【お別れツアー】ポルシェ マカン GTSが長期テスト車に加わった マカン最後の燃焼エンジン搭載車を評価する

336
- Advertisement -

お別れツアー:Porsche Macan GTS(ポルシェ マカンGTS)で最初の1000km。長い年月を経て、AUTO BILD SPORTSCARSが燃焼エンジンを搭載したポルシェを長期テスト車に迎え入れるのは、じつは今回が初めだ。その最初の1000kmを走ったインプレッションをお届け。

初のポルシェ?2年前の耐久テストでは、「タイカン ターボS」が登場した。しかし、正直に言えば、「911」、「ケイマン」、「ボクスター」、「パナメーラ」、「カイエン」、そしてアウディをベースとしながらも、「マカン」は長期テスト車として採用したことがなかった。

そこで、最後の内燃機関搭載車「マカン GTS」のお別れツアーと称して長期テストを行うこととなった。新しいオールエレクトリックモデルが発表されたが、私たちはあと数カ月、この成功したモデルを祝福したい。

スポーティなエアサスペンションは称賛に値する。21インチの大径ホイールを履いているにもかかわらず快適性をスポイルしていない。

試乗車の価格は11万5,000ユーロ(約1,850万円)以上

成功モデル?確かに、2014年のデビュー以来、60万台以上が販売されている。そして、そのスポーツシートに、より多くの女性を魅了するポルシェは他にない。

それはともかく、ナンバープレート番号S-GO 6300の「マカン GTS」はあらゆる装備を備えている。最も目を引く追加装備は、パイソングリーンカラー、2,368ユーロ(約38万円)。2番目に目を引くのは、「GTSスポーツパッケージ」で10,472ユーロ(約168万円)。含まれるものは?ピレリコルサ付き21インチGTホイール、ブラックアクセントのスポーティなスカート、スポーツクロノ、トルクベクタリングプラス、スポーツシート、カーボンファイバー、レーステックスステアリングホイール・・・、他には?そう、セラミックブレーキが5,057ユーロ(約81万円)。さらにいくつかのどうでもいいエクストラをつけると、テスト車は11万5,000ユーロ(約1,850万円)を超える。

V6ツインターボは運転が楽しい

エンジンは?「マカン ターボ」が去った後、「GTS」はレンジのトップを形成し、440馬力の2.9リッターV6ツインターボも引き継ぐ。より正確には: エンジンはVW EA839(開発注文のEA)を基に、アウディによって開発され、最初に「パナメーラ」で使用されたユニットだ。

フロントのパワーハウス: 2.9リッターツインターボV6は、440馬力と560Nmのトルクを発生する。

後に、このエンジンは「カイエン」や現行の「RS 4」、「RS 5」にも搭載されることになるが、後者2モデルからも、この6気筒エンジンが決して劣るものではないことがわかる。「マカン」の肋骨はアウディより数キロ太いかもしれないが、今後数カ月間、ドライビングプレジャーに不自由することはないだろう。

マカンは日常的な実用性を印象づける

さて、最初の数日間の仕事と日誌の記入について話そう。鮮やかなグリーンの「マカン」の走行距離は3,407km。そしてそのまま、ラウジッツリンクサーキットでの取材に向かった。

スポーティな荷馬車: 彼の最初の遠征は、写真撮影の機材を積んでラウジッツリンクサーキットでの取材だった。

「マカン」は荷馬車や写真撮影用のクルマとして最適だ。4人+荷物+テスト機材+ヘルメット・・・。行きも帰りも、ドライバーと同乗者は賞賛の声でいっぱいだった。

ツインターボはトルクフルで、マカンの快適性を高めてくれる。ステアリングホイールのロータリーコントロールを「スポーツ」または「スポーツプラス」に回すと、スロットルレスポンスが向上、左のステアリングホイールスポークにある小さなMボタンを押すと本物のスポーツカーに豹変する。

ドライバーとの一体感

そう、マカンは本当に野獣のように走ることができるのだ。トランスミッションは超高速で、ドライで、正確で、明瞭に作動し、他の多くのシステムとは異なり、発進時や操縦時の揺れもない。通常の走行モードでも、この「マカン」は鈍重ではない。3000rpm以下でも、スロットルコマンドにしっかりと反応し、トップエンドでは花火のような音を立てる。

コミュニケーション能力の高いマカンは、ドライバー意志に的確に応えてくれる。しかし、コックピットには意外とアナログ的な要素が多く、ディスプレイには小さな文字が並ぶ。

160km/hが良好な巡航速度で、250km/hや270km/hを超えるトップスピードまでそれほど加速を必要とせずに到達する俊足だ。エアサスペンションは素晴らしく、21インチタイヤを履いていても品格のあるサスペンションを提供し、スポーツプラスモードでも本当に厳しくなることはない。その結果、足元で何が起こっているかをドライバーは把握できる。

そしてもうひとつ、「マカン」は楽しい瞬間には後輪駆動車のように感じられる。それもそのはず、ほとんどの時間は後輪駆動だからだ。いわゆるハングオンオールホイールドライブ(PTM)は、電子制御多板クラッチのロックの度合いに応じてフロントアクスルに駆動トルクを確実に伝達する。

雪道もポルシェなら問題なし

数週間前、別の約束のためにイタリアへ旅行した際、我々は再びこのテクノロジーを試した。高速道路で渋滞が発生し、新雪が積もっていた。私たちはすぐに衛星ナビでバイパスを探し、峠を越えてそれを見つけた。ピレリの冬用タイヤと四輪駆動があれば問題ないはずだ。

イタリアへの初出張の際、マカンは見事に山を駆け抜けた。

そして「GTS」は明らかに雪が大好きだった。美しいスイープで山道を駆け上がり、深い雪のために頂上で「オフロード」に設定し、車高を数センチ上昇させた。そして下りも実に楽しく、常に安全だった。セラミック製ブレーキはモジュレーションがしやすく、ハンドリングは完璧だ。カーブを曲がっては曲がってを繰り返しても、SUVにありがちな臆病な感じはほとんどない。

GTSの燃費は問題ない

ステアリングの切れ角はちょうどよく、フィードバックはほとんど「911」のようだ。麓でガソリンスタンドに直行。マカンの燃費は?上り坂では14リッター(7.1km/ℓ)以上、下り坂では少なくとも10リッター(10km/ℓ)は走る。

GTSは100km走行に10リットル以下(10km/ℓ)は難しい。高速走行では14リットル(7.1km/ℓ)以上を飲む。

「GTS」の性能とサイズを考えれば、それでも十分だ。特に73リットルのタンクで十分な距離を走ることができる。だからすべてがうまくいっている。

結論:
「ポルシェ マカン GTS」を一言で言うと、スポーツカーではないが、高速出張用のスポーティなSUVだ。そして、最初の1,000kmを走り終えたところでは、走行性能はメガで、燃費は許容範囲である。今後数ヶ月間、ポルシェがどのような”振る舞い”を見せるのか、興味津々である。

Text: Guido Naumann
Photo: Lena Willgalis / AUTO BILD