フォルクスワーゲン T7マルチバンは依然として卓越した普遍的なツールだ!

223
- Advertisement -

Volkswagen T7 Multivan(フォルクスワーゲン T7 マルチバン):マルチバンは依然として卓越した普遍的なツールである。

ゴルフのプラットフォームを採用したVW初のバン

7代目となる「VW T7マルチバン」はプラットフォームを変更し、「MQB-Evo」モジュラーシステムを採用した。フロアアッセンブリーの変更により、エンジニアは新型バンの電動化を実現したが、多用途なハノーバーバンのバックボーンは従来の駆動装置であり続けている。

VWの商用車部門は、1985年に「T3」シリーズでマルチバンを発表した。35年以上経った今、インテリアコンセプトは現代のニーズに合わせて見直されている。

マルチバンの価格は5万ユーロ(約800万円)以上

「マルチバン」だけは例外的に「ゴルフ」のフロアアッセンブリーに変更。エンジンは現在2種類のみで、価格はショートバージョンの2.0リッターTDIが53,056ユーロ(約850万円)から。ロングオーバーハングの大型バージョンを望むなら、少なくとも55,055ユーロ(約880万円)をテーブルに乗せる必要がある。

2リッターTSI、150馬力のガソリンバージョンは54,324ユーロ(約870万円)からで、ガソリンマルチバンのロングバージョンは少なくとも56,323ユーロ(約905万円)である。

外観: VWキャディに似たマルチバン

外観上、「マルチバン」はフロントが「キャディ」に似ている。ヘッドライト、グリル、エプロンのレイアウトはMPVを強く連想させ、VWの実用的な乗用車モデルに統合している。ボンネットは先代モデルよりも平らで、同じく平らなフロントガラスに大きな角度で合流している。

サイドビューでは、サイドミラー前の三角窓が際立ち、標準装備のLEDヘッドライト(オプションのマトリクスLED)と、同じく標準装備のLEDテールライトが視覚的な1本のラインで結ばれている。

T7は、2分割テールライトを備えた最初のバンである。水平に配置されている。

「T7マルチバン」には両側スライドドアを標準装備。リアには、VWのバンでは初となる2分割式のテールライトが水平に配置されている。モデル名は中央に移動したが、ロゴの下ではなく、ナンバープレートのくぼみの下に配置されている。「T7マルチバン」のルーフはリアに向かってわずかに傾斜し、ルーフエッジスポイラーで終わっている。

寸法と牽引能力: VW T7はT6.1よりわずかに大きい

「T7マルチバン」は、ほぼすべての寸法でわずかに大きくなった。ボディはショートとロングの2種類がある。

サイズ一覧:
● 全長: 4973mm(ショート)/5173mm(ロング)
● 全幅: 1941mm
● 全高: 1903mm
● ホイールベース: 3124mm
ラゲッジコンパートメント容量:
● ショートバージョン: 469~3,672リットル
● ロングバージョン: 763~4,053リットル

マルチバンがついに乗用車の域に

「T4」で、フォルクスワーゲンは人気のバンを乗用車セグメントに近づけた。しかし、すべての派生モデルは商用車のプラットフォームを共有していた。2021年、フォルクスワーゲンは「Tシリーズ」を3つの柱で構成した。ベースは引き続き現行の「T6.1」で、トランスポーター、カラベル、カリフォルニアとして、商用車およびキャンパーバンとしての要件を満たし続けた。

「マルチバン」は「T7」として、ゴルフのベースにもなっている「MQB Evo」プラットフォームに変更された。最新のゴルフインフォテインメントと最新のアシスタンスシステムに加え、フロアアッセンブリーは主にマルチバンを電動化するオプションを提供する。これにより、「Tシリーズ」で初めてプラグインハイブリッドモデルが実現した。最後の柱はオール電化の「ID.Buzz」で、カーゴバージョンとしてモジュラー電動ツールキット(MEB)も採用されている。

ディーゼル1モデルとガソリン1モデルのみ

パワートレインに関しては、VWは市場導入時にまだプラグインハイブリッドモデルをラインナップしていたが、国の補助金廃止に伴い、2023年8月には提供されなくなった。また、136馬力のエントリーレベルのガソリンエンジンもラインナップから外され、ディーゼルに装備されていた全輪駆動も廃止された。

プラグインハイブリッドに加えて、150馬力のディーゼル、136馬力と204馬力の2つのガソリンエンジンもある。

残るは204馬力、最大トルク320Nmの2リッターガソリンエンジンのみ。このエンジンは、「ポロGTI」、「ゴルフGTI」、「ゴルフR」にも搭載され、エンジンコードは「EA888」である。すべてのエンジンは7速DSGと組み合わされる。さらに、排気ガス浄化用の2つのSCRキャットを備えた2リッターTDIがエンジンレンジを完成させた。150馬力と360Nmの推進力がディーゼルエンジンから供給される。

VW T7のエンジン一覧:
ガソリンエンジン:
● VW T7 マルチバン 2.0 TSI OPF
パワー: 204馬力
トルク: 320Nm
トランスミッション: 7速DSG
ディーゼルエンジン:
● VW T7 マルチバン 2.0 TDI SCR
パワー: 150馬力
トルク: 360Nm
トランスミッション: 7速DSG

ゴルフ8インフォテイメント搭載マルチバン

「VWバス」のコックピットはかつてないほどデジタル化されている。基本的にVWグループは「ゴルフ8」のスクリーンやステアリングホイールを含むダッシュボードを新型マルチバンに移植した。操作面では、ほとんどのボタンがなくなり、タッチパネルに置き換えられている。ただし、ステアリングホイールにはマルチファンクションボタンが残されている。

10.25インチのモニターがデジタルコックピットとして機能し、インフォテイメントシステムは10インチのタッチスクリーンで操作する。App-Connectによるスマートフォン接続は、ベーシックバージョンですでに可能となっている。

T7コックピットはゴルフ8に由来するもので、クラシックなボタンに代わって多くのタッチパネルが採用されている。

「T7マルチバン」はVWバスにふさわしく、運転席と助手席にはアームレストも用意され、上級装備ラインでは標準装備となる。将来的には、マルチバンではDSGギアシフトはトグルスイッチでのみ選択できるようになり、セレクターレバーや機械式ハンドブレーキはなくなる。モデルチェンジに伴い、電動パーキングブレーキに置き換えられる。希望に応じて、インテリアの雰囲気はゴルフよりも重厚になる。装備によっては、バスに居心地の良さを与えるウッド調の装飾も用意されている。

リアベンチの代わりにシートヒーター付きキャプテンシート

しかし、これまでマルチバンの全モデルに標準装備されていた3人掛けのリアベンチシートは「T7」には採用されず、ハノーバーに本社を置く同社が提供するスライド式の個別シートが採用された。これはバスが寝るスペースを失うことを意味するが、モジュラーインテリアコンセプトによって補われる。

マルチバンからリアベンチが姿を消し、個別のキャプテンシートになった。

フロアのレールシステムは、さまざまなシートポジションを可能にし、電源が装備されている。このため、必要に応じてオプションでシートヒーターを装備することもできる。

マルチバン初のパノラミックガラスルーフに加え、リアで最大のハイライトとなりそうなのが可変センターコンソールだ。車体のほぼ全長にわたって移動可能で、収納スペースに加え、2つのテーブルを備えている。

使用する場所を移動させることで、必要に応じてコンソールを2つのフロントシートの間にスライドさせることができ、バンで初めて運転席と助手席の間に収納スペースを提供する。

アシスト: MQBがマルチバンを半自動で動かす

新しい乗用車用プラットフォームにより、新型マルチバンには現在フォルクスワーゲンの他のモデルで提供されている安全システムがほぼすべて組み込まれている。トラベルアシスト」は、アダプティブクルーズコントロールと車線維持システムなどの機能をリンクさせている。これにより、バスは半自動運転を行うことができる。

新型 VW T7 の MIB 3.2 とフルコネクティビティ

「ゴルフ」と同様、「マルチバン」のインフォテインメントはMIB 3.2をベースにしている。フルデジタルのインストルメントクラスターに加え、バンのシステムも10インチのタッチスクリーンで制御される。また、ヘッドアップディスプレイを搭載した。

どの装備バリエーションを選択しても、基本インフォテインメントシステムには「Ready 2 Discover」が採用される。このシステムには無料のeSimカードが内蔵されているため、常にオンラインで利用できる。ナビゲーションはここでは利用できないが(後ほど車内で追加可能)、App-Connectを使ってヘッドユニットのApple CarPlayやAndroid AutoからGoogle MapsやApple Mapsにアクセスできる。

MQB-Evoプラットフォームは、マルチバンにも多くのアシスタンスシステムを提供する。

「ウィコネクトプラス」有料サービス

車両と携帯電話を接続したい場合は、”We Connect Plus”サービスを有料で利用することができる。このサービスでは、携帯電話からマルチバンの施錠・解錠や車内のエアコンを操作することができる。

携帯電話はUSB-Cソケットを介して車両に接続され、音楽ファンは14個のラウドスピーカーと840ワットの出力を備えたオプションのHarman Kardon(ハーマンカードン)サウンドシステムを利用できる。

安全性もコネクティビティに一役買っている。ゴルフ8と同様、マルチバンもCar2X通信機能を備えているため、他の車両や近隣の交通インフラとネットワーク接続することができる。

マルチバンはティグアンのようなハンドリング

「T7マルチバン」は1.4リッターという控えめな排気量にもかかわらず、私たちが運転したプラグインハイブリッドは優れた操縦性を誇る。電動モーターとの組み合わせで最大218馬力を発揮し、最大50kmを純粋に電気のみで走行する。

7速DSGは、負荷がかかったり、坂道でシフトダウンするとエンジンに高回転を要求するだけで、マルチバンの居心地の良いキャラクターには特にそぐわない。そのため、ゆったりとしたペースで巡航した方が、快適で、リアのロールノイズや風切り音がそれほど気にならない。

全体として、その大きさにもかかわらず、ドライビングエクスペリエンスは「ティグアンeハイブリッド」に匹敵する。

私たちの試乗車にはオプションのアダプティブサスペンションが装着されていたが、特に広い広がりはなく、コンフォートモードでも少しバンピーに感じる。しかし全体としては、この種の車の中で最もアクティブな車のひとつであり、ワインディングロードも難なくこなす。

結論:
牽引力、積載量、サイズ、可変性、航続距離、スペースの有効活用という点で、「マルチバン」は無敵だ。日常のあらゆるシーンで活躍する本物の「VWバス」を探しているなら、このクルマしかない。150馬力のディーゼルと7速DSGがあれば、長距離を素早く経済的に走ることができる。引き伸ばされた「MQB」プラットフォームが、しなやかさに欠けるのが残念だ。購入価格だってまだ納得できる。しかし、リセールの見通しはバラ色ではない。

Text: Andreas Huber and Malte Tom Büttner
Photo: Volkswagen AG