アプリ売りのオジさん彷徨記 Vol.31 MINIの大型ワークショップと新型「ALL ERECTRIC MINI」編 Part2

108
- Advertisement -

今週は、長いお付き合いのクライアント「セブンスター」さんから、新型MINIの展示イベントがあると聞きつけ、MINI西宮テクニカルセンターへやってきました。拝める新型車は、BEVのMINIクーパー3ドアと、クロスオーバーから名称が変わったカントリーマンの2台が、ショールームに展示されていました。

次にショールームツアーです。先ずBEVのMINI、見た目は今までのデザインテイストを踏襲していて、特にヘッドライト周辺は大きな違いを感じませんでした。ところが、ヘッドライト点灯時は3種類のデザインを選べるなど、進化しているのは間違いがありません。MINIファンの方々が、絶対好きだろうな、と思える変化ですね。

分かり易い変更点の一つテールランプデザイン(左;クーパー3ドア 右;カントリーマン)

さらに驚いたのは、室内に入った時でした。なんと、デカい丸形ディスプレイも見た目凄いですが、ダッシュからドアの内張りまでのテキスタイル。ナチュラル素材の布地ではないでしょうけど、今までのプラスチック然とした見た目とは全く違う新素材の質感が面白いし、絶対MINIファンにはウケるだろうなあ。これはぜひ、皆さん実物に触っていただきたい。恐らくこのテキスタイルは、内装の選択種の一つでしょうけど、標準で良いと思える、映える出来栄えではないでしょうか。

ハンドル直径の半分以上ある新型丸形ディスプレイ

新型カントリーマンはクーパー3ドアよりも豪華仕様になっていて、展示車は素敵な配色のレザー内装でしたし、上級な感じに思える仕立てでした。今まで同様サイズも立派だし、一つクラスが上、と言う感じでしょうか。こちらで驚いたのは、内燃機関を積んでいるのにもかかわらず、前席の間にシフト関連のレバーとかが見当たらないこと。あれ、これもBEVかなと思ったくらい。実はダッシュパネル上、丸形ディスプレイの下にトグル・スイッチが配備されていて、それでドライブポジションを選ぶ仕掛け。慣れればまったく問題無いでしょうし、センターコンソール周辺がスッキリしてイイ感じですね。

今回、展示された新型BEVは、残念ながら試乗はできなくて、専用の説明担当「ジーニャス」からのご案内のみでしたが、朝から大勢のお客様が来場され、老若男女問わずショールームは賑やか。この辺りも、MINIならではでしょうか。

ジーニャスに色々お聞きすると、「BEVはもうすぐ1便が届きますから、早ければQ1中に配車されるMINIもあるでしょう」。おぉ、ではでは、春頃には試乗車も配備完了して、我々が乗れるようになりそう。今からでもお店へ打診し、試乗一番乗りを目指しましょう!これは乗ってみたい1台です。
今年のMINIは、今まで以上に目の離せないブランドですね。

左)クーパー3ドアの内装テキスタイル 右)カントリーマンのレザー内装
左)サービスアドバイザーの皆さん 右)受付のお嬢さん
左)白色ルーフはBEVでも定番 右)アクセサリーも充実

もちろん整備も購入も、MINIのことならなんでもお問い合わせください。
MINI西宮テクニカルセンター:https://www.kobe-higashinada.mini.jp/ja_JP/home.html
〒662-0932兵庫県西宮市泉町1-5
TEL:0798-23-3298

MINI東灘:https://www.kobe-higashinada.mini.jp/ja_JP/home.html
〒658-0052 兵庫県神戸市東灘区住吉東町5-1-1
TEL: 088-624-3211

Text&Video&Photo:ナカタ ヒロユキ

【筆者の紹介】
ナカタ ヒロユキ
少年の頃から乗りモノ好きで、輸入車のセールスとしてキャリアをスタートし、インポーターでは法人営業や中古車を含め、様々な営業関係のマーケティングを経験。その後ドイツ系の会社で、業務支援アプリを全国の自動車ディーラーを中心に営業中。ほぼ毎週どこかへ出没するが、時には愛機Buellに跨ったり、料理を楽しんでいる。