いよいよ開幕戦を控えたSUPER GT 富士公式テストをレポート

85
- Advertisement -

4/13〜14に待ちに待ったSUPER GT 2024シリーズが開幕するが、先週の岡山国際サーキットに続く2度目の公式テスト走行が静岡県の富士スピードウェイで、3/23(土)〜3/24(日)に行われた。

富士スピードウェイは、今シーズンもSUPER GTの第2戦が行われるコースであるが、初日の午前はあいにくの雨で路面は完全なウエットとなり各チームともセッティングの確認をしながら周回を重ねていった。

各チームは2回の公式テストで、変更されたレギュレーションに準拠するべく調整してきた。

午後は先週の岡山国際サーキットの公式テスト同様、新予選方式でのシミュレーションが行われた。GT500のQ1が始まるころには雨脚が弱まり、終盤には#12 MARELLI IMPUL Z(平峰一貴)、#36 au TOM’S GR Supra(山下健太)、#16 ARTA MUGEN CIVIC TYPE R-GT #16(大津弘樹)と目まぐるしく順位が入れ替わっていく。

開幕戦でチェッカーを受けるのは果たしてどのチームか?全く予想できないのがSUPER GTの面白さだ。

最終ラップで各車がベストタイムを更新すると、#23 MOTUL AUTECH Z(千代勝正)がトップに立ち、さらに#12が2番手につけたが#36が#2番手に上がると、今度は#16号が23号車のタイムを0.2秒上回り再びトップに躍り出る。最後に#39 DENSO KOBELCO SARD GR Supra(中山雄一)が3番手へとポジションアップを果たしてQ1が終了。16号車、23号車、39号車というトップ3となった。

公式テストで好調だったシビック Type R勢がどこまで奮闘するのか楽しみである。

2日目の朝は曇り空の寒いコンディション。コース路面は一部が濡れている状態であったが、ほぼドライ路面になり、午後は再び雨予報であったため、ドライタイヤでのテスト走行ができる貴重な時間となり、各チームとも精力的に周回を重ねていた。

セッション終盤では自己ベストを更新し#8 ARTA CIVIC TYPE R-GTがトップタイムとなる1分27秒834を記録して、これが午前のトップタイムとなった。2番手には#16 ARTA MUGEN CIVIC TYPE R-GT、3番手には今シーズンから昨シーズンまでのミシュランからブリヂストンにスイッチした#23MOTUL AUTECH Zが入った。

初日の雨のセッションでクラッシュしてしまった#45PONOS FERRARI 296 幸いにもドライバーのリル・ワドゥー選手は無事であった。
SUPER GT 2024シーズンも壮絶なバトルが繰り広げられるだろう。

GT300は開始から1時間ほどでNo.52 Green Brave GR Supra GT(吉田広樹/野中誠太)がトップとなるも、すぐにNo.88 ランボルギーニ※(小暮卓史/元嶋佑弥)がその座につく。さらに65号車が再度トップと時間と共に最速タイムが更新されていく。途中、No.96 K-tunes RC F GT3(新田守男/高木真一)がピットロード出口でクラッシュするなど、2度の赤旗中断あったが、88号車が再びトップへ。しかし最後に2号車が1分36秒480を記録して、これが午前のトップタイムとなった。

いよいよ始まるSUPER GT 2024

ピットビューイングにてファンサービス中の #39 TGR TEAM SARD の中山雄一選手
昨年の第6戦スポーツランド菅生にてクラッシュし、その後昨シーズンは静養中であった#100 STANLEY TEAM KUNIMITSUの山本 尚貴選手

今シーズンの見所は何と言っても予選方式が、GT500クラス/300クラスとも従来のようにQ1上位のマシンがQ2に進んでそこでのベストタイムでポールポジションを争う方式から、Q1とQ2のベストタイムを合算して順位を決定する「タイム合算方式」へと変更となり、各チームとも、どのような作戦で予選から決勝へ挑むのか非常に見所満載になる事間違いなしのレースが4/13(土)〜4/14(日)に岡山県の岡山国際サーキットにて行われる。
是非ともGTマシンの迫力と、毎回繰り広げられる数々のドラマを生で見ていただきたい。

Photo/Text:Hisao Sakakibara

【筆者の紹介】
Hisao sakakibara
モータスポーツフォトグラファー。レーシングカー好きが高じて、サーキット通いに明け暮れる。モータスポーツの撮影取材を始めて25年のベテランフォトグラファー。