【クラシックカーの偽物】超希少なメルセデス300SLロードスター? クラシックカー偽造業者の悪質な手口とは?

15899
Photo: Kienle Automobiltechnik GmbH
- Advertisement -

クラシックカーのニセモノ: 犯罪者たちはどのように車を操作して数百万ユーロ(数億円)を稼ぐのか?クラシックカー偽造業者の悪質な手口。最近、メルセデス300SLの偽造車と見られる2台がクラシックカーシーンを騒然とさせた!

最近、「メルセデス300SLロードスター(W198 II)」の偽造事件が2件発生し、クラシックカーシーンを震撼させた。どちらも数百万ユーロ(数億円)もする車であり、その2台は同じシャーシナンバーだった。両事件とも、シュヴァーベン州ハイマーディンゲンのKienle Automobiltechnik社が関与していたようで、家宅捜索まで行われた。

同社はその後、清算された。その後、ダイムラーのクラシックカー部門である「メルセデス ベンツ ヘリテージ」が、会社の一部、スペアパーツの豊富な在庫、従業員の一部を引き継いだ。クラシックカーの偽造が法的にどのように扱われるかは現在のところ不明である。また、そもそもシャーシ番号の重複がどのようにして発生するのかという疑問もまだ解明されていない。クラシックカー偽造の手口は未解決のままだが、ここで詳しく見てみよう。

クラシックカーの模造品が数百万ユーロ(数億円)を稼ぐ方法

検証可能な歴史を持つオリジナルの車には高額が支払われるが、これは2台の「300SL」の場合も同じだった。このような高級クラシックの贋作がなぜ価値があるのか、このことが説明できる。

ジュネーブモーターショーの歴史的写真: 1961年、スイスのメルセデスブースに展示された300 SLロードスター。
Photo: DPA

事件が次々と明るみに: アーヘンにある現在は清算された会社「スクーデリアM66」の代表だったウーヴェ・N.に対して、2019年に大規模なポルシェ偽物の裁判が開かれた。彼は家宅捜索で逮捕され、勾留されていた。

スクーデリアM66ポルシェの偽造はどのように行われたのか?

スクーデリアM66の犯罪には、おそらく約1億ユーロ(約160億円)が関与していた。告発内容: 暴力団と商業詐欺。グループ全体が、スクラップ可能なポルシェのスポーツカーやレーシングカーをコレクターズアイテムに仕立て上げたとされている。

アーヘンの検察当局によると、彼らは車を作り上げ、偽のシャーシナンバーをつけたという。疑惑によると、元ポルシェマンのウーヴェ・Nは、それぞれの時代のタイプライターを使って偽の車両書類を作成するのを手伝った。

模倣品の愚かさ: 300SLロードスターは、オリジナルの”ファンタジーイエロー”のペイントカラーを長く保つことはなかった。
Photo: Robert Kah/Depot3

この事件は、アーヘン近郊のデュレン道路交通事務所への密告によって発覚した: そこではいつも同じ職員が車を登録していたという。つまり、このような有料の保証人がいなければ詐欺は成立しないのだ。判決はまだ係争中である。

偽造されるのは高価なクラシックカーだけなのか?

ベントレーの「ブロワー」から「ポルシェ917」までのレーシングカーや、メルセデスの「ガルウィング」や「911カレラRS 2.7」などの「アイコン」が典型的な候補だが、詐欺に遭う危険性があるのは大富豪だけではない。「ビートル」、「アヒル(2CV)」、「ミニ」、小型のフィアットなども犯罪的に改造されている。その労力は、多くの素人が思っているよりも少ないことが多い。

盗難車の場合、新しいシャーシナンバーを打ち込むだけで十分なことが多い。あるいは、「メルセデス/8」のオーナーがシートベルトを後付けする気になれず、製造年を偽ってしまうこともある。これで車が高くなるわけではないが、偽造が発覚した場合、疑うことを知らない次のオーナーが困ることになる。

第二次世界大戦中のウィリス ジープは、戦後のものよりもはるかに市場価値が高い。歴史を脚色したくなる人もいる。
Photo: Christian Herb

クラシックカーの贋作はどのようにして明るみに出るのだろうか?

赤やファンタジーイエローの「300SLロードスター」の場合のように、通常は偶然の産物である。あるいは、誰かが不審に思い、優れた専門家に相談したためである。贋作者は、自分の偽物のオリジナルが破壊されたか、消滅したと見なされると、安心することが多い。戦後、鉄のカーテンの東側で製造されたクラシックカーの中には、西側で再建されたものもある。統一後にオリジナルが再び現れたら、所有者にとっては不運だ。

このポルシェ911 RS 2.7は本物ではない。アーヘンの偽造業者は、ポルシェ社や登録事務所の共犯者を含めて、このモデルや他のポルシェモデルを大規模に偽造したと言われている。
Photo: Götz von Sternenfels

すべてのクラシックレプリカは偽物か?

いいえ、メーカーは自社モデルを復刻することを許されている。例えば、ベントレーは現在、再びこれを行なっており、メカニック用の組み立て説明書を心配そうに保管している。外部の人間がオリジナルに忠実に車を作り直すことが許されるかどうかは、たとえそれを公表したとしても、それぞれの法的状況によって異なる: プラスチック製のボディでウィングドアのレプリカを製造していた会社は、ダイムラーに裁判を起こされ(シュトゥットガルト地方裁判所によれば、ダイムラーはボディ形状の意匠権を持っている)、勝訴した。

この判決を受けて、ダイムラーは2012年、押収したGRP製ボディを公に廃棄した。ジャガーは、非商用目的で「Cタイプ」のレプリカを製作したスウェーデンの夫婦を訴えたが、敗訴した(ストックホルムのスヴェア控訴裁判所)。

スーパーチャージャー: よく使われる偽造方法。例えば、普通のT1ウィンドウ バスが高級車VWサンバに変身。数日の作業で価値は3倍の10万ユーロ(約1,600万円)以上に!
Photo: Holger Karkheck / AUTO BILD

レプリカでラリーやビューティーコンテストに参加することが合法かどうかは、とりわけ参加条件によって決まる。裕福なコレクターや自動車メーカーの中には、オリジナルを所有し、ヒストリックモータースポーツのためにレプリカを使用する者もいる。1990年代、メルセデス・ベンツ・ミュージアムは「オリジナルのSSKがミッレミリアで大破しないように」と、ティッセンにオリジナル合金のSSKモデルのフレームを二桁台数発注したと言われている。問題は、ティッセンのフレームがすべて合法的に使用され、取り外されたオリジナルのフレームがすべて破棄されたかどうかだ。

クラシックカーの贋作者による詐欺から身を守るには?

理想的には、オーナーはメーカー、専門機関、登録事務所、クラブの助けを借りて、同じシャーシ番号が複数回割り当てられているかどうかを調べることができる。Carfax、AutoCheck、Classic Car Database、Hagertyといった会社が、アメリカでは有料で検索を手伝ってくれる。板金は?クラシックカーの鑑定士やクラブタイプの検査官は、不器用に改造された車を暴くことができる。

Text: Frank B. Meyer