ダッジ ラムはどうだ!?F150と並び称されるUSピックアップ ワイルドなダッジ ラム 1500のドライビングレポート!

159
- Advertisement -

ダッジ ラム1500:アメリカではナンバー3に過ぎない。しかし、エキゾチックなフォード F-150 ライトニングと共に典型的なUSピックアップとして、ダッジ ラム1500はここドイツでも正式に販売されている。

ジョン ウェインは亡くなり、インディアンはとっくにテントをたたみ、幌馬車は博物館の村を通り過ぎるだけだ。ダラスとデンバー一族の土地ほどピックアップが多いところはない。カウボーイであろうと農夫であろうと、石油王であろうと銀行家であろうと、いつも身なりがきちんとしている。

そして将来はもっと良くなる。というのも、ダッジは今、「ラム1500」を大刷新し、「フォードF-150」や「シボレー シルバラード」のライバルとして、新鮮な細胞をふんだんに使って新モデルイヤーに送り込もうとしているからだ。ステランティス帝国のトラクターは、アメリカ市場の約半分を占めるセグメントではまだ3番手にすぎないが、アメリカ以外の地域ではビジネスチャンスがあると見込んでいる。

電気自動車の「フォード F150 ライトニング」を除けば、大西洋のこちら側で67,000~133,000ユーロ(約1,080~2,130万円)の価格で公式に入手可能な唯一のアメリカ車であるため、この処女航海は我々ヨーロッパ人にとっても価値がある。ハンドルを握るカウボーイとしての運転の楽しさは言うまでもない。

ダッジ ラム 1500は、エキゾチックなフォード F-150 ライトニングを除けば、ドイツで正式に販売されている唯一の米国製ピックアップである。

カウボーイブーツを履き、ステットソンをかぶり、高くそびえ立つトラックに乗り込むと、乗り降りを楽にしてくれる電動ランニングボードがありがたく感じる。そして、VWアマロックのようなクルマで日常生活を送らなければならない農家、園芸家、馬の飼育者たちへの哀れみである。

ダッジ ラム1500:上品で広々としたインテリア

VWがブランデンブルクの農家の別荘のように窮屈でスパルタンな印象を与えるのに対し、ラムはドラマ『ボナンザ』のポンデローサ牧場のように高貴で広々としている。運転席は主人公ベンカートライトのウィングチェアのように快適で、巨大なホスでさえ後部のソファでくつろぐことができる。

しかし『ボナンザ』は、パチパチと焚き火の音を聞きながら白黒で走るのをやめて久しい。その代わりに、「ラム」は4Kのデジタルドローンが見られる。見た目は素朴なピックアップだが、アメリカ人はそれを効果的に現代化した: アニメーション化された計器類、その横の巨大な縦型タッチスクリーン、カメラ付きバックミラーだけでなく、初めて助手席用のスクリーンも用意された。

ステアリングホイールセンターには伝統のエンブレム。ダッジ ラム 1500はもはやアメリカの田舎を走るゲタ車ではない。

クルマの周りには半ダースのカメラが備え付けられアシスタンスシステムと連携してラムには、その名にふさわしいオートパイロットまで提供している。少なくとも125,000マイルに渡るハイウェイでは、ドライバーは両手を膝の上に置いて、道路を見つめる必要がない。

地平線に姿を消す前に、かつてバイソンの群れが荒れ狂った平原と同じくらい広くて大きなエンジンルームは、今アメリカ人が毛むくじゃらの牛に涙するように、ボンネットを見てある種の哀愁を感じるかもしれない。というのも、古き良きV8がボンネットの下に搭載されていた時代は終わりを告げ、20年以上経った今、「ヘミエンジン」は廃止されようとしているからだ。

しかし、マクドナルドはいまやビーガンのハンバーガーも売っているし、ロデオではマルボロマンでさえ喫煙が禁止されている。フォードやシボレーと同様、米国市場ナンバー3の「ラム」もまた電気自動車に移行しようとしている。

従来の395馬力から420馬力へとパワーアップした。

ハリケーンと呼ばれる新型直列6気筒

それまでは、大型ジープにも搭載される「ハリケーン」と呼ばれる新しい直列6気筒エンジンがその仕事を引き継ぐ。排気量は5.7リッターではなく3.0リッターしかなく、ZZトップやリナード スキナードのサザンロックというよりは、ガース ブルックスのカントリーポッパーズのようなサウンドだ。しかし、心が痛む一方で、脳は大幅に改善された走行性能と顕著な低燃費を喜ぶ。

395馬力の代わりに、標準バージョンでさえ420馬力と最大635Nmを発揮する。さらに「高出力」では540馬力と700Nmを発揮する。この巨体はほとんどパワーハウスと化し、キックダウンと同時に加速を始め、他の多くのトラックを難なく追い抜いていくが、ほとんどすべてのアメリカンピックアップがそうであるように、時速160kmキロあたりで電子制御装置が自動的に減速する。

そう、加速はすさまじく、最初の数回のキックダウンは純粋にスリル満点だ。しかし、「ラム」のハンドルを握っているとすぐに冷静さを失い、代わりに座席の間にあるコーラのバケツに入った氷の山のように距離が溶けていく崇高な感覚を楽しむことになる。特に、このピックアップにエアサスペンションが装備されていれば、最悪の高速道路や脇道でさえも恐怖を取り除くことができる。

小型化されたエンジン、優れたインフォテインメント、そして半自動運転によって、ラムはピックアップトラックを未来に救うためにテスラもリビアンも必要ないことを証明している。

そして、少なくともテキサス州では、標準的なガレージサイズの車を運転していることを人々はすぐに忘れてしまう。全長6.20メートルのラムの後ろでさえ、ウォルマート&カンパニーの駐車場にはまだ1~2メートルのスペースがある。 結局のところ、このようなピックアップはここではコンパクトまたはミッドレンジであり、もっと長いものが必ずあるのだ。

遅くとも夏には、新型「ラム」がやってきて、曲がりくねった旧市街や狭い駐車場で苦労することになるだろう。特にドイツではファンが多く、EU圏の全輸入車の50%がハンブルクとミュンヘンの間を走っている。

結論:
もちろん、ピックアップと言えば、「テスラ サイバートラック」や「リヴィアンRT-1」、そしておそらく「F-150ライトニング」が真っ先に思い浮かぶだろう。しかし、小型化されたエンジン、優れたインフォテインメント、そして半自動運転によって、「ラム」はピックアップトラックを未来に救うのに、テスラもリビアンも必要ないことを証明している。アイデアは古くても、クルマは永遠に若いままなのだ。

Text: Thomas Geiger
Photo: Stellantis