一撃必殺のサルーン メルセデスAMG E53登場!

10769
- Advertisement -

Mercedes AMG E53(メルセデスAMG E53):発売から1年足らずで、新型Eクラスにはスポーツバッジが付いた。残念ながら8気筒エンジンは廃止されつつある。

特に多忙なスケジュールをこなすビジネスパーソンをも驚かす勢いで、AMGは新型「Eクラス」の発売後わずか1年という短い間に「E53」を発表した。

気候変動への懸念はアファルターバッハにも広がっており、AMGと言えども本社が設定したCO₂削減目標に貢献することが期待されているため、AMGは今後、愛すべき8気筒エンジンなしでやっていかなければならない。

システム出力は585馬力まで向上し、レーススタート時には612馬力にまで達する。

そう、先代にもV8があったが、当時も6気筒エンジンで十分だった。たとえアウディがV8で唸り続け、伝聞によればこの夏には次期「M5」もまた8つの炎を燃やすことになるとしても・・・。

メルセデスAMG E53(W214):直列6気筒449馬力

しかし、ボンネットの下のエンジンが小さくなったからといって、AMGが軍縮を説いているわけではない。気休めとして、3リッター、449馬力の6気筒エンジンに163馬力の電動モーターを組み合わせたプラグインコンポーネントが用意されており、これによりシステム出力は585馬力、レーススタート時には612馬力まで向上する。ちなみに28.6kWhのバッテリーは、60kWの直流充電が可能なPHEVとしては高速の部類に入り、純粋に電気だけで約100kmの走行が可能だ。

もちろんメルセデスAMG E53にはエステートもある。

純電動では140km/hまでしか出せず、6気筒エンジンはV8ほど生意気ではないだろうが、ゼロになった排気音は隣人から感謝されることは間違いない。結局のところ、新型AMG製の「E53」は0-100加速が3.9秒で、時速250km/hまで難なく到達し、AMGドライバーズパッケージを装着すれば最高速度は280km/hに達する。

ちなみに、より広いスペースが必要な人のために、同じ駆動システムがエステートにも用意されている。この場合、100km/hに到達するのに3.9秒かかり、最高速度は275km/hだ。

メルセデスAMG E53は12万ユーロ(約1,920万円)から

AMGで最も重要なのはエンジンだが、もちろんAMGも顧客は目立ちたがり屋であることを自覚しており、Eクラスにはいくぶんスポーティな外観を与えた。

いつものように、フロントにはパナメリカーナグリルがあしらわれ、トランクリッドには控えめなスポイラーがあり、その間に、より筋肉質なボンネットと、ボディビルダーの上腕二頭筋を覆うTシャツのように超ワイドタイヤの上に伸びるややワイドなフェンダーがある。室内も、Eクラスは役員会議室というよりフィットネススタジオのようで、タイトなシート、カーボンファイバー製のコンソール、多数のスクリーンに映し出される陽気なグラフィックが特徴的だ。

「E53」の室内は、役員会議室というより、フィットネススタジオのようになった。

旧型「E53」のように6気筒しかないとはいえ、旧型「E63」と同等のパワーがあり、見た目も同様に個性的だ。だからこそ、新型「E53」の価格を割り出すなら、私たちが好きだったV8モデルの価格を見るべきなのだろう。

したがって、前回の「E53」の86,000ユーロ(約1,380万円)という、笑っちゃうような値段よりも、往年の「E63」の130,000ユーロ(約2,080万円)近い値段の方が、確実に良い目安になる。特に、通常の「Eクラス」でさえ381馬力の「E450」が82,000ユーロ(約1,315万円)からスタートすることを考えると、ビジネスエクスプレスに120,000ユーロ(約1,920万円)以上を想定することは容易であり、秋の市場導入まですべての関係者に良いビジネスがあることを祈る。

結論:
メルセデスAMG の新型「E53」は効率的な直6とハイブリッドシステムで旧E63並の動力性能を得た。ということは、いつまでもV8を懐かしんでいても仕方ないということなのだ。たとえ、ガソリンマニアがプラグインハイブリッドの魅力を理解できずとも。

Text: Thomas Geiger
Photo: Mercedes-Benz Group AG