タイカンは充電の達人に変身! リフレッシュされた新型「ポルシェ タイカン」に初試乗

1736
Photo:Porsche
- Advertisement -

新型ポルシェ タイカンに初試乗。新型ポルシェ タイカンは、充電ステーションでオリンピック選手になりたい。

ここにはルシッド、あそこにはリヴィアン、その間に見渡す限りのテスラ。ケビン ギークにとって、ロサンゼルス広域圏はライオンの巣窟のようなものだ。何しろ、ギークはポルシェのタイカンモデルシリーズの責任者なのだから。

しかし、ギークは気後れすることなく、シュトゥットガルトのスポーツサルーンを運転してオレンジカウンティまで南下する。結局のところ、彼が乗っているのは「新型」つまり根本的に改良された「タイカン」なのだ。「タイカン」はおよそ4年の歳月と約15万台の販売台数を経て、今春発売される予定で、テスラ、ルシッド、そしてその間にいくらか成長したニオ&カンパニーの反抗的な中国車との差を埋めることを目的としている。

そして、デザイナーは今回のアップデートで、ヘッドライトとリアライトの周りに目立たないカモフラージュフィルムを貼って新機能に視線を集めるほど多くを抑えているが、技術の面ではさらに多くのことが行われている: 「より高く、より速く、より遠くへ」と、オリンピックの三段跳びをエレクトリックアベニューに置き換え、より高い充電性能、より速い充電時間、より長い走行距離を約束する。

新型ポルシェ タイカンのレンジラップ

開発予算のほぼ3分の2は、新型タイカンの開発費に充てられている。

クリスチャンは、フェイスリフトの初公開を間近に控えているにもかかわらず、数字を明かしたがらない。しかし、彼は「タイカン4S」の運転席を快く譲り、ロサンゼルスからサンディエゴまでの往復に私たちを誘ってくれた。この距離は、標準航続距離510kmの現行モデルでは、充電ストップなしで達成することは不可能だっただろう。カリフォルニアは気温が高く、ハイウェイの制限速度が低かったとしても、400キロメートルで終了していただろう。

ギーク、クリスチャン、そして彼らの同僚たちは、新しいセルケミストリーを採用した大型の高性能バッテリーにさらにパワーを詰め込み、フロントアクスルをデカップリングして回生能力を高めることで駆動効率を高め、新たな追加装備にもかかわらず重量をわずかに減らし、そして何よりもエアロダイナミクスを最適化した結果、ほとんど変わっていないように見えるコックピットのナビゲーションは、目的地まで500kmを超えるルートでのバッテリー残量予測を7%としている。「新しいエアロホイールだけで、タイカンの航続距離は最大40km伸びます」とクリスチャンは意気込む。

プロトタイプはホテルのガレージを出て、空港周辺の大渋滞を抜け、州間高速道路5号線を南下する。ドライバーは航続距離とバッテリー残量に関する情報に目を奪われる。フェイスリフトによって性能が大幅に向上したことが明らかであれば、なおさらだ。

新型ポルシェ タイカンは、充電ステーションでオリンピック選手を目指す。

ここでは誰も最後の1kmを争うことはなく、助手席のエンジニアはメキシコとの国境沿いを何度か余分に走ることを要求するほどだが、充電レベル50%ちょうど、航続可能距離244kmで288kmを走った「タイカン」はサンディエゴ港の折り返し地点に到着し、シュテフェン クリスチャンはすでに帰路を楽しみにしている。

さて、「タイカン」はオリンピックチャンピオンになれるのだろうか。そう、オリンピックの三段跳びの「より遠く」はすでに証明されているが、ギークとクリスチャンはまだ「より高く」、「より速く」を証明する必要がある。

ポルシェ タイカン: センターディスプレイの新しいグラフィック

クルージングを終えて戻ると、クリスチャンがセンターディスプレイの新しいグラフィックを見せてくれた。現在の充電レベルに加え、バッテリー温度、充電可能な最大電力、バッテリーが充電を許可するウィンドウがすぐにわかるようになった。このウィンドウが大きくなればなるほど、クリスチャンの顔はニヤニヤする。

充電ステーションは322kWで止まる。

プロトタイプを200km走行後に「Electrify America」の350kW充電器に8パーセントの充電レベルで接続すると、その理由がわかった。以前は270kWで止まっていたのが、最初の1、2分で280、290、300、310kWと上昇し、322kWで止まったのだ。しかも、この状態を「タイカン」は数分間にわたって高いレベルで維持する。充電パワーが通常の値に戻るのは60パーセントに達した後であり、80パーセントに達したときにはわずか16分しか経過していない。先代モデルなら少なくともあと6分はかかっただろう、とクリスチャンは満足げにケーブルを引き抜いた。

もちろん、特にポルシェのようなブランドにとって、エンジニアが最高速度ではなく充電速度で進歩を定義するのは奇妙なことだ。しかし、オリンピックで新しい種目が導入され続けているように、ヴァイザッハの開発者たちも新しい状況に対応しなければならない。

開発ドライバーのラース カーンは数週間前、ニュルブルクリンクで「タイカン」のプロトタイプを7分07秒55で走らせ、電動サルーンの新記録を樹立した。充電時間に注意を払ったからといって、ラップタイムを忘れたわけではない。

Text: Thomas Geiger
Photo: Thomas Geiger / Marc Urbano / AUTO BILD