新型「BMW 4シリーズ」公式発表!そのLCI(Life-Cycle Impulse)の内容は?

954
- Advertisement -

BMW 4シリーズのフェイスリフト:包括的なビジュアルと技術の革新。価格、デザイン、パワーユニット&装備。全情報をお届け!

「BMW 4シリーズ」がフェイスリフトする時期が来たことは、驚くにはあたらない。BMWはこれをLCIと呼ぶ。この略称は「Life-Cycle Impulse(ライフサイクルインパルス)」の略で、つまり生産の途中でモデルチェンジを行うことである。「G22」世代は2020年から市場に投入されている。また、今回のLCIフェイスリフトでは、改良の規模がやや大きくなっているのも特徴だ。

価格

「クーペ」の最低価格は52,900ユーロ(約845万円)、「コンバーチブル」のベース価格は60,400ユーロ(約965万円)。「クーペ」は以前51,000ユーロ(約815万円)から販売されていた。スポーティな「M440iクーペ」は最低76,000ユーロ(約1,215万円)。フェイスリフトは現在注文可能で、生産開始は2024年3月を予定している。

デザイン

フェイスリフトは、ニュー「BMW 4シリーズ」の随所に見られる。ヘッドライトは技術的なアップグレードが施されただけでなく、視覚的にも一新され、よりスマートになった。Mスポーツパッケージの一部として、このライトは「シャドーライン」としても利用可能だ。

マトリクスハイビーム付きアダプティブLEDヘッドライトもオプションで用意されている。「クーペ」と「コンバーチブル」には、オプションでレーザーライトテールライトが用意されている。これはすでに「M4 CSL」でお馴染みのものだ。

レーザーテールライトはM4 CSLですでにお馴染みだが、4シリーズ カブリオレとクーペにも設定できるようになった。

「4シリーズ」では、特徴的なダブルキドニーグリルがマットクロームで縁取られている。「M440i」と「M440d」のみ、フロントエンドの他の多くのデザインエレメントと同様に、周囲がハイグロスブラックになっている。グリルのルックスにまだ慣れていないすべての人への慰めとして、Mスポーツパッケージでは、ハイグロスブラックのリアディフューザーが装備されるだけでなく、左右のテールパイプの直径が90mmから100mmに拡大される。

「Mパフォーマンス」モデルでは、テールパイプは台形のままだが、ハイグロスブラックに変更されている。MスポーツパッケージProとMカーボンエクステリアパッケージも用意されている。後者にはカーボンファイバー製リアディフューザーなどが含まれるが、これは「Mパフォーマンス」モデルのみである。

台形のテールパイプトリムはBMW M440iの特徴だ。

4シリーズに2種類の新塗装仕上げ

ボディカラーは、2色のソリッドカラーと8色のメタリックカラーの合計10色が用意されている。その中には、「ケープヨークグリーンメタリック」と「ファイヤーレッドメタリック」と呼ばれる2つの新しい色も含まれている。もちろん、BMWカスタマイズペイントも引き続き利用できる。新しい塗装仕上げに加え、3種類のホイールデザインも用意されており、すべて19インチとなっている。

ドライブ

BMW 4シリーズ クーペおよびコンバーチブルには、幅広いエンジンオプションが用意されている。モデルバリエーションにかかわらず、8速ステップトロニックトランスミッションが標準装備されている。ミュンヘンに本拠を置くBMWは、「BMWツインパワーターボテクノロジー」も採用している。

ディーゼルモデルはすべてマイルドハイブリッド

まず、184馬力と245馬力を発生する2種類の4気筒ガソリンエンジンを搭載。続いて、同じく4気筒で190馬力のディーゼルエンジンが搭載され、これはマイルドハイブリッド駆動となる。

これは「430d xDriveクーペ」と「430dコンバーチブル」に搭載される6気筒ディーゼルエンジンにも適用される。BMWはここで280馬力を発揮する。48ボルトテクノロジーはさらに8kW(11馬力)を供給し、ブレーキエネルギーによってパワーを回収する。モデルによって、「4シリーズ」はリア2輪または4輪(xDrive)にパワーを配分する。

BMW M440iの最高出力374馬力

M440iでは、最高出力374馬力、最大トルク500Nmを発揮する!

「M440i」と「M440d」には、2つの選択肢がある。直列6気筒ガソリンエンジンは、「コンバーチブル」と「クーペ」で374馬力の最高出力と500Nmの最大トルクを発揮する。直列6気筒ディーゼルは、どちらのバージョンでも340馬力の出力と700Nmの最大トルクを発揮する。スポーティなドライビングを実現するために、Mスポーツサスペンション、Mスポーツブレーキシステム、Mスポーツディファレンシャルが装備される。

エクイップメント

インテリアも大幅に改良された。BMWは特にステアリングホイールとテクノロジーに注力。「4シリーズ」のドライバーは、照明付きボタンとシフトパドルを備えたレザースポーツステアリングホイールを標準装備することができる。「Mスポーツパッケージ」の一部として、ステアリングホイールは下部が平らになり、12時位置のマーカーが付いている。

ボトムがフラット化されたステアリングホイールと12時位置のマークはスポーティモデル向け。一方、カーブドディスプレイは標準装備。

電動格納式エクステリアミラーと9色から選べるアンビエント照明も標準装備となった。これらはカーブドディスプレイから選択でき、温度、換気、シートおよびステアリングホイールヒーターも選択できる。

拡張ビューによるナビゲーション案内

インフォテイメントシステムも改良され、クイックセレクトを含むBMWのオペレーティングシステム8.5をベースとしている。さらに、ナビゲーションシステムにはオーグメンテッド ビュー(拡張現実)が採用された。例えば、ナビゲーションの指示は周囲のライブストリームと組み合わされる。これは特に、ドライバーにとって混乱しやすい交通状況を簡素化することを目的としている。

「4シリーズ」には、あらゆる状況での安全性を高めるため、数多くのアシスタンスシステムが搭載されている。ブレーキ介入機能付き前方衝突警告システム、交通標識認識機能、ステアリングおよび車線逸脱警告システムなどである。また、フロントとリアにはパーキングセンサーとリバースカメラが標準装備されている。パーキングアシスタントプラスはオプションで設定可能で、パノラミックビューと3Dビューが含まれる。

インテリアのガラスディテール

ギアセレクターレバーやスタート/ストップボタンなどをガラスルックにすることができる。

視覚的な変更もいくつかある。インテリアトリムは標準仕様で「ダークグラファイトマット」仕上げ。オプションで、「アルミニウムロンビクル(Mスポーツパッケージ)」、「ファインラインライトオープンポア」、「アッシュグレーブルーオープンポア」、または「カーボンファイバー」を設定することができる。また、パーソナライズされたタッチを提供するために、いくつかのガラスアプリケーションを用意している。例えば、ギアセレクターレバーやスタート/ストップボタンなどだ。

Text: Kim-Sarah Biehl
Photo: BMW Group