メルセデス・ベンツの新型Eクラスにクロスオーバーモデル「E 220 d 4MATIC オールテレイン」が追加された

203
- Advertisement -

メルセデス・ベンツ日本は、メルセデス・ベンツの中核モデル新型EクラスにクロスオーバーモデルのE 220 d 4MATIC All-Terrain(ISG 搭載モデル)を追加し、販売を開始した。価格は10,980,000円

メルセデス・ベンツEクラスは、世界で累計1,600万台以上の販売台数を誇るメルセデス・ベンツの中核モデルである。1946年に発表されたW136型以来、常に時代をリードする革新的な技術を採り入れ、世界のプレミアムセダンの指標となっている。

新型Eクラスは、パワートレインを全てのモデルで電動化(プラグインハイブリッド車及びISG搭載/ 48Vマイルドハイブリッド)し、ナッパレザーで仕立てた高級感のある内装(全モデルオプション)に加え、センターディスプレイと助手席ディスプレイを一体型にしたMBUXスーパースクリーン、サードパーティ製のアプリケーションも使うことができる最新世代のMBUX(メルセデス・ベンツユーザーエクスペリエンス)など、機能性と快適性を大きく向上し、デザインを一新して生まれ変わった。

【特徴】
・SUVとステーションワゴンの実用性を併せ持つクロスオーバーモデル
・新型Eクラス唯一の四輪駆動クリーンディーゼルモデル
・助手席一体型のディスプレイ「MBUXスーパースクリーン」を設定(オプション)
・サードパーティ製アプリをインストールし利用可能
・トランスペアレントボンネットを標準装備

今回追加されたEクラスのオールテレインは、SUV譲りのデザインや機能、ステーションワゴンの実用性を兼ね備えたクロスオーバーモデル。四輪駆動システム「4MATIC」など、SUV開発の歴史の中で蓄積したオフロード技術を採用し、オールラウンドな走行性能を備えている。また、新型Eクラス唯一の四輪駆動クリーンディーゼルモデだ!

E 220 d 4MATIC オールテレインは、新型Eクラスの伝統と先進性を融合したメルセデス・ベンツの最新デザインを取り入れたエクステリアに加え、メルセデス・ベンツのSUVモデルに共通する2本のフィンをラジエーターグリルに採用、加えて前後バンパー下部のシルバークロームアンダーライドガードやブラックのホイールアーチカバーを採用しSUVらしさを強調している。さらに、専用の19インチアルミホイールを採用している。

ボディサイズは全長4,960mm、全幅1,890nn、全高1,495mm、最低地上高145mmとステーションワゴンに比べ全長と全幅はほぼ変わらず、高い地上高と乗降のし易さというSUVの特長を持たせ、一般的な駐車場に入るのが大きな特徴だ。

サイドビューは調和の取れたプロポーションに、メルセデス・ベンツのラグジュアリーモデルに採用されている格納型のドアハンドルを採用。キーを持った人が近づくことによって、ボディ面から自動でせり出すこのドアハンドルは、通常はボディ面に格納されており、シンプルでスマート!万が一の事故の場合などには自動でせり出すことで、従来どおり、強い力で外部から引っ張るとドアを開けることができ安全性も備えている。

リアはツーピース型 LEDリアコンビネーションランプが特徴。昼夜はスリーポインテッドスターのモチーフが採用された特別なデザインを採用。左右のリアコンビネーションランプは中央でつながったデザインによりワイドなリアエンドを強調している。リアエッジ部のクロームトリムも同様の効果をもたらしている。

インテリアは、大きなトリムパネルがダッシュボード中央まで伸びている。特にオプション設定のMBUX スーパースクリーン(助手席一体型ディスプレイ)は、大型ガラス面がセンターから助手席まで広がるダイナミックなデザインだ。ガラス面の上側の輪郭に沿ってエアアウトレットの細長いノズルバンドが納められており、キャビン中央と左右両脇のエアアウトレットをつないで一体化している。

MBUX スーパースクリーンが収まるダッシュボード。エアアウトレットの目立たないデザイン処理が落ち着きをもたらしている。

ドアセンターパネルが曲面を描きながら滑らかに流れ込むドアアームレストは、グラブハンドルやドアを閉めるグリップにもなり、パワーウインドウのスイッチも配置。シートの座面とバックレストの表面の形状は内側から外側へと優美に流れ、縦方向のラインが外側の輪郭に沿って伸び、上に向けて幅を増している。これはインテリアデザイナーが貝殻の有機的な美しさをヒントに採用した。標準設定のARTICO仕様では、シートは各パネルに精緻な縦方向のうねを形作る仕上げが施されている。レザーエクスクルーシブパッケージ選択時の本革(ナッパレザー)シートは、キルティングとパーフォレーションを施したダイヤモンドステッチとなり室内の高級感を高めている。また、レザーエクスクルーシブパッケージには、シートヒーター機能とシートベンチレーター機能(運転席・助手席)が含まれ、より快適なドライブを楽しむことができる。

MBUX(メルセデス・ベンツユーザーエクスペリエンス)

これまで新世代が投入されるたびにコックピットに革命をもたらしてきたインフォテインメントシステムMBUX。今回、新型Eクラスにおいて、サードパーティ製のアプリが利用可能になる等メルセデス・ベンツはMBUX開発における第3世代への大きな進化を成し遂げた。

オプション設定の3Dコックピットディスプレイは、内蔵されるドライバー側を向いた2つのカメラによって可能。ドライバーの左右それぞれの視線を追跡する技術により、特殊なメガネを使用せずにドライバーに3D映像を見せることが可能。ドライバーの視線が動いた場合、この視線追跡技術によりディスプレイに映る映像を連続的に変化させることで、常に3D表示を維持することが可能。

●新世代MBUXでは、ディスプレイ上の主要なアイコンの表示方法が変更され、フラットなデザインで、よりシンプルに表示
サードパーティ製のアプリケーションのインストールを可能にするオペレーティングシステムを開発。ドライバーが車載のセルフィー&ビデオカメラを使えば、「Webex」や「Zoom」でビデオ会議をすることができる。
●MBUXとの組み合わせで使用する「ルーティン」
新型Eクラスは、顧客が活用できる標準ルーティンのテンプレートを用意。また、自分でルーティンを作成することも可能。
●MBUX エンターテインメントパッケージプラス を標準装備。

パワートレイン

2.0リッターのクリーンディーゼル直列4気筒ターボエンジン「OM654M」を搭載し、エンジン単体で197PS(145kW)、440N・mを発揮する。エンジンとトランスミッションの間に配置される電気モーターのISGによって、短時間、最大で23PS(17kW)、205N・mのブーストが可能。従って、高トルク・省燃費が売りのクリーンディーゼルエンジンに電気による緻密なサポートが組み合わされてスムーズな加速感と燃費の低減に貢献している。トランスミッションは「9G-TRONICオートマチックトランスミッション」を採用。1速から9速までの変速比幅が広いことから、エンジン回転数が大幅に低減され、優れたエネルギー効率と快適性を実現している。

AIRMATIC サスペンション

連続可変ダンピングシステムADS+とエアサスペンションを組み合わせたAIRMATIC を標準装備し、走行時に高い快適性を提供する。AIRMATICによるセルフレベリング機構は、乗員や荷物の重さに関係なく地上高を一定に保つが、必要に応じて変化もさせる。

トランスペアレントボンネット

E 220 d オールテレインでは、360°カメラシステムを使い「トランスペアレントボンネット」機能が使用できる。センターディスプレイに車両のフロント部分下方の路面の映像(フロントタイヤとその操舵方向を含む)を仮想的に映し出す機能で、進路上にある大きな石や深い窪みなどの障害を素早く確認できる。

ステーションワゴンの機能性にSUVの機動性をプラスした“いいとこどり”クロスオーバーは広く受け入れられそうだ。

Text:アウトビルトジャパン
Photo:メルセデス・ベンツ日本