いよいよ始まるSUPER GT2024!シーズンを占う開幕前の岡山公式テスト

162
- Advertisement -

SUPER GT 2024シリーズがいよいよ4/13〜14に岡山国際サーキットにて開幕する。その開幕戦前に各チームとも非常に重要となる公式テスト走行が岡山県の岡山国際サーキットで、3/16(土)〜3/17(日)に行われた。

今シーズンはいくつかレギュレーションが追加及び変更となるが、特に予選方式の変更が気になるところだ。

従来のようにQ1上位のマシンがQ2に進んでそこでのベストタイムでポールポジションを争う方式から、Q1とQ2のベストタイムを合算して順位を決定する方式へと変更となり、GT500クラス/300クラスともQ1/Q2の「タイム合算方式」となり、1日目にはその新方式の模擬予選シュミレーションが行われた。

新予選方式の模擬予選でトップとなったGT500 #36au TOM’S GR Supra 坪井 翔と#14TGR TEAM ENEOS ROOKIEから今季移籍となった山下 健太組

予選シミュレーションで最後のセッションとなるGT500のQ2は、36号車(坪井翔)がトップタイム。Q1は14#GR Supraに移籍の福住が早くもトップタイムを奪取したが、Q2で大嶋和也のアタックで3番手となり、合算タイムでは36号車が総合トップとなった。#14は合算で#36に対して0.237秒差の2位だった。

2日目は午前のセッションの後半から降り出した雨の中、午後のセッションではスタート練習が行われた。

新予選方式の模擬予選で2位となった#14ENEOS X PRIME GR Supra 大嶋 和也、昨年までのHONDAから今季TOYOTAに移籍の福住 仁嶺組
と新予選方式の模擬予選で3位となった #39 KOBELCO SARD GR Supra 関口 雄飛 中山 雄一組

グリッドは昨日の模擬予選結果により、#36がポールポジションスタートし、そのまま午後のセッションが開始となった。ウエットコンディションで始まったこのセッションで、序盤にタイミングモニターの上位につけたのは#24 リアライズコーポレーションADVAN Z(松田次生/名取鉄平)。ルーキーの名取がドライブしトップの14号車に対して0.1秒差の2番手につけた。

2日目の総合でトップとなったGT500 #24 リアライズコーポレーション ADVAN Z ニスモから移籍の松田 次生、GT300の同チームのKONDO RACINGよりステップアップを果たした名取 鉄平組

雨が徐々に止み始めると、ベストタイムを更新する車両が出てくるが、また最後に#24号車が松田のアタックで1分25秒063をマークしてライバルたちを上回り、公式テスト岡山での最後のセッションをトップで終えた。

GT300クラスは、#6と同じFERRARI 296 GT3を使用する#45 PONOS FERRARI GT3(ケイ・コッツォリーノ)がタイミングモニターのトップにつける。さらに45号車と同じミシュランタイヤを履くNo.7 Studie BMW M4(荒聖治/ニクラス・クルッテン/ブルーノ・スペングラー)もポジションアップ。

2日目のGT300クラスでトップとなった#7Studie BMW M4とSUPER GT参戦復帰を果たした#777 D’station Vantage GT3 藤井 誠暢、マルコ・ソーレンセン組

残り時間が10分となったところで再び6号車が最速タイムを記録してトップに立つが、7号車のスペングラーが最終ラップで逆転。1分31秒622で6号車を0.4秒上回り、公式テスト岡山の最終セッションをトップタイムで締めくくった。

昨シーズンまでのAudi R8 LMSよりFERRARI 296にマシンをスイッチした#6 Team LeMansの片山 義章、ロベルト・メリ・ムンタン組とPONOS Racingの#45 PONOS FERRARI 296 ケイ・コッツォリーノ、リル・ワドゥー組

この開幕戦前の公式テストは、引き続き、静岡県の富士スピードウェイで今週末の3/23(土)〜3/24(日)に行われる。

Photo/Text:Hisao Sakakibara

【筆者の紹介】
Hisao sakakibara
モータスポーツフォトグラファー。レーシングカー好きが高じて、サーキット通いに明け暮れる。モータスポーツの撮影取材を始めて25年のベテランフォトグラファー。