【超カッコいい!】レーシングポルシェ マルティニ ポルシェ924 S クラシックカー走行会で魅せたそのダイナミックな走りとは?

1543
- Advertisement -

ポルシェ924 S:マルティニ ポルシェ924 Sでサーキット走行。ポルシェとレース、完璧に結びついた関係?オッシャースレーベンで開催されたクラシックカーのサーキット走行会の体験レポートだ。

自動車専門誌の読者であれば、自動車が単なる移動手段ではないことは説明するまでもないだろう。クラシックカーのガレージやコレクションを、ガソリンの血が流れる人たちと一緒に歩き、貴重な展示品の歴史について哲学したり、過ぎ去りし日の武勇伝を語り合ったりするとき、私はいつも同じ願いを抱く!

クルマ仲間のトーステン ハーバーマイヤーから、オッシャースレーベンで「ポルシェ924」に乗ってサーキット走行しないかと誘われたとき、私は即座に“イエス”と答えた。この情熱的なレーシングドライバーはフルタイムの消防士であるが、彼のレース経験には「フォーミュラ ルノー3」とマルティーニレーシングデザインの「ミニ クーパー」がある。

プロのレースサーカスのような週末。ガソリンの話、点検、タイヤ交換、そのあとのマティーニ。キャンプよりもいい。

「ポルシェ924」か「944」が彼の欲しいものリストの上位だった。2リッターのアウディや主婦用ポルシェのことを考え始める前に、これはポルシェが1976年に発表したトランスアクスルのアップデートである。1985年以降、「924 S」は5穴アクスルとワイドな「944」用の2.5リッターポルシェ4気筒エンジンを搭載し、「924」シリーズの頂点に君臨した。ポルシェは1985年から1988年にかけて約16,000台を販売した。

レーシングマシン

1987年に発売されたトーステンの「924 S」は、バーデンバーデンのポルシェエンジニアの手によって、公道ライセンスはないものの、DMSBの承認を得てプロ仕様のサーキットツールに改造された。工場出荷時からすでにレース仕様だったこの車には、ビルシュタイン製ダンパー、パワーフレックス製サスペンションブッシュ、ヴィヒャーズ製ストラットブレースとロールケージを備えたH&R製サスペンションが装着されていた。

標準のエンジンは、マニホールドとステンレススチール製のエキゾーストシステムが装着されただけで、数馬力が追加された。これで十分なはずだ。すべてのシステムはグリーンゾーンで作動し、ポルシェはコース上でスムーズだ。ホームストレートで黄色い「VWビートル」を追い抜くと、レブカウンターは5000rpm弱を示す。次の左カーブの手前で190km/hから120km/hに減速すると、レーシングブレーキパッドを装着したインターナルベンチレーテッドブレーキディスクは、フェードアウトすることなくスムーズに減速する。3速ギア、パワーステアリングなしではわずかにオーバーステアだが、カーブを曲がって思わずニヤリ。

5速はお休み

トランスアクスルの最適化された重量配分が功を奏している。シュトゥットガルトの後輪駆動ではステアリングを大きく修正する必要があるが「924」ではまるで滑っているかのように感じられるからだ。次のギアは、フルパワーが得られる5800rpmで切り替わる。3000rpmで190Nmのトルクは路面に好影響を与え、コントロールされたカウンターステアによるリラックスした加速を楽しむことができる。

標準装備の2.5リッター4気筒エンジンは、エキマニ、スポーツエアフィルター、ステンレススチール製エキゾーストを備え、165馬力を発揮する。

もし、バックミラーに映る2台のアルファが、ガラス張りのテールゲートのスリップストリームを神経質にキョロキョロと見回していなかったら・・・。私はすべてのカーブで、コントロールを失うことなくグリップの限界に達する。ギアは全行程で4速あれば十分で、5速目は、今日はお休みだ。

数km走ると、私はクルマに慣れ、ラップタイムはどんどん速くなっていく。トーステンと私は、40人のドライバーとそのマシンが1日に数回、サーキットで名声と名誉を競い合うオールドタイマーとヤングタイマーのグループを交代でドライブする。これはサーキットデイであってレースイベントではないため、戦いの材料は限られている。参加者は本物のレーシングカーだけでなく、一般公道走行可能なスポーツカーも含まれる。

オッシャースレーベンのピットレーンでポルシェ924を駆る筆者。

2018年からデニス ミュヘとともに様々なサーキットでクラシックカーのトラックデーを開催しているアンドレアス カスパー クーンは言う。「雰囲気はリラックスしたカジュアルなもので、楽しむことがすべてであり、最終的にはクラシックカーを正しい方法で運転できることを自分自身に証明することになる」と。そしてガレージに戻り、仲間たちがマルティニを飲みにやってくると、たくさんの武勇伝が語られる。

Text: Helge Thomsen
Photo: Klaus Merz