どこが変わった?フレッシュアップしたベストセラーSUV 新型フォルクスワーゲン「T-Roc」

323
- Advertisement -

Volkswagen(フォルクスワーゲン) T-Roc:ゴルフフォーマットのスタイリッシュなコンパクトSUVがフェイスリフト。

フォルクスワーゲンは2014年に発表した同名のスタディモデルに続き、2017年から「ゴルフ」フォーマットのコンパクトSUV「T-Roc」をラインナップに加えた。そして2021年11月、ヴォルフスブルクに本拠を置くVWは「T-Roc」の最初のフェイスリフトを行い、今回が2回目のフェイスリフトとなる。

クラシックな5ドアモデルに加え、「T-Roc」はSUVコンバーチブルとして折りたたみ式ルーフを採用したブランド初のモデルであり、VW最後のコンバーチブルでもある。ただし、オープントップ仕様は今度のモデルチェンジで廃止された。

良い点
・ 良好なアクセスと広いスペース
・ 最大1.5トンの牽引能力
不満な点
・ ブレーキ性能がやや劣っている
・ 高いエントリー価格

T-Rocの価格は27,000ユーロ(約435万円)以上

「T-Roc」のフェイスリフト: フォルクスワーゲンはコンパクトクロスオーバーをフェイスリフトした。これにはボディのフェイスリフトだけでなく、インテリアの質感向上も含まれる。これにより価格もアップし、現在27,085ユーロ(約435万円)からとなっている。最上級モデルの「T-Roc R」は52,260ユーロ(約840万円)から、コンバーチブルは35,885ユーロ(約575万円)から。

Photo:Michael Nehrmann / AUTO BILD
コンバーチブルはVW唯一。
Photo:Olaf Itrich / AUTO BILD

わずかなデザイン変更にとどまったT-Roc

フロントとリアのデザイン変更は、わずかだがフロントエンドにはLEDヘッドライトが標準装備され、マトリクスLEDライトも「IQ.Light」のオプションとして用意された。ライトのオプションによっては、ライトストリップがラジエーターグリルを飾る最高のVWスタイルとなる。

Photo:Michael Nehrmann / AUTO BILD
フェイスリフトの常として、T-Rocのリアにはライトグラフィックが変更されている。
Photo:Michael Nehrmann / AUTO BILD

フロントとリアの新しいエプロンは、デザインのスパイスとなり、個々の装備ラインをより明確に区別することを意図している。リアには新しいリアライトが採用されているが、これはフロントのマトリックスライトとの組み合わせでのみ選択可能である。

トップモデルは300馬力のT-Roc R

今回のフェイスリフトでは、電動化されておらず、駆動システムの変更もない。ボンネットの下では、伝統的なガソリンエンジンとディーゼルエンジンが引き続き活躍する。トップモデルとなる「T-Roc R」は、300馬力を発揮する。

VW「T-Roc」のトップレンジ「T-Roc R」。
Photo: Christoph Börries / AUTO BILD

ついにインテリアにフォームドサーフェイスを採用

今回のマイナーチェンジで気になるのはインテリアだ。これまで、この部分の品質については多くの批判があった。以前は硬質プラスチックが選ばれていたからだ。そのような時代は最前列では終わった。ダッシュボードは弾力ある素材で、ドアパネルの下地にはファブリックのインサートまである。

Photo:Michael Nehrmann / AUTO BILD

しかし、リアコンパートメントは、依然として殺風景だ。「T-Roc」のカラフルな塗装仕上げは、コンバーチブルと最上級モデルの「T-Roc R」だけのオプション。オートマチッククライメートコントロールはタッチで操作できるようになる。マッサージ機能付きの新しい「エルゴアクティブ」シートも、快適な座り心地を確保するためのものだ。

Photo:Michael Nehrmann / AUTO BILD

T-Rocにもワイヤレススマートフォン接続が追加

マルチファンクションステアリングホイールはすべての「T-Roc」に標準装備され、8インチのフルデジタルメータークラスターも装備される。10.25インチのアクティブインフォディスプレイもオプションで用意されている。このディスプレイは最大9.2インチ(6.5インチが標準)で、将来的にはダッシュボードに取り付けられる予定だ。「MIB 3」により、「T-Roc」は常にオンライン状態にあり、必要に応じて接続することができる。これは、一方では、”We Connect App”への接続を意味し、他方ではナビゲーションシステムと天気予報のためのリアルタイムのデータを取り込む。

VWは「T-Roc」のアシスト機能の幅も広げている。例えば、「トラベルアシスト」も追加された。これは車線誘導とアダプティブクルーズコントロールを組み合わせたもので、フェイスリフトでは渋滞時の前方確認まで行うようになった。

T-Roc RとR-Lineにのみタッチステアリングホイールが装備される。それ以外は、フェイスリフトによってT-Rocはよりデジタルになった。
Photo: Volkswagen AG

アシスタントシステムの詳細
IQ.DRIVE トラベルアシスト – ACCとレーンアシストのバンドル
Predictive ACC – GPSサポート付きアダプティブクルーズコントロール
フロントアシスト – エマージェンシーブレーキアシスト
サイドアシスト – 死角警告
レーンアシスト – レーンキーピングアシスト
パークアシスト – パーキングアシスト
プロアクティブオキュパントプロテクションシステム

中古車も選択肢に入る

新型「T-Roc」はフェイスリフトに過ぎないので、購入希望者は安心して中古車市場を見て回ることもできる。ベースグレードなら、中古車市場で17,000ユーロ(約275万円)前後から販売されている。「T-Roc」が問題を起こすとすれば、それはたいていマイナーな問題によるものだし、高年式モデルなら基本的に錆の影響を受けない。

マイナス面を挙げるなら、インテリアの硬質プラスチックに加え、シート表皮の耐久性は必ずしも高くないということ。ラウドスピーカーは時々不快なガタつきがあり、インフォテインメントシステムはクラッシュすることがある。1.5リッター「TSI」は発進時にエンジンのジャダーが発生し、イライラすることがある(これについてはソフトウェアアップデートがあった)

フォード プーマ、ルノー キャプチャーと比較したT-Roc

「T-Roc」はライバルに対してどうなのだろうか?それを知るために「フォード プーマ」と「ルノー キャプチャー」と比較対決し、勝利していることを報告する。

結論:
「VW T-Roc」はドイツで最も売れているモデルのひとつであり、それは当然のことである。広々としたスペース、洗練されたエンジン、快適な乗り心地を備えた完璧なオールラウンダーだ。欠点は、ブレーキ性能と価格が高いだけである。

Photo: Volkswagen AG

Text: Andreas Huber, Lars Jakumeit and Sebastian Friemel