キュートでチャーミングな小型車4台の中古車チェック!「フィアット500」、「シトロエン C1」、「VW Up!」、「ルノー トゥインゴ」

590
Photo: Roman Raetzke
- Advertisement -

小型車は都市交通のスマートなソリューションだ。フィアット500、シトロエンC1、VW Up!&ルノー トゥインゴの中古車をチェック。この賢いクルマ4台の購入のヒントと気をつけるべき点を解説する。

「ルノー トゥインゴ」をはじめ、「VW Up!」、「フィアット500」、「シトロエンC1」という、都市交通にお勧めの小型車4台を紹介しよう。扱いやすいサイズなので駐車しやすいだけでなく、維持費や修理費も安い。ここではシンプルな技術が使われることが多いからだ。その一方で、中古価格もこなれてきており、整備記録が完備し、走行距離が10万kmを大きく下回るような整備された個体が5,000ユーロ(約80万円)前後で出回っている。

これらの小さなモデルも購入前にはよく見てチェックするべきだ。市街地でのストップアンドゴーの頻度が高いオーナーの車は、構造部や消耗部品に大きな負担をかける傾向がある。

しかし、「VW Up!」のように、立派な結果を出した積極的な例外もある。他の候補にもそれぞれの長所があり、何よりも独自の個性がある。例えば、「シトロエンC1」は、比較的スペースが広いだけでなく、装備も充実している。

一方、操縦性に関しては、後輪駆動の「トゥインゴ」が優れており、その場で曲がれるような感覚を覚える。実際、最小回転半径は9メートル未満で、これは最高の値である。一方、スタイルと個性を求める人は、「フィアット500」をすぐに気に入るだろう。

クールでレトロなデザインが印象的なだけでなく、小さなボディに加え、時には極めてスポーティなドライブバージョンも用意されている。また、カジュアルな折りたたみ式ルーフのコンバーチブルや、さまざまなカラーと装備の組み合わせも用意されている。ただし、これらのコンパクトカーでは、自分でギアシフトを楽しめるようになる必要がある。4車種すべてがオートマチックギアチェンジを得意としていないからだ。

長所と短所に関するその他の情報は、以下のフォトギャラリーですべて読むことができる。

シトロエン C1 II

シトロエンC1 II
C1が3.50メートル以下と特に小さいからといって、このブランド特有の快適性がないわけではない。それは、このセグメントでは硬めのチューニングが施されたモデルとは異なる、心地よくソフトなサスペンションが採用されているからだ。
どこを削るのか?後部座席とトランクの中だ。リアシートの大人はフロントシートとルーフの間にかなり挟まれた感じになる。また、196リットルから最大780リットルの容積を持つトランクには、スーツケースがもう一つ簡単に入る。その一方で、100kmあたり6リットル以下の燃料消費でC1を走らせるのは並大抵のことではない。乾燥重量は1トンを大きく下回っているため、1.2リッター3気筒エンジンの82馬力は、快速スプリントには十分だ。
弱点: エンジンの選択肢はほとんどなく、2018年のマイナーチェンジ後は、2つの3気筒エンジンのうち小さいほうを唯一の駆動ユニットとしてラインナップするまでに縮小した。しかし、エンジンはほとんど心配する必要はない。ただし、ATを搭載したバージョンはお勧めできない。やや不調和なシフトチェンジに折り合いをつけられるなら別だが。
下回りの点検は、腐食が急速に進む排気系を見るだけでも価値がある。また、一般点検でクレームの対象になりがちな、サイズの小さいブレーキディスクを点検する良い機会でもある。それ以外の点では、C1には高価な弱点がないため、シンプルな設計の恩恵を受けている。
生産期間:2014~2022年 ● 出力:69~82馬力 ● 推奨エンジン:69馬力のVTi 72 ● 中古価格:5,200ユーロ(約83万円)~
Photo: Toni Bader

フィアット 500

2007年に登場したフィアット500は、そのレトロなデザインで大成功を収めた。経済的な2気筒エンジンからスポーティなアバルトモデル(135~190馬力)に加え、2種類のディーゼルエンジン、LPGモデル、そして2020年からは3気筒のマイルドハイブリッドも設定された。2009年に導入された電動折りたたみ式サンルーフ付きのコンバーチブルも広く販売されている。2015年には、新しいヘッドライト、リアライト、新しいマルチメディアユニットを備えたフェイスリフトが行われた。お勧めは2010年に導入された「ツインエア」タイミングチェーン付き2気筒エンジン搭載モデルだ。
弱点: 特にフェイスリフト前のモデルは、スプリングやダンパーに欠陥があるため、一般点検で不合格となる。エキゾーストシステムの錆びも若いモデルでは問題だ。わずか3年後の500では、排ガス検査でガタが出ることが多く、駆動系のオイル切れやブレーキシステムの欠陥もある。
古いモデルでは、オイルサンプが錆びることさえあった。故障の原因は、デュオロジック自動マニュアルギアボックス、燃料ポンプの欠陥、エンジンクーラントの損失が多い。品質の悪さは、内装の仕上がり(スイッチ類の脱落)や外装のクロームメッキの剥がれにも現れている。
生産期間:2007年~ ● 出力:60~190馬力 ● 推奨エンジン: 0.9ツインエア 86馬力 ● 中古価格: 5900ユーロ(約94万円)~
Photo: Roman Raetzke

VW Up!

「Up!」によって、VWは2005年まで製造されていた象徴的なルポのサイズに戻った。
ボックスデザインは「Up!」に広いスペースを与えている。後部座席も快適なので、ほとんどの購入者は4ドアモデルを選んでいる。シンプルな操作と変速の容易なマニュアルギアボックスは、素晴らしい出来映えとバランスの取れたハンドリングと同様に印象的である。エンジンは排気量1リッターの3気筒のみで、6種類のパワーレベルが用意されている。アドバイス: 通常は60馬力の自然吸気エンジンで十分。
弱点:セミATは、ギヤチェンジがいい加減で故障が多い。トランスミッションのインジケーターランプが警告する場合は、クラッチかギアセレクターが原因であることが多い。修理には少なくとも1,000ユーロ(約16万円)かかる。2014年のマイナーチェンジで、ほとんどの不具合は解消された。
生産期間:2011~2023年 ● 出力:60~115馬力 ● 推奨エンジン:1.0 MPI 60/65 馬力 ● 中古価格:6,000ユーロ(約96万円)~
Photo: Sven Krieger

ルノー トゥインゴIII

トゥインゴは、その特異な駆動プラットフォームを第2世代のスマート フォーフォーと共有している。床下のエンジンとギアボックスは、リアアクスルのすぐ前に配置されている。フロントボンネットの下には収納スペースがなく、トランクフロア下のエンジンカバーはオイルチェックのためにネジを何十本も緩めなければならない。
後輪駆動のおかげで前輪を大きく回すことができ、9メートル未満の旋回半径は他の追随を許さない。しかし、ヒュンダイi10やVW Up!といった競合車と比較すると、トゥインゴは快適性に劣り、シートは小さく、着座位置も悪い。さらに、断熱性はそれほど良くなく、高速道路での直進安定性は不安定だ。
弱点: トゥインゴTCe 90は、AUTO BILDの耐久テストを好成績で終えた。90馬力のターボチャージャー付きガソリンエンジンは、リッターあたり約16.6kmの適度な燃料消費でドライビングの楽しさを保証する。とはいえ、ターボチャージャーは壊れやすいので、自然吸気エンジンをお勧めする。
さらに、約70馬力の出力で900kg強の重さのトゥインゴを動かすのには十分ではない。アクスルサスペンションは特に壊れやすいようだ。排気システムも同様で、すぐに垂れ下がってしまう。
生産期間:2014年~ ● 出力:65~109馬力 ● 推奨エンジン:SCe 70&71馬力 ● 中古価格:4,900ユーロ(約78万円)~
Photo: Roman Raetzke

結論:
4メーカーのどれにせよ、ATの動作は遅すぎたり、効率が悪すぎたり、粗すぎたりするのでマニュアルトランスミッションを積極的に選びたい。ATこそシティラナバウトにはピッタリなのだが。特に「VW Up!」のセミATはやめた方がいい。リアエンジンレイアウトがユニークな「ルノー トゥインゴ」がお勧めだ。

Text: autobild.de