【このゴルフR32なんぼ?】唸るエンジンを搭載した伝説のモデル「VW ゴルフ4 R32」は文字通り羊の皮をかぶった狼だ!

5920
- Advertisement -

フォルクスワーゲン ゴルフ4 R32:ドライビングレポート。VWゴルフR32は、唸るエンジンを搭載した伝説のモデルだ。中古車価格が高騰し、伝説となって久しいVWゴルフR32。このブームは正当なのか?

どこか寝室を思わせるブルーで塗られた「ゴルフ4」はたまに街で見かける程度のフツーなクルマだ。しかし、2本出しのテールパイプ、「R」、「32」、そしてスタイリッシュなチェッカーフラッグがあしらわれたリアエンブレムは、このエクストリームゴルフ4、「R32」のスポーツへの意欲を物語っている。インテリアでは、ペダルやサテン仕上げのアルミニウム製ギアレバーも、このゴルフが特別なモデルであることを示している。ゆったりとしたシートに身を沈め、時速300kmのスピードメーターを眺める。ゴルフにしてはちょっとやりすぎでは?

R32はスポーツ性と快適性のバランスをうまくとっている。

固めだが、固すぎない:VWはR32のサスペンションを日常使用に絶対的に適したものにチューニングした。

「ゴルフR32」は違う。241馬力(177kW)、6.6秒で0から100km/hまで加速し、250km/h近くまで加速を続ける。古典的な方法でキーを回すと、6つのシリンダーがかすかなうなり声とともに息を吹き返す。ギアレバーを”D”に合わせて発進。サスペンションはしっかりしていて、ボディはもちろん標準の「ゴルフ」より2センチも低いのに、路面が悪くても椎間板はフォックストロットを踊らない。

マクファーソンストラットとロワーウィッシュボーンを備えたフロントアクスルと、鍛造ダブルとウィッシュボーンを備えたマルチリンクリアアクスルは、ダイナミックなハンドリングを約束する。だから意識的にアクセルを強く踏んでしまう。6気筒エンジンは、音響的に騒々しくなく心地よい、しかしドライバーの口角を上向かせるのに十分な要求度の高い、轟音のような唸りを発生する。

羊の皮をかぶった狼: 第4世代ゴルフのトップモデルは、驚くほど速いわけではない。

トップモデルのポテンシャルはわからない

カーブでは、ステアリングはダイレクトで、コーナーも難なく通過する。18インチの225タイヤがアスファルトに食い込み、トラクションは当然ながらハルデックスクラッチ付きの全輪駆動からもたらされる。61.8パーセントのパワーがフロントに、31.2パーセントのパワーがリアに供給される。しかし、方向転換がキビキビと行われ、速度が速く、半径が狭い場合、このスポーツカーでさえ、フロントアクスルで押しているという事実を完全に隠すことはできない。フロントのディスク径334ミリの頑丈なブレーキは、「パサートW8」に由来するもので、非常に良い仕事をしている。

「VWゴルフR32」は、目を見張るような速さではなく、ドライバーをあまり困惑させない。これもヴォルフスブルクのコンパクトモデルを成功に導いている特徴のひとつだ。2003年に初めてデュアルクラッチギアボックスがトラクションを中断することなく6つのギアをクリックするようになった。我々はこのバージョンでカーブを走り、とても満足している。

Rロゴ入りのレザーシートは、しっかりと乗員の体をホールドする。
Bild: Bring a Trailer

「ゴルフGTI」に比べると、初代「ゴルフR」の歴史はほとんど退屈だ。全権を掌握するVWのボス、フェルディナント ピエヒのお墨付きを得て開発されたもので、彼は自分の庇護の最後にもうひとつ感嘆符をつけたかったというのは良く知られたエピソードだ。その結果、「ゴルフR32」には、ヴォルフスブルクに本拠を置く自動車メーカーのトップである、細部にこだわるテクノロジーファンが好む繊細さも数多く盛り込まれた。

充実した装備のゴルフR32には、誇らしげな値札が付けられていた

お買い得ではない:ゴルフR32は当時31,950ユーロから(約510万円)だった。現在、良い個体はかなり希少である。

「VWフェートン」にも搭載された3.2リッター6気筒エンジンは、2本の調整可能なカムシャフトと24個のバルブを備えていた。当初、「R32」は5,000台しか生産されない予定だったが、このコンパクトなアスリートは特にアメリカで多くのファンを獲得し、7,000台が追加生産された。

ベース価格は31,950ユーロ(約510万円)と決して安くはなかったが、オートエアコン、レインセンサー、キセノンライトなど、豊富な標準装備を備えていた。今日、オリジナルのコンディションが良好な「ゴルフR32」を見つけるのは、もはや容易ではない。現在、「VWゴルフR32」は、中古車市場でも、コンディション3でさえ2万ユーロ(約320万円)以下では入手できない。良いコンディションとそこそこの走行距離の個体だと、3万ユーロ(約480万円)以上は覚悟しなければならない。一部の関係者にとっては、2ドアよりも4ドアの方が、特にDSG搭載モデルよりも人気がある。ドイツにはこの組み合わせのモデルが2台しかないという噂が絶えない。1台はピエヒ夫人が運転し、もう1台はテストカーだった。

伝説の6気筒エンジン、241馬力。
Bild: Bring a Trailer

テクニカルデータ: 6気筒V型エンジン • 排気量: 3189 cm3 • 出力: 177 kW(241 hp)/6250 rpm • 最大トルク: 320 Nm/2800 rpm • 全輪駆動 • 6速 • 独立ホイールサスペンション • ラゲッジルーム: 245/1099 リットル • タンク: 62 リットル • 全長/全幅/全高: 4149/1735/1444 mm • ホイールベース: 2518 mm • タイヤ: 225/40 R 18 W • 車両重量: 1477 kg 62リットル●全長/全幅/全高:4149/1735/1444 mm●ホイールベース:2518 mm●タイヤ:225/40 R 18 W●車両重量:1477 kg●積載量:523 kg●最高速度:247 km/h ● 0-100km/h加速: 6.6秒 ● 燃費(EU混合):11.5L/100 kmスーパープラス ● 価格(2002年): 31,950ユーロ(約510万円)

フォトギャラリー: VWゴルフ4 R32

Bild: Volkswagen

Bild: Roman Raetzke

Bild: Werk

Bild: Volkswagen

Text: Wolfgang Gomoll