【このロールスなんぼ?】真のラグジュアリーサルーン 一度は所有してみたいロールス・ロイス 1979年製シルバーシャドウ販売中!

3056
- Advertisement -

ロールス・ロイス シルバーシャドウ2の中古車:Rolls Royce Silver Shadow 2(ロールス・ロイス シルバーシャドウ2)は、王室の移動の夢を叶える完璧な方法だ。そんな高貴な車がeBayで、18,000ユーロ(約290万円!)で売りに出されている。

友人にハンドルを握らせ(ちなみにこのロールス・ロイス シルバーシャドウ2は右ハンドル)、後部座席から優雅に手を振る。そんな夢を叶えたいなら、eBayに出品されているこの中古「ロールス・ロイス・シルバーシャドウ2」を見てみよう。

バーデン=ヴュルテンベルク州グータッハの出品者は、このイギリスの高級車に18,000ユーロ(約290万円)の買い取り価格を提示している。出品者の説明によると、この45年落ちのロールス・ロイスの走行距離は13万kmとのことだ。

1979年式ロールス・ロイス シルバーシャドウ2、車検付き

売り手によると、売りに出されている「ロールス・ロイス シルバーシャドウ2」の中古車は、イギリスの高級サルーンの「手入れの行き届いた、人気のあるバージョン」だと言う。1979年に製造されたこの車両は、つい先ごろ、車検を取得し、試乗が可能だと言う。

このロールス・ロイス シルバーシャドウ2の中古車は、本物の英国車にふさわしく、ハンドルが右側にある。

売り手はまた、車両が良好な状態で、Hナンバー(クラシックカーライセンス)プレートが付いていることを約束している。

この「ロールス・ロイス シルバーシャドウ2」は、排気量6,750ccの8気筒ガソリンエンジンを搭載している。もちろん、オートマチックギアボックスがパワーを供給する。伝統的にロールス・ロイスは性能データを秘密にしており、知りたい人は「十分」という仕様で満足するしかなかった。

ロールス・ロイス シルバーシャドウ2について知っておくべきこと

1977年春、ロールス・ロイスは第2世代の「シルバーシャドウ」を発表した。先代と比較して最も重要な革新は、再設計されたラジエーターグリル、大型のエクステリアミラー、プラスチックで覆われたバンパーであった。細長いボンネットの下にはおなじみのV8が搭載された。サルーンに加え、クーペとコンバーチブルも用意された。

Text: Thomas Arndt
Photo: sude13 / eBay