やったぜサインツ!タナボタでもいい!フェラーリがワンツーフィニッシュ!F1第3戦オーストラリアGP

105
photo:Ferrari
- Advertisement -

手術台から表彰台の最上段へ!

虫垂炎のためサウジアラビアGPを欠場したカルロス・サインツが、メルボルンで開催されたオーストラリアGPでの復帰戦を勝利で飾った。チームメイトのシャルル・ルクレールを抑え込んだフェラーリのスターは序盤から1位を守り抜いた。マクラーレンのランド・ノリスは地元のヒーロー、オスカー・ピアストリ(同じくマクラーレン)を抑えて3位に入った。

サインツは「体力的には楽じゃなかったけど、ほとんどの時間フロントにひとりでいたし、自分のペースを管理することができた」続けて「人生は時にクレイジーだ。最初は盲腸の手術、そして今回の優勝。ほかのドライバーにも勧めたいね」と冗談を交えてGP3勝目を喜んだ。

残り1周、フェルナンド・アロンソのアストンマーティンの後方7番手につけていたジョージ・ラッセルが我慢の限界に達し、バリアに突っ込み、次に外れた自分のフロントタイヤに乗り上げ、メルセデスは横転、そのまま、バーチャルセーフティカーとなりレースは終了した。

フェルスタッペンのブレーキが炎上

レッドブルも珍しい:スタートに成功したマックス・フェルスタッペンは、2周目にカルロス・サインツにオーバーテイクを許してしまう。トップを取り戻して5周目、彼のRB20が右後輪から発煙。その直後、フェルスタッペンから無線が入った。その後、ピットレーンに向かう途中で爆発した。フェルスタッペンは2022年のオーストラリアGP以来、初めてマシンを駐車。ガレージで彼は頭を振った:「なんてバカなんだ!」。

マックス フェルスタッペンは右側後輪のブレーキトラブルでリタイヤとなった。
photo: F1/X

インタビューの中で彼はこのように答えている:「剥がしたバイザーフィルムがブレーキベンチレーションに引っかかってしまったんだ。クルマをうまく運転できず、右ブレーキが機能していないことがすぐにわかったんだ」。レッドブルのチーフアドバイザー、ヘルムート・マルコはそれを確認したがらなかった。「コーナーでサインツがマックスをオーバーテイクする前にブレーキが利かなくなった。その結果、スタックしてしまった」正確な原因はまだ特定できていない。

エンジン不調のハミルトン

7度のワールドチャンピオンに輝いたルイス・ハミルトンの苦悩は、冴えないシルバーアローで続いている。17周目、メルセデスのエンジンがさよならを告げた。ハミルトンはテレビのインタビューに答え、単刀直入に語った:「オーストラリアにいるのは単純に楽しかった。改善されると思うよ、たとえ難しくてもね」。

2024年F1第3戦オーストラリアGP決勝結果(10位まで)
1位 カルロス サインツJr(スペイン)- フェラーリ 1時間20分26.843秒
2位 シャルル ルクレール(モナコ)- フェラーリ +2.366秒
3位 ランド ノリス(イギリス)- マクラーレン +5.904秒
4位 オスカー ピアストリ(オーストラリア)- マクラーレン +35.770秒
5位 セルジオ ペレス(メキシコ)- レッドブル +56.309秒
6位 ランス ストロール(カナダ)- アストンマーティン +1分33.222秒
7位 角田裕毅(日本)- RB +1分35.601秒
8位 フェルナンド アロンソ(スペイン)- アストンマーティン +1分40.992秒
9位 ニコ ヒュルケンベルグ(ドイツ)- ハース +1分44.553秒
10位 ケビン マグヌッセン(デンマーク)- ハース +1周

Text:Bianca Garloff