【この512BBなんぼ?】45年前のワイルドな「フェラーリ 512BB ケーニッヒスペシャル」販売中!

10747
- Advertisement -

フェラーリ512 BBケーニッヒスペシャル(1980):Ferrari 512 BB Koenig Specials(フェラーリ512 BBケーニッヒスペシャル)が売りに出た!ホワイトペイント、レッドレザー、ワイドボディキット、カーフォン、450馬力。このフェラーリ512 BBケーニッヒスペシャルズは、気弱な人には向かない。しかし、ひとつだけ確かなことは、これ以上人目を引くものはないということだ!

注意、このフェラーリは内向的な人には向かない! 1980年代、”普通の”「フェラーリ512 BB」では物足りないという人は、自信を持ってケーニヒススペシャルに頼ることができた。このエクストリームチューナーは、ワイドボディキット、エンジンチューニング、自動車電話、音楽システムで、イタリアンスポーツカーをローリングステートメントに変身させた。さらにポケベルまで装着されていた!

「ケーニッヒ スペシャル」は1977年にウィリー ケーニッヒによって設立された。しかし厳密に言えば、ケーニッヒがチューニングを始めたのは1974年にさかのぼる。彼の新車「フェラーリ365GT4BB(ドイツに納車された最初の1台)」のパワーが足りなかったからだ。さっそくケーニッヒはスポーツエキゾーストシステムを取り付けたが、それでも思うようにパワーが上がらなかったため、古典的なエンジンチューニングに踏み切った。鍛造ピストン、改良型シリンダーヘッド、新型キャブレターによって450馬力までパワーアップし、ついでにウィングエクステンションやリアスポイラーなども開発した。

「ケーニッヒスペシャル」の礎が築かれたのである。その後20年以上にわたって、同社は80年代から90年代にかけて最も有名なチューナーのひとつとなった。BMWであれ、メルセデスであれ、ジャガーであれ、フェラーリであれ、「ケーニッヒ スペシャル」とそのワイルドなワイドボディキットによって、まさにスペシャルな1台となったのである。

ケーニッヒスペシャルのワイドボディキットがフェラーリをさらに過激に変身させる。

当時の関係者に絶大な人気を誇った「ケーニッヒスペシャル」のファイバーグラス製コンバージョンは、2000年代初頭には笑われ、時にはとんでもなく安い値段で取引された時期もあった。しかし、この認識は変わった。「ケーニッヒスペシャル」のオリジナルコンバージョンが、チューニングの文化財のような存在になったのだ。そしてコレクターたちは今、これらのクルマに恐ろしい価格を支払っている。

最大の問題は、オリジナルの「ケーニッヒスペシャル」は希少で入手が困難だということだ。当時は多くの車が焼かれたり、使い古されたり、解体されたりしていた。現在では、ケーニッヒ スペシャルによってアップグレードされたメルセデスモデルが、特に大ブームを巻き起こしている。

クラシックフェラーリのファンにはたまらない

当時も非常に高価だったため、さらに希少なのがフェラーリモデルだ。しかし、高級車ディーラー「DDクラシックス」では現在、オリジナルの「フェラーリ512 BBケーニッヒスペシャル」を購入する機会を提供している。フェラーリファンは信じられないと手を挙げるかもしれないが、80年代チューニングカーのファンは大喜びだろう。

1980年にドイツで納車され、その後ミュンヘンのケーニッヒ スペシャルによってリビルトされた「512 BB」は、気弱な人には向かない。そのワイルドな外観は、ホワイトペイントとレッドレザーの組み合わせから始まり、小動物が一晩を過ごすことができるくらいにオフセットされた幅広いリムのBBSクロススポークホイールで飾られている。

真っ赤なインテリアは、白い外装とのコントラストが際立つ。運転席左側の携帯電話に注目。

最初のオーナーはウィリー ケーニッヒにオールインクルーシブパッケージを注文した。1980年当時、これはフロントスプリッター、ウィングエクステンション、ルーフ上部のエアインテーク、ダブルウィングを含む驚異的なワイドボディキットで構成されていた。

450馬力のV12

V12もワイルドな外観に合わせて改良されている。クラシックなスタイルで、鍛造ピストンが取り付けられ、シリンダーヘッドが改良され、新しいキャブレターが取り付けられ、360馬力から450馬力にパワーアップされた。フェラーリによれば、512BBは最高速度302km/hに達するはずだったが、当時のテストではこの数字は達成されなかった。

80年代のチューニング: 当時はこれが最高だった。ケーニッヒスペシャルのコンバージョンは、レッドライトシーンの大物たちに特に人気があった。

しかし、この個体はパフォーマンスよりもルックス重視で、もちろんインテリアもワイルドなエクステリアに合わせてモディファイされている。赤いインテリアのハイライトは、運転席側のシルに設置された有線自動車電話、改造された音楽システム、そして1980年代に合法的な取引に使われたテレフンケンのポケットベルである。

512BBはガレージクイーンではない

過去44年間この「フェラーリ512BB」はガレージに保管されていただけでなく、きちんと運転されてきた。現在、走行距離はおよそ5万8,000km。しかし、売却の準備のために、「512 BB」に適切なメイクアップを施すための費用や労力はほとんど惜しまれなかった。

ハイテク: テレフンケン8015は最初の自動車電話のひとつである。

このスポーツカーはボディシェルまで解体され、改造された。エンジンはオーバーホールされ、ボディは再塗装され、低いフロントエプロンを段差から守るためにフロントアクスル用のリフトが後付けされた。

このフェラーリの価格は35万ユーロ(約5,600万円)と予想されている

素晴らしいコンディションの「フェラーリ512 BB」が、DDクラシックスから約35万ユーロ(約5,600万円)相当で提供される。掘り出し物ではないが、金額以上に重要なのは、新しいオーナーが正しいエゴを持てることだ!

Text: Jan Götze
Photo: DDCLASSICS