新型「アウディ Q7」登場!2度目のフェイスリフトでどこがどう改良されたのか?

296
- Advertisement -

アウディQ7フェイスリフト。大幅にアップデートされた外観以外にどこが改良されたのか?価格、デザイン、ドライブトレイン、装備など全ての情報をお届け!

アウディが大型フルサイズSUVをラインナップに加えたのは2005年の「Q7」以来。そして、インゴルシュタットの第2世代モデルは、9年弱の歳月を経て、もはや若くはない。すでにフェイスリフトが行われ、新世代の代わりに2度目の改良が行われた。

大幅にリフレッシュされた外観と改良された技術により、4つのリングを持つ最大かつ最も多用途なモデルは、シュトゥットガルトとミュンヘンの競争相手に対抗し続けることを望んでいる。この大型SUVは、引き続きブラチスラヴァのフォルクスワーゲン・スロバキア工場で生産される。

価格

アウディは各グレードの価格をまだ発表していないが、ベース価格はすでに判明している。そしてそれは大幅に上昇している!

直近では、この大型SUVは72,100ユーロ(約1,160万円)からスタートしていたが、現在は7,000ユーロ(約115万円)の値上げが予定されている。フェイスリフトにより、新しいスタート価格は79,300ユーロ(約1,270万円)となる。最上級モデルのSQ7(現価格103,000ユーロ=約1,650万円)は、近い将来110,000ユーロ(約1,780万円)の大台を突破する可能性さえある。

デザイン

デザインに関しては、本格的なアップデートがされている。新しいハニカムルックのインテリアを持つラジエーターグリルの変更に加え、上部のデイタイムランニングライトのシグネチャーが細くなった新しいヘッドライトが採用されている。

新鮮な外観:リアでは、Q7はリアライトのグラフィックとバンパーが新しくなった。

その下には、「Q8」を彷彿とさせるメインヘッドライトエレメントが配置されている。「Q7」のヘッドライトには初めてマトリクスLEDが採用された。また、オプションでHDマトリクスLEDヘッドライトを注文することもできる。24個のLEDにより、ライトグラフィックをさらに個性的に演出することができる。

7人乗りの新型Q7

さらにその下には、より垂直に配置された新しいエアインテークがある。しかし、プロフィールはほとんど変わっていない。これは全長5.07メートル、全幅1.97メートル、全高1.74メートルという、ゆったりとしたサイズにも当てはまる。約3メートルのホイールベースは、7人乗りSUVの乗員に十分なスペースを提供するはずだ。

リアライトのグラフィックが変更され、バンパーが変更された。また、20インチから22インチまでの5種類の新デザインのホイールが用意されている。

駆動方式

駆動システムに関しては、「Q7」は従来の内燃機関に忠実である。ディーゼルのバリエーションは2種類で、「Q7 45 TDI」がエントリーモデルとなる。3リッター6気筒エンジンは231馬力の最高出力と500Nmの最大トルクを発揮する。0から時速100キロまでの加速は7.1秒、最高速度は226キロだ。

それでも物足りない場合は、より大型の「Q7 50 TDI」を選ぶこともできる。その場合、エンジンは286馬力、最大トルク600Nmを発揮する。最高244キロまで可能で、標準的な0-100キロスプリントは6.1秒になる。

V6エンジンの牽引能力は最大3.5トン

2種類のディーゼルバージョンに加え、2種類のガソリンエンジンも用意される。エントリーモデルは、6気筒、排気量3リッター、直噴の340馬力、500Nmの「Q7 55 TFSI」だ。完全停止状態から時速100キロまでは5.6秒で到達する。さらに、すべてのV6エンジンの牽引能力は3.5トンまで。

トップモデルは「SQ7」で、4リッターのV8は507馬力、770Nmという驚異的なパワーを引き出し、0から時速100キロまでのスプリントを4.1秒で達成する。

インテリアはよりデジタル化され、ボタンの多い素朴な外観はあまり残っていない。しかし、最新のMIB4インフォテインメントシステムはこの大型SUVには搭載されておらず、「Q7」はまだMIB3システムでやりくりしている。

抜本的な刷新:インテリアは従来よりも大幅にデジタル化され、Q8を強く意識したものとなっている。

Q7用の新しい装飾エレメント

素材が再び改良され、装備プログラムがさらに洗練された。シートトリムには新しいステッチが施され、コントラストカラーが標準装備されたほか、新しい加飾エレメントが追加された。例えば、基本装備にはアッシュバールウッド、「SQ7」にはマットブラッシュ仕上げのアルミニウムトリムストリップやカーボンパーツが、S-Lineにも採用されている。

結論:
アウディは「Q7」を再びシャープにし、ビジュアルをモダンにし、マトリックスLEDテクノロジーなどの機能を装備した。インテリアはよりデジタルになった。しかし、その背後にあるテクノロジーは、もう少し現代的であってもよかったかもしれない。

Text: Sebastian Friemel
Photo: AUDI AG