【さすが!】スクーデリア フェラーリのシャルル ルクレールの愛車?もちろんフェラーリ!それも599台限定の812です

2895
- Advertisement -

シャルル ルクレールのフェラーリ812コンペティツィオーネA(2023)。彼は地元モナコで、599台限定の812コンペティツィオーネAに乗っているところを目撃された!

F1パイロットのシャルル ルクレールが愛車のコレクションを増やした。2023年F1選手権では、世界選手権で5位にとどまり、残念な結果に終わったが、ルクレールは、年末に新しいフェラーリを手に入れた!26歳のルクレールに与えられたのは、わずか599台しかない「フェラーリ812コンペティツィオーネA」だった!

ルクレールは、スクーデリア フェラーリのチームメイトであるカルロス サインツの足跡をたどることになる。サインツは2023年の初めに、「フェラーリ812コンペティツィオーネ」のクーペバージョン(999台限定)をガレージに収めたが、その最初のクルマはなんとルクレール自身が購入したものだった。

ルクレールはすでに数台のクルマを所有し、地元モナコで定期的に走らせている。「フェラーリ ローマ」に加え、最高出力720馬力の「フェラーリ488ピスタ スパイダー」も所有している。

テーラーメイドのカスタマイズが施されたフェラーリ812コンペティツィオーネA

ルクレールは「812コンペティツィオーネA」にもテーラーメイドプログラムを利用した。マットブラックの「ピスタ スパイダー」とは対照的に、彼は「812」にマットホワイトの塗装仕上げ(おそらく「ビアンコ オンド マリーナ オパコ」)を選んだ。スプリッター、サイドスカート、ディフューザーにはホワイトのアクセントが施されている。

シルバーのブレーキキャリパーと、フェンダーにハンドペイントされたフェラーリのロゴ(ペイントシールド)も印象的だ。サイドパネルに描かれたルクレールのスタートナンバー「16」。このディテールは、彼の「ピスタ スパイダー」にも採用されている。

フェラーリにはまだディーラーのナンバープレートが取り付けられている。シャルル ルクレールの812コンペティツィオーネAが納車されたのはつい最近のことだ。

V8ミッドエンジンを搭載する「ピスタ スパイダー」とは対照的に、「812コンペティツィオーネ」は別ナンバー。現在は生産中止となっている「812スーパーファスト」のトップモデルである。6.5リッター自然吸気V12は830馬力(スーパーファストとGTSは800馬力)を発揮し、最高回転数は9500rpm。静止状態から時速100キロまで2.9秒で加速し、最高速度は340km/hに達する。

599台のみ生産

Aという接尾辞はフェラーリの「アペルタ」を意味し、コンバーチブルバージョンを特徴づける。599台が予定されており、999台が製造されるクーペよりもさらに希少である。

どちらのバージョンも投資に適している。フェラーリは公式価格を明らかにしていないが、噂によると、ベーシックな「812コンペティツィオーネ」は499,000ユーロ(約8,000万円)で、「コンペティツィオーネA」は578,000ユーロ(約9,250万円)と80,000ユーロ(約1,250万円)近く高かったと言われている。

両フェラーリの価格は7桁

しかし、この2台のフェラーリは、市場ではかなり高値で取引されている – マラネロの限定モデルのほとんどすべてがそうであるように。最も安い「812コンペティツィオーネ」は140万ユーロ(約2億2,500万円)、「コンペティツィオーネA」は160万ユーロ(約2億6,000万円)で取引されている。

ちなみに、ルクレールのコレクションにあるV12フェラーリの限定モデルは「812コンペティツィオーネA」だけではない。「488ピスタ スパイダー」と同じ仕様の599台限定モデル、「フェラーリ デイトナSP3」も所有しているという噂がある。しかし、ルクレールがガレージに所有していると噂される「ブガッティ シロン」の写真と同様に、これに関する写真はほとんどない。

Text: Jan Götze
Photo: Youtube/Restricted Spotter Monaco