1. ホーム
  2. 特集
  3. アプリ売りのオジさん彷徨記 Vol.35 Ibaraki BMW編 Part1

アプリ売りのオジさん彷徨記 Vol.35 Ibaraki BMW編 Part1

2024年6月11日

今週は、茨城県つくば市へ入り営業仕事をしてから、早春の時期にグループ内の未導入拠店にシステムを入れていただいた、Ibaraki BMW土浦本店へフォローアップにお邪魔しました。お得なキャンペーン告知あり!

こちらのディーラーグループは、茨城と千葉を中心に旭川までBMW/MINIビジネスを展開しているだけでなく、クルマ、バイクの様々なブランドを複数多店舗で展開する、大きなディーラーグループなのです。

先ずは、土浦本店のサービス担当マネージャー、『有富さん』にお話しを伺いました。
『この土浦本店は1990年代にできた店舗で、30年以上の歴史がありますが、13年前につくば店をオープンしたので、想定以上のお客様がつくば店に流れています。なので、入庫量を確保するのに、色々と労力を使わなければならなくなってきました。とは言え、今回導入したこの動画システムはお客様からの評判が良いので、活用してリピーターを増やしたいです』。

ショールームエントランスを入ると、目の前に鎮座するのは新型5シリーズ。

大丈夫です!弊社の動画活用アプリをご利用いただければ、リピーターのお客さんが増えますし、他で購入して入庫された新規のお客さんには特に、おすすめです。お客様にとって安心感が違うし、お店のファンになる確率がアップすること間違い無し。点検整備、車検以外でも、一般整備など利用幅を増やし、いっぱい有効活用してください。件数が増えれば、必ず効果が見えてきます。

ショールームに入って先の左手、サービスアドバイザーのデスクが並んでいますから、訪れたお客さん達には分かり易いですね。こちらで整備内容や懸念事項などを伝えるのが通常ですが、いまBMWグループではオンライン予約を促進していますから、お店の営業時間外でも24時間、気軽に予約可能。便利な世の中になりましたねえ。と、自分自身デジタル系の仕事をしているのに、妙に現場にいた時代との差を感じるオジさんでした。

サービスアドバイザーのデスク。

BMWのオンライン入庫は下記より。
https://bmw-service-lounge.jp/special_offer/113.html

こちらが有富マネージャー。土浦本店に20年以上在籍しているので、お馴染みのお客様も多いとのこと。『このエリアでも人間関係はすごく重要なので、担当変更などが多いと、離客につながるリスクが高まります。ですから余計に、我々サービスがお客様との関係を維持できる様、頑張らねばなりませんね』。全くその通りで、セールスを長らくしてきた身としても、前任者からの引継ぎはホント大変でした。

有富マネージャー。

お客さんはどうしても購入時のセールス担当と比べる為、前の担当と比べて良否を決める傾向が強く、お店を信頼するか否かより、個人とのやり取りを重視しがち。もちろん、どの様な業態でも、同様のことは多いのでしょうけどね。特にこの10年ほどは転職が当たり前になったので、スタッフの入れ替えは日常茶飯事。余計にCS(顧客満足度)が重要です。なので、お店全体でお客様をケアする姿勢を見せることは、何より重要度が高まっていると思わざるを得ません。

この日ショールームにはもう1台、サイドにMの文字が埋まっている珍しいX7を発見。見た目はいかつい外観でしたが、実は7人乗り仕様で、ファミリー向けの1台。

一つ、有富マネージャーから、6月末までのお得なキャンペーン情報をいただきました。

お得なキャンペーン情報

【バッテリー交換時に、パーツ代30%割引き】
冬を超えてエアコンを使う季節になりましたし、4~5年経過すると能力が弱くなり始めますから、今のうちにバッテリーを交換しようと思っていらっしゃる、茨城や千葉エリアのBMW/MINIオーナーはご一報を!

BMW純正バッテリー交換キャンペーンは今月いっぱい!

通常はDMでのご案内のみですから、ご利用の際は、『アウトビルトジャパンを見た』を忘れずにお伝えください。

もちろん整備も購入も、お問い合わせは下記から。
Ibaraki BMW土浦本店:https://ibaraki.bmw.jp/ja/tsuchiura
300-0816 茨城県土浦市永国東町10番地2
TEL: 029-822-3340

Text&Photo:ナカタ ヒロユキ

【筆者の紹介】
ナカタ ヒロユキ
少年の頃から乗りモノ好きで、輸入車のセールスとしてキャリアをスタートし、インポーターでは法人営業や中古車を含め、様々な営業関係のマーケティングを経験。その後ドイツ系の会社で、業務支援アプリを全国の自動車ディーラーを中心に営業中。ほぼ毎週どこかへ出没するが、時には愛機Buellに跨ったり、料理を楽しんでいる。