フォーミュラE世界選手権 東京E-PrixでマセラティMSGレーシングのマキシミリアン・ギュンターが劇的勝利!

131
- Advertisement -

2024年3月30日に開催された2024 FIAフォーミュラE世界選手権シーズン10の第5戦東京E-Prixは、マセラティMSGレーシングのマキシミリアン・ギュンターが優勝を飾った。今回の東京大会は日本初開催となるフォーミュラE世界選手権であり、また史上初の東京の公道を使用した歴史的なレース。

マキシミリアン・ギュンターは、2週間前のサンパウロE-Prixで最下位スタートから9位入賞を果たす力強い追い上げをみせ、その好調さを維持したまま東京E-Prixに挑んだ。

予選でもマキシミリアン・ギュンターはそのパフォーマンスを最大限に発揮し、グループBでトップタイムを記録してデュエルステージへの進出を決めると、準々決勝でポルシェのパスカル・ウェーレインを破り、準決勝でERTのセルジオ・セッテ・カマラに勝利し、決勝進出を果たした。

東京E-Prixコース図
©Formula E

予選の最終決戦では日産のオリバー・ローランドを相手に力強いパフォーマンスをみせるも、わずか0.021秒差でポールポジションを逃し、2番手スタートとなった。一方、チームメイトのジェハン・ダルヴァラは、フォーミュラEキャリア5戦目の予選を17番手で終えた。

決勝レースはサーキットのイン側の荒れた路面からのスタートとなったマキシミリアン・ギュンターは、不運にも一つ順位を落とし、マヒンドラ・レーシングのエドアルド・モルタラに2位を奪われる。

フォーミュラEで5回目の勝利を獲得したセラティMSGレーシングのマキシミリアン・ギュンター

レースが進むにつれて、リズムを取り戻したマキシミリアン・ギュンターはアタックモード戦略を有効活用し、モルタラとローランドの両方をオーバーカットしてトップに浮上、そして14周目に最初のアクティベーションを行った。3位でコースに復帰すると、余力を生かしてコース上でモルタラを追い抜き、ローランドを追走。20周目にデブリ(パーツの破片)の除去のためにセーフティカーが導入され、レースは22周目まで中断となる。

リスタート後にトップ争いを再開したマキシミリアン・ギュンターは、25周目にローランドのオーバーテイクに成功すると、レース終盤には激しいプレッシャーを受けながらも、チェッカーフラッグまでリードを守りきり、フォーミュラEのキャリアにおいて5回目の勝利を、そしてマセラティブランドにとっては2度目の勝利を獲得した。2位にはオリバー・ローランド(ニッサン・フォーミュラEチーム)、3位にはジェイク・デニス(アンドレッティ・フォーミュラE)が続いている。

今シーズン48ポイントを獲得したマキシミリアン・ギュンターは、ドライバーズチャンピオンシップで5位に、マセラティ MSG レーシングはチームランキングでエンビジョン・レーシングを追い越して7位へとポジションアップを果たしている。

フォーミュラE世界選手権シーズン10、第6戦、第7戦は、2024年4月13~14日にマセラティのホームであるイタリアのミサノで開催される。

マセラティ MSG レーシング ドライバー:マキシミリアン・ギュンター
信じられないような週末でした。僕たちはすべてのセッションでトップ3に入り、ポールポジションはもうすぐ目の前でした。マシンのフィーリングも良く、チームとしてもここ数週間で良いステップを踏んできました。サンパウロ以来、僕たちには本当に、どんどんペースが上がってきている事を実感しており、今日はそれを勝利につなげることができました。レースでは多くのエネルギーマネジメントが必要でしたが、その戦略を完璧に実行し、やるべきことはすべてやり遂げました。フォーミュラE初の東京でのレースで優勝できたことは素晴らしいことだし本当に誇りに思います。この瞬間を思い切り満喫したいです。

マセラティ MSG レーシング ドライバー:ジェハン・ダルヴァラ
まずはマックスにおめでとうと言いたいと思います。チームにとっても大きな勝利であり、彼は本当に素晴らしい仕事を成し遂げました。僕のほうはスタートがうまくいき、最初の数周は順調でしたが、残念ながらサイドからの衝突をうけてフロントウイングにダメージを負ってしまいました。レースにおいて自分のパフォーマンスを最大限に発揮するために学ぶべきことはまだまだたくさんあります。今後、数週間でハードワークを続け、ミサノではポイント獲得を目指します。

マセラティ MSG レーシング チーフエンジニア シリル・ブレ
例えようもないほど素晴らしい内容のレースでした。この結果は、チームとしての何カ月にもわたるハードワークの成果です。今日は非常に綿密に計画された戦略を実行し、アグレッシブに攻めようと決めていました。表彰台に甘んじるのではなく、優勝を目指してプッシュすることを選択したのです。ジェハンは不運にもレース序盤で勝機を失ってしまいましたが、彼はいま学習曲線上にいて順調に進歩を続けています。 異なる4つのサーキットで5つのレースを戦い、今シーズンはここまで大きな期待と可能性を見せてきました。われわれのパッケージなら、ほぼ毎レースで競争力を発揮できるとわかっていますし、それがチーム全員の大きなモチベーションになっています。今年はさらに素晴らしい結果を達成できると確信しています。

マセラティ コルセ 責任者 ジョバンニ・スグロ
今日は本当に言葉では表現できない日でした。マセラティが日本の地で初のレースに勝利したことは非常にエキサイティングであり、フォーミュラEの近代史にその名を刻むことができたことをうれしく思います。マックスはレースウィークを通じて安定した走りを見せてくれました。決してあきらめないチームメンバー全員にとって、当然の勝利といえるものです。そして表彰台争いを展開し、常にポイントを獲得してきた4戦を終えて、ようやく優勝の喜びを味わうことができました。マックスは自信もってレースに挑み、全力を尽くし、そして見事に勝利しました。新しいコースでのレースはいつも、何が起こるのか誰にもわからずとてもチャレンジングですが、そこでの勝利は感慨もひとしおです。ジェハンはこの週末、少し苦しみましたが、彼は常にレースごとに新しいことを学習しています。このレースは、次のイタリア戦に向けた準備の場でもあり、そこで本領を発揮できると確信しています。この勝利はチームにとって本当に力になるもので、ホームレースを前にこれ以上嬉しいことはありません。次はイタリアのファンの前で思い切り実力を発揮したいと思います。とにかくいまはお祝いしましょう!

フォーミュラE世界選⼿権2度目の優勝に歓喜するMaserati MSG Racing(マセラティMSG レーシング)の面々。

Maserati MSG Racing(マセラティMSG レーシング)
MSG レーシングは、Monaco Sports Group Racingの略であり、FIA ABB フォーミュラE世界選⼿権の創設チームのひとつ。2013年12⽉にモータースポーツの最⾼峰である完全電気⾃動⾞カテゴリーに参加した最初のチームであり、2014/15年のシリーズ初年度から継続的に参加している数少ないチームの1つである。2021年にはエドアルド・モルターラとともに世界選⼿権の準優勝の成功を収め、2022年にはチームの準チャンピオンとしてこれまでで最も成功したシーズンを終えている。会⻑兼マネージング・パートナーのスコット・スウィッドとチーム代表のジェームズ・ロシターが率いるモナコ・チームは、フォーミュラEで最も性別にとらわれないダイバーシティなチームであり、サステナビリティ、EDI、技術⾰新、エクセレンスの最前線に位置している。

Text:アウトビルトジャパン
Photo:Maserati