リーク写真 次期型プジョー3008フェイスリフトモデル 新情報

338

プジョー3008フェイスリフト(2021): リーク写真、ハイブリッド、インテリア、エンジン、市場ローンチ時期

今回プジョー3008フェイスリフトバージョンのリークされた写真には、新しいブランドの顔が示されている。そんなプジョー3008のモデルチェンジの写真がリークされた。写真は、SUVがまったく新しいフロントフェイスを採り入れることを示している。
そのファーストインフォメーション!

プジョー3008がフェイスリフトを受けようとしている。
今、「プジョーフォーラム」に、フェイスリフトを受けたプジョー製SUVの写真がアップされている。
写真は黒と白のモノクロだ。しかし、いくつかの詳細部分は、色で強調して表示されている。
現在のプジョーを象徴するかのように、フロントには、プジョー208と2008にすでに採用されている、新しいブランドフェイスを備え、「牙」デザインのLEDヘッドライトが、新型3008にも装着されているのが見て取れる。

新しいヘッドライトは、視覚的にかなり広くなっているグリルに統合され、フェイスリフトでは、周りをクロームフレームで囲わないようだ。
エプロンも新しくデザインし直され、より大きなエアインテークが装備されている。
SUVの横幅がより強調されている。
一方、リアには大きな変化は見られない。

センターディスプレイが大きくなった

写真からはインテリアの様子まで見える。
ここでは、画面のフォーマットだけが変わっているようだ。
センターコンソール上の中央ディスプレイは、以前はほぼ正方形だったのが、かなり幅が広くなっている。
そして、デジタルスピードユニットはおそらくグラフィックも更新され、インフォテイメントも最新のものになるだろう。
新しいアシスタンスシステム、たとえばアクティブクルーズコントロールのバージョンアップや様々な電気デバイスの進化の可能性などは十分考えられる。

フェイスリフトを受けて、ダッシュボード上のスクリーンはよりワイドになっている。

エンジンとマーケットローンチ

プジョー3008のフェイスリフトでは、エンジンの選択に大きな変更はない。
自然吸気エンジンでは、ディーゼルエンジンが130馬力、ガソリンエンジンが180馬力となる。また、マイルドハイブリッドの形で電動化されたモデルも投入される可能性が高い。
225馬力または300馬力のプラグインハイブリッドモデルは、フェイスリフトでより効率的になる可能性がある。
3008のフェイスリフトバージョンの発表は2020年内と予想され、おそらく2021年前半にもディーラーショールームに並ぶことになるだろう。

リークされた写真で見る限り、リアには大きな変更は見受けられないように感じられる。

Text: Katharina Berndt