新型アウディ「RS 3」5気筒エンジンのサウンドは耳に心地よく、鳥肌が立つ インプレッションとライバル2台との比較テストまで!

4403
- Advertisement -

アウディ RS 3:素晴らしい!5気筒エンジンを搭載したハードコアスポーツ。「BMW M 240i」と「メルセデスAMG A 45 S 4MATIC+」と三つ巴の対決。

気に入った点
・サウンドと加速が素晴らしい
・ステアリングホイールは手になじむ
・豪華な内装

不満な点
ステアリングとシャシーがもう少しシャープだといい
ウェットコンディションではセラミックブレーキが弱くなる
標準タイヤではサーキット走行に限界がある

RS 3は先代のパフォーマンスを継承

現行「アウディRS 3」は、先代の伝説的な5気筒エンジンを踏襲し、トルクだけを向上させた。アウディは400馬力に手を加えていない。その代わり、ルックスはよりアグレッシブになり、新たにドリフトモードが追加された。

限定特別モデル::RS 3 パフォーマンスエディション

2023年初頭、さらなるパワーを渇望するすべての人のための限定特別仕様車も登場した。「RS 3パフォーマンスエディション」は300台が製造された。7馬力のパワーアップに加え、アウディはこの特別モデルにRSスポーツサスペンションとスポーツシートを装備した。

「アウディ RS 3 パフォーマンスエディション」は、より多くの装備とパワーを備え、最高速度は300km/hに達した。

価格:サルーンとスポーツバックの2タイプ

通常通り、「RS 3」にはスポーツバックとサルーンが用意されている。ただし、このモデルは現在、コンフィギュレーションを設定することはできない。直近では「RS 3スポーツバック」は62,000ユーロ(約993万円)から、サルーンは2,000ユーロ(32万円)高の64,000ユーロ(約1,025万円)からとなっている。

オプションで特別なカミングホーム・グラフィックを装着可能

「RS 3」のデザインは、先代よりもかなり強面になっている。フロントでは、ヘッドライトと、より大きく角張ったシングルフレームをつなぐ新しいブラックマスクによるもので、一段低い位置には大型のサイドエアインテークを備えた新しいエプロンが見える。どちらも、新デザインの粗いメッシュのグリルによって閉じられている。

アウディ RS 3のカミングホームグラフィック。

フラットなヘッドライトは「A3」でおなじみだ。LEDテクノロジーとダイナミックインジケーターが標準装備されている。「R・S・3・チェッカー」と順に点灯する特別なカミングホームグラフィックを備えたマトリクスLEDテクノロジーも追加料金で利用できる。

フロントホイールアーチ後方の新しいエアインテーク

横顔では、フレアしたフロントホイールアーチの後ろに新しいエアインテークがあり、コンパクトカーをさらにスポーティに見せている。このデザインは、電気自動車の「e-tron GT」にも採用されている。トレッド幅は33mm拡大されている。

19インチのキャストホイールの後ろには、グレー、レッド、ブルーのキャリパーを備えた新しいセラミックブレーキが装備されている。ブラックまたはレッドのキャリパーを備えた新開発のスチール製ブレーキも標準装備されている。

アウディRS 3は、リアエプロンに本物のテールパイプを備えている。

トリムエレメントはブラック仕上げ

リアに話を移そう。A3から変更されたLEDテールライトの形状はすでにおなじみだが、トランクリッド下の黒いエレメントは新しい。ここでは、フロントのハニカムグリルが再び装飾的に採用されている。その結果、パーキングセンサーはほとんど目立たない。

リアエンドは、左右2本ずつの楕円形テールパイプと新デザインのディフューザーで仕上げられている。ちなみに、アウディは新型のトリムパーツに関しても、他社とは逆の方法をとっている。すべてがブラックアウトされた元ワークスで、アルミルックを望む場合は追加料金を支払う必要がある。

RS 3用にアップグレードされた5気筒エンジン

エンジンは、5気筒2.5リッターTFSIを搭載。しかし、トルクが20Nm向上し、合計500Nmを発生するように改良されている。400馬力という最高出力は先代と同じだが、より早く、より長く最高出力を堪能できる。変速は再び7速DSGが担当する。真のアウディとして、最もスポーティな「A3」はもちろんクワトロであり続ける。

トルクの増加により、「RS 3」は0-100km/h加速が3.8秒とコンマ3秒速くなった。最高速度は3つのバリエーションがある。標準では「RS 3」は250km/hに制限されているが、オプションで最高速度を280km/hまで上げることができる。

セラミックブレーキでさらに最高速度アップ

ここまではよくある話だが、RS 3ならではのオプションがあるのだ。セラミックブレーキを選択すると、最高速度は290km/hまで向上する!

特別モデルRS 3パフォーマンスエディションの407馬力

2024年初頭、「アウディRS 3」には「パフォーマンスエディション」が設定された。ここでの最高速度は300km/hで、2.5リッターエンジンの出力もわずかに向上している。なんと407馬力がコンパクトなボディを前へ前へと押し出す。最大トルクは500Nmと変わらないが、トルクプラトーは毎分100回転増加している。

インテリア:ヘッドアップディスプレイを初採用したアウディRS 3

最大の変更点は、10.1インチのセンタースクリーンがダッシュボード内に設置されたことだ。ナビゲーションやスマートフォンとの連携といった通常のインフォテインメント機能に加え、冷却水の温度やエンジンオイル、トランスミッションオイルといった特別なパラメーターもここに表示できる。

従来通り、12.3インチのデジタルコックピットには、スポーティなコンパクトカーに必要なすべての情報を表示する専用ディスプレイが装備されている: Gフォース、ラップタイム、0から100km/hおよび200km/hまでの加速、1/4マイルまたは1/8マイルのタイムなどである。第3世代では、ヘッドアップディスプレイも初めて採用された。

アウディRS 6と同様、RS 3にも、いわゆる「ランウェイデザイン」のレブカウンターを示すグラフィックが追加料金で装着される。

カーボンファイバー製インストルメントパネル

もちろん、インテリアのスポーティ感を高めるには、特別なディスプレイだけでは不十分だ。インストルメントパネルはカーボンファイバー製で、運転席と助手席は横方向のサポートに優れたRSスポーツシートが装備される。

12時の位置に赤いマークが付いたスポーツステアリングホイールは手にしっくりと馴染み、下部が平らになっており、新しいシフトパドルを備え、右側のスポークには新しい「RSモード」ボタン(RSの特別なドライビングモード用)が装備されている。

“RSデザインパッケージプラス”でさらにシャープに

RSデザインパッケージプラスでは、スポーティなカラーアクセントがオプションで用意されている。シートベルトエッジ、シートショルダー、エアベントのバーがスポーティなレッドで仕上げられ、さらにレッドの装飾ステッチが施されている。これらのエレメントには、レッドの代わりに、グリーンも選ぶことができる。

アウディ初のドリフトモード

「RS 3」は、いわゆるトルクスプリッターを装備した初のスポーツアウディだ。我々はすでに、「VWゴルフ8 R」と「ティグアン R」でリアアクスルトランスミッションを知っている。これは、リアアクスルのパワーを2つの後輪に個別に配分するもので、1輪あたり最大1750Nmを発揮する。

このテクノロジーは、アンダーステアやオーバーステアを過去のものにするだけでなく、新しい「RSトルクリア」ドライビングモードの背後に隠されたドリフト専用モードの完璧な前提条件でもある。

2つ目の新しいドライビングプログラムは「RSパフォーマンスモード」と呼ばれ、レーストラック用に特別に開発された。また、RSスポーツサスペンションにより車高は25mm低められる。専用にチューニングされたプログレッシブステアリング、最適なサウンドを実現するフラップ式エグゾーストも標準装備され、ドライビングモードに適応するようになった。RSスポーツエグゾーストシステムと、「RS 3」に初めて採用されたセミスリックタイヤはオプションである。

サルーンのルーフは、コントラストブラック塗装にすることも可能だ。基本色の”キャララグリーン”はRSにのみ設定されている。

ドライビングレポート:心地よい震動

トルクの増大とパワーの立ち上がりの早さを感じられるだろうか?ペダルをフロアに釘付けにすると、RS 3は縦軸にわずかにねじれ、4つのホイールが回転する。おお、ラ、ラ!サウンドも素晴らしい!低回転域ではまだソノラスだが、4500rpmからは野太いヒスノイズが発生する。

この音響的な印象と力強い加速が相まって、心地よい震動が生まれる。そしてデュアルクラッチ式ギアボックスが確実に強大なトルクを無駄なく推進力に変える。

特に印象的なのはサウンドだ。4500rpmを超えると、はじめはソウルフルな音だったのが、荒々しいヒスノイズに変わる。
Photo:Roman Rätzke / AUTO BILD

ドリフトはやや人工的に誘発されたように見える

新しいトルクスプリッターも搭載されている。トルクリアモードでは、レーストラックで「RS 3」を簡単にドリフトさせる。リアアクスルが滑る様子はやや人為的に感じるが、それでも頑なにレーシングラインをたどるよりは楽しい。高出力のおかげで、ロングドリフトもできる!

ステアリングとサスペンションは、より大衆に馴染むように設計されている

タフな女子や男子には懐かしいかもしれない:ステアリングとシャシーは、よりマスに適合するように、つまり毒々しくないように設計されている。体全体をホールドする座り心地の良いシートも秀逸だが、終始独創的なサウンドが印象に残る。

比較テスト:アウディ RS 3が一歩リード

レーストラックに「RS 3サルーン」のライバルである「BMW M 240i」と「メルセデスAMG A 45 S 4MATIC+」を持ち込んで、その実力を証明しなければならない。そして「RS 3」は、そのパワフルな縦方向のダイナミクスとクアトロシステムのおかげでトップに立った。残念ながら、ラップタイムと制動距離という重要なカテゴリーが天候のせいで計測できなかったのが残念だった。

ラップタイムとブレーキング測定を除いた比較テストでは、アウディがメルセデスAMGを1ポイント上回った。
Photo:Lena Willgalis / AUTO BILD

タイヤがRS 3の勝利を犠牲にした

AUTO BILDは、より良い天候の下で同じコンステレーションを再度テストしたが、今度は「RS 3」が敗北を認めざるを得なかった。「A 45 S」が2秒差でサルーンを退けたのだ。言い訳をすればタイヤのコンディションに問題があったのだ。そうでなければ肩を並べるだろう。

結論:アウディ RSよありがとう!

RS 3に搭載された5気筒エンジンは驚異的なパワーを発揮すると同時に素晴らしいサウンドを奏でる。やはり排気量は大きい方がいい。

フォトギャラリー: アウディRS 3

Text: Stefan Novitski, Katharina Berndt and Sebastian Friemel
Photo: AUDI AG