新型「ミニ カントリーマン JCW」をテスト 第3世代カントリーマンのファーストドライブの結果は?

306
- Advertisement -

ミニ カントリーマンJCW:このミニはマキシになる。家族がいるのなら、ミニで一番大きなモデルしか欲しくはないだろう。第3世代カントリーマンのファーストドライブの結果は?全方位に大きくなったカントリーマン。インテリアのボタン類が減った。

小型車に大金を注ぎ込むのが好きな人にとって、伝統的にミニに勝るところはほとんどない。キュートなルックス、歯切れのいいシャシー、誇らしげな価格 – これほど単純な特徴を持つ車は他にない。

いずれにせよ、今朝、主催者側がプレゼンテーション小屋の前に置いた、屋根にサーフボードを載せたオリジナルのダークブルーのミニの前を通り過ぎる人はほとんどいない。ほとんどの人が微笑んだり、写真を撮ったりしている。ミニはそのルーツと有効性を認識しているのだ。

ボディワーク: あらゆる方向に成長するカントリーマン

今日は、ミニの後継車ではなく、新型「カントリーマン」の話をしよう。BMW MINIは、2010年にSUVの兄弟を導入した。大きなミニに大金を注ぎ込むのが好きな家族持ちのために。

もしあなたが筆者のように身長が1.73メートルしかないのなら、カントリーマンのリアには十分なスペースがあるだろう。ベンチシートは移動可能で、背もたれの角度は6段階に調節できる。

カントリーマンは市場投入以来、4.10m(初代)から4.30m(2代目)へと着実に成長しているのが印象的だ。新型は13cm長くなっただけでなく、天地方向にもさらに8cm伸びている。全幅と全高では、ほぼ「VWティグアン」サイズになった。

トランク容量は505~1530リットル。

インテリア: 少ないボタンと”自動車初の丸型有機ELディスプレイ”

操作面では、ミニは現在自動車メーカーの間で流行しているものに近づいている。ボタンの数は減っているが、ありがたいことにステアリングホイールには本物のボタンが残っており、これはミニの伝統に従って2本スポークになっている。

ミニは素材に工夫を凝らし、”ニット”なダッシュボードは数種類のカラーコンビネーションから選べる。オプショナル:ヘッドアップディスプレイと、中央ディスプレイの後ろに設置され、パターンを投影できる小型プロジェクター。

上級トリムを選ぶと、3本目のスポークのように見えるが、結局は装飾的な要素である、細かくテンションのかかったベルトも付いてくる。ヘッドアップディスプレイとダッシュボードにパターンを投影する小型プロジェクターは、追加料金でのみ利用可能。

新しいインフォテインメント(Mini OS 9)がアンドロイドで動作することで、アプリの選択肢が増えるはずだ。かつて車載用に開発されたアプリケーションも簡単に採用できる。しかし、新しいシステムの多くはまだかなりぎこちなく動作する。

それとは別に、「カントリーマン」は、エアベントやLEDヘッドライトなど、内外ともに角張った外観になった。ピクセルグラフィックでデザインされたリアライトと同様に、このライトシグネチャーは3つのモードで調整できるようになった。

ドライビングインプレッション: 最もスポーティなカントリーマンは田舎道向き

カントリーマンのモデルレンジの中で最も速い: ジョン クーパー ワークスの2リッターターボガソリンエンジンは、300馬力、400ニュートンメーター、全輪駆動でアタック態勢を整え、5.4秒で0から100km/hに到達するローンチコントロールなどのギミックを備えている。インフォテイメントが「ウフフフ!」とマリオカートのような掛け声で告げるゴーカートモードでは、スロットル、ブレーキ、ステアリング、7速デュアルクラッチのギアチェンジが際立ってシャープになる。

300馬力、全輪駆動、フロントアクスルのトルセンロックなど、ミニは4.43メートルの全長と1.7トンの大きな「ミニ カントリーマン」に命を吹き込んだ。

4気筒エンジンは、特に中回転域で力強いパンチを発揮し、テールパイプから「ポーン、ポーン」と音を発する。8つの走行モードにはそれぞれゴーカートモードのようなジングルがあり、時には静かに、時には激しく鳴る。幸いなことに、インテリアのラウドスピーカーからのバックグラウンドサウンドのように、これもオフにすることができる。

パフォーマンスブレーキを装着する場合、タイヤは最低でも20インチでなければならない。JCWには19インチ、ベースモデルには17インチのタイヤが標準で装着される。

サスペンションの硬さは変わらず、社会的にはまだ許容範囲だが、先代モデルのような調整機能はもはやない。フロントアクスルの機械式トルセンロックやハイグリップのP-ZEROタイヤなど、真にスポーティな装備は、高い着座位置とはやや相反するが、全体的なパッケージは依然として面白い。もし望むなら、7,900ユーロ(約126万円)の巨大な「XL」パッケージには、フロントに4つのピストンを備えたコンパウンドブレーキシステムまで含まれる。

価格: ベースモデルでもトップモデルでもミニは鞍替えする

大金を払いたくない人のために、ミニはさらに多くのエンジンを用意している。カントリーマンは初めて、全輪駆動で313馬力のオールエレクトリックモデル、あるいは前輪駆動で204馬力のモデルも用意された。プラグインは廃止され、163馬力のディーゼルエンジンは前輪駆動のみとなった。

以前はフロントフェンダーにモデルに関する情報が記載されていたが、現在はリアとリアウインドウの間に移動している。

エントリーモデルは3気筒170馬力の「カントリーマンC」となり、価格は39,900ユーロ(約640万円)から。しかし、基本的なエッセンシャル装備は実にまばらだ。「クラシック」にアップグレードしたい人は、少なくとも42,300ユーロ(約676万円)を支払う必要がある。218馬力の「S」をスキップして「JCW」を選ぶなら、最低でも56,500ユーロ(約905万円)を支払うことになる。キュートなルックス、シャキッとしたシャシー、誇らしげな価格、まさにミニだ。

結論:
大型ミニがドライビングダイナミクスの面で印象的であることは、今に始まったことではない。「カントリーマン」は、家族への適合性、インフォテインメント機能、そして「JCW」の場合は約3,000ユーロ(約50万円)のエクストラで手に入れることができる。
AUTO BILDテストスコア:2

Text: Jonas Uhlig
Photo: BMW AG