルーシブなモデルだ。
それは、視覚的にも技術的にも、操る者が息を呑むようなパフォーマンスを提供し、周りの観客たちを興奮させ、取り乱す。
ワイドボディキット、900馬力の巨大なパワー、330km/hのトップスピードを誇るAMG GTは、10台しか生産されないため、ブガッティ シロンよりも、道路上での希少な存在となる。
入手するには、1台当たり、少なくとも 505,000ユーロ(約6,312万円)の投資額が必要となる。

膨大なパワーリザーブにもかかわらず、ロケット900は適度な挙動を備えている。 ©Brabus

果てしなく続く高性能化への道だが、文句なく速く過激なAMG GT 63 Sをブラバスがチューンしたらこうなりました、というのが今回のブラバス ロケット 900である。

900馬力で1050Nmもあるのだから速くて当たり前、というか公道でこんなパワーを使い切ることなど到底できないし、半分だって発揮できないままの悶々とした日々となるだろうことは間違いない。とはいっても、こういうクルマのオーナーたちは別に高性能を使い切ったりすることはありえないし、あくまでも「ブラバス」がチューニングを施した、他のAMG GT 63 Sとは違った一台、であることが大切なわけであって絶対的な性能などは別にとやかく言う話ではないのだろう。

そういう観点からすれば、6000万円以上の価格で、世界中で10台だけ、という売り方も正しい(?)のかもしれないし、その際には900馬力とか1050Nmという数値と、驚くほど張り出したオーバーフェンダーなどが大切なポイントなのである。
世界で10台だけ、という言葉を聞いて、その場でハンコをつく豪胆な人がどんな人なのか、ちょっと興味はあるが、私とはまったく別世界の人物であることだけは間違いない。

Text: Stefan Grundhoff, Moritz Doka
加筆:大林晃平
Photo: Brabus