【ブレーメン クラシック モーターショー】ブレーメンで展示された最も美しい21台のクラシックカー その中の2台はあの日本車だ!

399
- Advertisement -

ブレーメン クラシック モーターショー2024:ブレーメンのモーターショーで最も美しい21台のクラシックカー。クラシックカーの季節がブレーメンで幕を開ける。クラシックカー市場の最初のトレンドを嗅ぎつけ、現在のクラシックカー価格について多くを知り、このオフカラーのポルシェ 968のような車両に興奮することができる。

最もクールなカラーの「スチュードベーカー」であろうと、ミスマッチなカラーにカスタマイズされた「ポルシェ968」であろうと、クラシックカーショーではそれぞれのクルマに物語がある!ここ、「ブレーメン クラシック モーターショー2024」でもそうだ。

磨き抜かれたクラシックカーがずらりと並び、その中には小さなマンション一軒分の値段のものもある。古い技術に対する熱意と情熱はあっても、すべてのクラシックカーがあなたの心に響くわけではない。H(クラシックカーライセンス)ナンバーであろうとなかろうと。

しかし、その中には、復讐心を燃やしたものもある。現存するコロナイエローの「アウディ80 B1」のように。オーナーがカーボンスポイラーを装着し、それ以外は最高のコンディションを保った「ホンダNSX」のように。そして、その後ろには美しいS 800が・・・。

アルミニウム製NSX NA1、2000年製、アナログスピードメーター、走行距離わずか46,000km。スーパーカー警報!

クラシックカーへの愛情は、ハンドルを握っているときだけでなく、モーターショーでも明らかだ!私の心に響くのは、数あるオールディーズのうちのほんの一部だけで、しかも必ずしも高価なものばかりではない。

かなりの数のクラシックカーを見てきた私でさえ、いくつかの車には圧倒されそうになる。例えば、サファイアブラックの「メルセデスW124(AMG E60)」は、愛情を込めて丹念に新車同様の状態にレストアされた47台のうちの1台だ。8気筒、381馬力!

E60 AMGにアップグレードされた約47台のメルセデス E500リミテッドのうちの1台で、6リッターV8から381psを発揮する。
Photo:Matthias Brügge / AUTO BILD

「オペル マンタB 1.6」にも感動した。最高のコンディションだが、60馬力しかない。20年前、私はニュルンベルクのショールームでこれと同じような車の前を通り過ぎた。当時の値札には4,000ユーロ(約64万円)とは書かれていなかった。

こんな思い出があるから、「ブレーメン クラシック モーターショー」のようなクラシックカーの見本市は面白いのだ。しかし、手頃なクラシックカーが並ぶ駐車場もまた興味深い。例えば、黄金の「シトロエンSM」のオーナーは、彼の超フランス車の欠点を率直に私に示し、キャブレター車への改造を擁護し、改造費用とその作業について率直に語ってくれた。フェア全体に心に響くものがあった!

ブレーメン クラシック モーターショーの見どころ

ブレーメンでの私の主観的ハイライト。まずは1992年製のポルシェ968で、色はターコイズユニ。内側も部分的にマゼンタのレザーでワイルド!968はトランスアクスルシリーズの最高峰で、3リッター4気筒エンジンは240馬力を発生する。オプションの塗装だけで、当時はなんと3,670マルク(約30万円)の追加料金がかかった!

メルセデスのE500リミテッドモデル約47台のうち、さらにエクスクルーシブなE60 AMGにアップグレードされた1台が、ここにある・・・。6リッターV8から381馬力のリラックスしたパワーを引き出す。エンジンはオーバーホール済み。
ショーで最もワイルドな色の車:1957年スチュードベーカー ゴールデンホークSCは、メタリックレッドの塗装が信じられないほど美しく、44,900ユーロ(約720万円)になると予想されている。
70年代への回帰:コロナイエローのアウディ80 B1は、売主によればわずか35,000kmという驚くべきコンディションで現存している。1974年製のこの車は、オリジナルコンディションを保つクルマで、13,990ユーロ(約224万円)だそうだ。
メルセデス C36 AMGは、メルセデスとAMGがひとつ屋根の下で協力関係を築くきっかけとなった重要な車種である。1993年~1997年の間にわずか5221台しか製造されなかった。
ブレーメン近郊のほぼ日常的なSM:オーナーは、彼の超フランス車の癖を率直に明かし、キャブレター車への改造を擁護し、改造にかかった費用と作業について率直に語った。この車の真のファンであり、私もそうだ。
アルミニウム製NSX NA1、2000年製、アナログスピードメーター、走行距離わずか46,000km。スーパーカー警告!
そのすぐ後ろには、同じオーナーのホンダS800がいる。67馬力のエンジンは13,000rpmまで快調に回る。
アウディをプレミアム&スポーツブランドに押し上げた、5気筒ターボエンジン200馬力のアウディ クワトロ クーペ。この車は、走行距離88,500マイル(142,845km)でアメリカから戻ってきた。1983年モデルの価格:69,500ユーロ(約1,115万円)。
ブレーメンの見本市で最大のクラシック、ウニモグU 1600。156馬力はそのサイズからするとかなり貧弱だが、トルクはそれなりにある。レストア済みの1994年車両。
シールドビームヘッドライトを装備したUS仕様のパゴダ。オートマチックトランスミッションの280 SLは63,280ユーロ(約1,015万円)。
1970年代には洒落た冗談のように聞こえたこのビートルも、今では珍しく、しかも安くはない。それもそのはず、この車の走行距離はわずか3万4,000km。密室で売り手は、価格は2万ユーロ(約320万円)をはるかに上回っていると明かした。
ルノー クリオにレザーシート、アルミリム、電動ウィンドウ(ただしフロントのみ)。この車は12,900ユーロ(約208万円)で売却された。
サーブ900にトッポラのボディ!このミニモーターホームはスウェーデンで製造された小さなシリーズで、126馬力のベースは牽引力がある。アナリストの評価: 22,500ユーロ(約360万円)。
黄緑色はポルシェ911のGモデルを際立たせる色であり、クロームモデルでもある。販売者は、ポルシェ2.7 Sを贅沢に改造した175馬力と見積もっている。価格は89,900ユーロ(約1,440万円)。
80年代を代表するホットハッチ、フォードXR3i(1984年型)。1.6リッターエンジンは105馬力を発生。
貴重なこのプジョー205 CJはコンバーチブルで、60馬力の非力なエンジンを積んでいる。
1.6リッターエンジンのマンタBは、走るというより止まるためのクルマだ。しかし、この色はナイス!
「最高のコンディション」にあるこのZ8は2000年製で、EU書類があり、走行距離はわずか1万9000km、価格は26万9,000ユーロ(約4,310万円)という。
Bild: Matthias Brügge / AUTO BILD
ヨアヒム ティースは1993年、彼の卒業制作として1973年型240 Dから全長5.185メートルのメルセデス/8ピックアップを製作した。ストロークエイトは現在、W 123の3リッターターボディーゼルを搭載している。
この1949年型ナッシュ600エアフライトは、ゴールドカラーのバンパー、ルーフの花飾り、錦織のパーセルシェルフで飾られている。前輪には標準でカバーが装着されている。オランダのディーラーが39,900ユーロ(約640万円)で販売している。
Bild: Frank B. Meyer / AUTO BILD

Text: Matthias Brügge