【はーるよこい はーやくこい】走り始めたキャンパーがおんもへ出たいと待っている 新型モーターホーム「デトレフ トレンドT 7057 EB」のドライビングレポート

123
- Advertisement -

Dethleffs Trend T 7057 EB(デトレフ トレンドT 7057 EB): ドライビングレポート。この半統合型モーターホームは、3つのモデルレンジの長所を組み合わせたものだ。デトレフスは、ミッドレンジを完全に近代化し、合理化した。コンセプト上、トレンドは3つのモデルシリーズの長所を取り入れ、あらゆる面で最先端を表現している。

おいしいものは3つで、時には4つである。一切れのパンとバター、ひとつまみの塩、そしてチャイブ(蝦夷葱)があれば、おいしい夜食のできあがりだ。必ずしもミシュランの星付き絶品料理や贅沢な料理である必要はない。パンはおいしいし、お腹も満たしてくれる。

最高の休日を過ごすために、必ずしも最も高価でファンシーなモデルである必要はない。材料が適切で良質であれば、少ないほうがいいこともある。クルマは基本性能はもちろん、スタイリッシュで私たちの感情に訴えかけるものでなければならない。多くのモーターホーム愛好家にとって、個人的な要求と予算の理想的な接点であるアッパーミッドレンジの車両を紹介しよう。

対面式のシートグループは、十分なスペースを提供してくれる。

デトレフスのミッドレンジモーターホームについて

「フィアット デュカト」をベースとしたセミインテグレーテッド(半統合型)モーターホームで、アッパーミッドレンジに投入され、約78,000ユーロ(約1,250万円=ショートバージョン)から購入できる。2種類の長さのセミインテグレーテッド(半統合型)モデル5車種と、同等のレイアウトソリューションを持つインテグレーテッド(完全一体型)モデル5車種からなるモデルファミリーの一部で、約9万ユーロ(約1,450万円)から販売される。セミインテグレーテッドモデルのうち3モデルは全長7.41メートル、2モデルは全長6.99メートルである。同等の完全一体型モデルは、フロントマスクの形状に起因するもので、ちょうど1センチ短い。

縦に寝る。シングルベッド2台は、ゆとりのスリーピングエリアを演出する。

シングルベッドのレイアウトは3種類から選べ、1つはダブルの横向きベッド、もう1つは後部にクイーンサイズベッドを備えている。新型「トレンド」は旧型「トレンド」だけでなく、「パルス」と「ジャスト」の装備も備える。大雑把に言えば、旧型「トレンド」は基本コンセプトを「パルス」はスポーティなエクステリアを「ジャスト」はいくつかのレイアウトソリューションを提供した。デトレフスのプレススポークスマンであるヘルゲ ヴェスターは、「新型「トレンド」は、3つのモデルレンジの長所をひとつにまとめたものです」と語っている。

豊富な標準装備にもかかわらず、新型「トレンド」の全モデルが3.5トンクラスであることは喜ばしい。つまり、自動車運転免許を持つ家族全員がハンドルを握ることができ、オーストリアでのトラック追い越し禁止のことを考える必要もない。

デスレフス トレンドT 7057 EBの魅力

私たちは「T 7057 EB」に試乗した。L字型シートに加え、上部構造ドア横の追加シングルシートは、ゲストも座れるが、足を置くのにも適している。ゆったりとした全長のおかげで、スペースの広さは許容範囲を超えている。これはシーティングエリアだけでなく、洗面所やスリーピングエリアにも当てはまる。

ゲスト用: シーティング(座席)グループの上に折りたたみ式ベッドを追加。

後部には長さ2.10メートル以上のシングルベッドが2台あり、幅2メートルの日光浴スペースに変身できる。また、座席の上の天井に置かれるドロップダウンベッドもあり、必要に応じて電動で下げることができる。ただし、その場合、シーティング(座席)グループは使用できなくなる。

旅先でもリラックスして快適に。

家具のデザインは一新され、直線的なキューボイドの基本構造を採用。スプリングキャッチのおかげで、フラットな家具のフラップには金具が見えない。これにより、すっきりとした外観と、フラップを押すだけの便利な開閉が可能になっている。モダンなインテリアコンセプトに合わせて、カーテンはなく、壁はグレーのフェルトで覆われている。車両全体に間接照明を配した凝った照明コンセプトもその名にふさわしい。

両側から荷物の積み込みが可能: 広い後部ガレージ。

サニタリーは2つに分かれている。運転席側には独立したシャワーがあり、向かい側には洗面台とトイレがある。トイレのドアは前方に回転させることができ、就寝エリアとサニタリーエリアをリビングエリアから分離することができる。これなら着替えも簡単だ。ワードローブはベッドの下に配置されている。シングルベッドのレイアウトには、頭上のワードローブもある。収納スペースも豊富で、リアガレージには2つのドアがあり、どちらも片手で操作できる。自転車が2台置けるスペースもある。キッチンの作業面と収納スペースだけが狭く、137リットルのスリムな冷蔵庫は十分な収納スペースを提供している。

デトレフ モーターホームその走り

リラックスして快適。最後に、私たちのテスト車両には9速オートマチックギアボックスが装備されており、140馬力のディーゼルとうまく調和している。試乗車の装備は充実しているが、標準装備は必要最低限で、ウィンターパッケージ、ファミリーパッケージ、GTパッケージを選択する。これには多数のシャシーエクストラとスポーティなエクステリアが含まれる。

Text: Martin Häußermann
Photo: Hardy Mutschler