【近未来モデル情報】BMWの未来を垣間見る 次期型SUV「ヴィジョン ニュークラスX」プロトタイプ公開

206
- Advertisement -

BMW ヴィジョン ニュークラス X:新型BMW iX3を予感させるSUVスタディ。BMWヴィジョン ニュークラス(Vision Neue Klasse)Xスタディにより、BMWの未来を垣間見ることができる。それは、早ければ2025年にも市販モデルとなるであろう、新型iX3である!

時として、変化は予想以上に早くやってくる。BMWはすでに昨年末のIAA 2023(ミュンヘンモーターショー)で「BMWヴィジョン ニュークラス」を発表していた。ノッチバックサルーンであり、バイエルンの視点から現在欠けているものをほとんどすべて改善することを目指している。例えば、駆動技術、操作性、運転支援などである。しかし、それが実現するのは2026年で、まだ先のことだ。

ここにあるのは、これらすべてをさらに発展させただけのものではない。BMWは今回のスタディモデルを「ヴィジョン ニュークラス X」と呼んでいる。基本的に、オフカメラの声によれば、「iX3」はすでにほぼ完成しているとのことだ。

エクステリアカメラミラーやドアハンドルなど、現時点ではスタディモデルの域を超えていないが、かなり具体的に仕上がっているように見える。フロントでは、サルーンとは異なり、1960年代の初代「ニュークラス(社内呼称: タイプ115)」を彷彿とさせるキドニーグリルが採用されている。

BMWキドニーグリルのイルミネーション。

ヘッドライトの3Dエフェクトが全体に視覚的な奥行きを与えているのとリヤライトが車体のほぼ全幅に渡って伸びているリヤも含めて「光が新しいクロームになる」とのことだ。

フレアしたホイールアーチとワイドなリヤライトが、このコンセプトカーにずんぐりとした外観を与えている。

BMW ヴィジョン ニュークラス Xの巨大なパノラマディスプレイ

インテリアでは、車名の「X」がサルーンとの違いを明確にしている。すべてがより具体的に見え、もはや歪んだ書斎のような雰囲気はない。とりわけ、ウィンドスクリーンの下にある巨大なパノラマディスプレイは、中央のダイヤモンド型に面取りされたタッチスクリーンで実際に設定できるようになった。

ディスプレイには最大7つの異なる情報エレメントを表示するスペースがあり、速度表示だけが左側に設定され、その他は自由に設定できる。

市販モデルは早ければ2025年に市場に投入される予定だ。サイズと発表時期は、現行のiX3の後継車と一致する。

このディスプレイはすべての乗員が見ることができるが、市販車にはドライバーにのみ情報を提供する比較的従来型の3Dヘッドアップディスプレイが搭載される。BMWはまた、オペレーティングシステムのカスタマイズオプションがさらに充実することも約束している。

パノラミックヘッドアップディスプレイには、7つのエレメントを隣り合わせに配置できる。

欠点: BMWは明らかにiDriveコントローラーを搭載していない。その一方で、タッチ操作に完全に最適化された使い勝手は、より明確になるとBMWは約束している。

新型BMW iX3の充電速度は30%向上

パノラマディスプレイに表示される「600」という数字は、BMWが新型車で目指している航続距離を示している。具体的には、充電速度が30%速くなり、エネルギー密度が30%高いバッテリーを搭載し、従来よりも25%効率が向上する。

大きなガラス面は、明るい雰囲気と風通しの良い空間イメージを演出する。

BMWは、運転支援を担当するものを「スーパーブレイン」と呼んでいる。約5倍の演算能力を持ち、従来よりもさらに高速に介入できるため、レベル3の自律走行が可能になるという。

新型BMWは2025年後半に市場に投入される予定だ。つまり、未来はそう遠くないということだ。

結論:
デザインとインテリアの光の量がとても気に入っている。これが市販車にどれだけ採用されるのか、興味深いところだ。

Text: Jonas Uhlig
Photo: BMW AG