【動画付き】新着情報 ニッサンから世界最小のSUV ニッサン マグナイト コンセプト

71

ニッサン マグナイト(Magnite)コンセプト(2021): ミニSUV、プレゼンテーション

ニッサンからの最小SUVの幕開きだ。マグナイトは、ニッサンが世に送る、世界最小のSUVだ。現時点では、「コンセプト」だが、ほぼ見た目は変わらず、生産化に移行するようだ。

慢性的な交通渋滞のある都市では、小型で頑丈な車が切り札になっている。
まさに今、ニッサンが取り組んでいるのはそこだ。
「マグナイト(Magnite)」コンセプトは、世界最小サイズのSUVだ。
2021年には、多くのテクノロジーと様々な駆動オプションを備えた新シリーズの生産モデルが市場に投入されることになっている。
しかし、マグナイトはもっぱら交通渋滞の激しいインド市場を対象にしたものなので、欧州や本国日本を含めて他のマーケットに投入されるかどうかは定かではない。

全長4メートル未満のマグナイト コンセプトは、現行のVWポロよりも短い。
それにもかかわらず、それは驚くほど大きく見える外観を備えており、特にフロントはかなりアグレッシブに見える。
幅広のラジエーターグリル、細く鋭いヘッドライト、L字型のデイタイムランニングライトが存在感を放っている。

小さな車、ハンサムな外観

この顔は、いまやニッサンの新興国向けブランドであるダットサンからのものとして、同様の形ですでに知られており、マグナイトは元々そのブランド下で販売される予定だったらしい。
前後のアンダーライドプロテクションとプラスチック製のホイールアーチが、頑強な印象を与えている。
ワイドなCピラーとカラーコントラストのあるルーフは、ボルボXC40を彷彿とさせる。マグナイトはまだ研究開発中だが、ニッサンによれば、標準仕様はわずかな変更を加えただけで発売される予定だという。

マグナイト(Magnite)は、マグネティック(Magnetic=磁気)とイグナイト(Ignite=点火)を合体させたものだ。

100馬力以下の3気筒ガソリンエンジン2基

日本メーカーは、マグナイト コンセプトのインテリアはまだ公開していない。
標準仕様では、おそらくクルーズコントロールや8インチのタッチスクリーン、スマートフォンとの接続、360度カメラを備えたインフォテイメントが搭載されるだろう。
また、空間をインテリジェントに利用することで、室内は広々とした空間になるだろう。インドのメディアによれば、駆動方式は3気筒の2種類のガソリンエンジンが用意されるという。
エントリーモデルはどうやら1リッター73馬力バージョンで、その上に1リッター96馬力のターボ3気筒エンジンバージョンが用意されるようだ。
シフトは手動の5速トランスミッションか、エンジンによっては自動マニュアルかCVTトランスミッションで行われる。
マグナイトは2021年1月からインドで発売される予定だ。
ニッサンはまだ価格を発表していないが、価格発表が楽しみだ。

ともかく、今までダットサンというブランドの使い方が、雑で間違いであったとしか言いようがないため、このマグナイトで少しでも挽回できることを祈る。

プラスチック製のホイールアーチは、駐車場の段差にも深刻なダメージを与えることなく耐えることができる。

Text: Moritz Doka