スポーティなBMW製コンパクトSUV「BMW X2 M35i」と「BMW iX2」の性能評価!

335
- Advertisement -

新型BMW X2 M35iとiX2をテスト。荒削りなエッジを持つ風変わりなBMWのコンパクトSUV。2018年からX1の兄弟として世間を騒がせているBMW X2。2代目ではハイブリッドは廃止されたが、静かな電気駆動から欲望に満ちたM35iまでラインナップされた。

「BMW X2」は、2008年から大型の「BMW X6」が重要な役割を果たしたカテゴリーに属する。BMWはこれを「スポーツアクティビティクーペ」、略して「SAC」と名付けた。好きになる必要はないが、好きになることはできる。

そしてドイツでは、昨年モデルチェンジを控えた初代「X2」を4,646人の顧客が選択した。

ボディ&インテリア: X2は著しく成長した

BMW通でなくとも、プラットフォームの兄弟車である「X1」との違いはわかるだろう。「X2」は獰猛に見え、型破りに変更されたダブルキドニーグリルは2代目の顔にも採用されている。リヤエンドは、さらに極端だ。先代がどちらかといえば上級コンパクトクラス的な外観だったのに対し、新型はスペースを犠牲にすることなく、よりクーペ的な外観になっている。全長が20cm延長されたおかげで、トランクスペースも以前より、525~1400リットルに拡大した。

トランク容量は525~1400リットルで、前モデルより50リットルほど多い。

ドライバーが普通の身長なら後席のスペースはそれなりにある。しかし、1.90メートルを超えると窮屈になる。それがクーペスタイルの代償である。

後席の天井は低いが、ドライバーが身長1.73メートルのテスターなら後席のスペースは十分にある。

インテリアには2023年11月以降の「X1」と同じようにアンドロイドベースのインフォテインメントシステムが採用されている。ユーザーインターフェースは以前と同じだ。しかし、システムのパフォーマンスは少し低下し、ロード時間が長くなることがある。

Mスポーツパッケージに含まれるダンパーシステムFSDは、標準のサスペンションよりもいくらか適応性が高いことを意図している。ただし、ボタンひとつで調整できるものはない。

X2 M35iでファーストドライブ:BMWはスポーティ志向に本気だ

スポーティな「X2 M35i」にも同じシステムが搭載されているが、もちろんかなり硬めだ。2リッターターボは7速デュアルクラッチと組み合わされ、スポーツモードに切り替えるとギアチェンジが明らかに鋭くなる。4本出しのエキゾーストシステムは、外からは聞こえるが、室内ではほとんど聞こえない。せいぜい、ドライバーがアクセルから足を離したときにミスファイアが聞こえる程度だ。

X2 M35iのMスポーツシートは、ドライバーと助手席乗員を確実にホールドする。

逆にアクセルとブレーキを踏み、標準装備のローンチコントロールを作動させれば、最高出力300馬力、400Nmを発揮する2リッターターボガソリンエンジンのおかげで、0から時速100kmまで5.4秒で加速することができる。フロントアクスルのトルセンロックは、タイトなカーブから加速する際に役立つ。本気なら、バネ下重量の軽減とレーストラックでの安定性向上のためにコンパウンドブレーキを注文しよう。「X2 M35i」の最高速度は電子制御で250km/hに制限されている。

X2 M35iにオプションのコンパウンドブレーキでは、ディスクがより早く冷えるように取り付けられている。さらに、ブレーキパッドは高温用に設計され、重量も軽くなっている。

残念な点: すでに述べたように、BMWは11月から「X1」と「X2」のインフォテインメントをアンドロイドプラットフォームに依存している。また、これにより車載アプリの選択肢が大幅に増えるはずだと強調している。しかし、ラップタイマーなどの「M」専用アプリケーションは、依然として「本物の」Mモデル専用となっている。

M35iのみ4本のテールパイプを持つ。

価格:特にトップエンジンは高い

「X2」のエンジンレンジは、「X1」と直接比較するとやや狭い。プラグインハイブリッドはラインナップになく、「M」バージョン以下の最もパワフルなディーゼルおよびガソリンエンジンもない。

コックピットは基本的にX1と同一である。

BMWが再びシステムをアップデートする可能性は否定できない。しかし、アンドロイドシステムの最大の利点は、「BMWコネクテッドストア」で利用できるアプリが増えたことだ。

電気自動車iX2に初試乗: 全輪駆動モデルはM35iよりさらにパワフル

BMWは新型「iX2」で2種類の電気自動車を発表した。今回、我々は、よりパワフルなほうに乗ることができた。2基の電動モーターは313馬力を発生し、その原理は「iX1」からすでに知られている。重量約2トンの「iX2」を5.6秒で100km/hまで加速させ、最高速度は180km/hに達する。

イルミネーテッドグリルは、X2とiX2のフロントにも追加料金で装着される。

「iX2」はワイドな245タイヤのおかげで長時間ニュートラルな状態を保ち、ホイールスピンを素早く丁寧に制御する。スプリングとダンパーは、オプションの20インチホイールと連動して、節度ある硬さを持ちながら、段差を軽々と飲み込んでいく。

  • sDrive 20i(170馬力、46,400ユーロ=約745万円から)
  • M35i xDrive(300馬力、63,800ユーロ=約1,020万円から)
  • sDrive 18d(150馬力、46,850ユーロ=約750万円から)
  • xDrive 20d(163馬力、4万9950ユーロ=約800万円から)
  • sDrive20 iX2(204馬力、49,400ユーロ=約790万円から)
  • xDrive30 iX2(313馬力、56,500ユーロ=約905万円から)

結論:
X1ではスポーティさに欠けるし、かといってX4では高すぎる。洗練されたドライブは魅力的だが、自信に満ちた価格ポリシーには余裕がなければならない。

Text: Jonas Uhlig
Photo: BMW AG