【エレガントなミッドサイズSUVの中古車チェック】アルファロメオ、レンジローバー、BMW、アウディ、メルセデス・ベンツ、そしてポルシェ

286
Photo:Tom Salt
- Advertisement -

アウディQ5スポーツバック、アルファロメオ ステルヴィオ、BMW X4、ポルシェ マカン、メルセデスGLCクーペ、レンジローバー ヴェラール。6台のエレガントなミッドサイズSUVの中古車チェック。シックでエレガントなハイシーターは、堅牢であると同時に魅力的である。しかし、中古でも平均より高価な場合が多い。

もちろん、SUVがエレガントかどうかは議論の余地がある。いずれにせよ、2008年に「BMW X6」が起こした新しいトレンドは、ハイシートの人気を本格的に押し上げた。上質なクーペのような外観は人気だが、SUVはとにかく平均以上の安定性を享受している。ルーフラインがカーブしているタイプはなおさらだ。

その好例が「メルセデスGLCクーペ」だ。より広々としたハッチバックバージョンを選べば、中古車購入時に最大5,000ユーロ(約80万円)まですぐに節約できる。また、「レンジローバー ヴェラール」や「ポルシェ マカン」など、クーペバージョンでなくとも目を引くモデルもあり、エレガントなSUVのコレクションにぴったりだ。残念ながら、ポルシェとランドローバーにはすでに独占的な名前がついているため、価格的なアドバンテージはない。

その例外が「アルファロメオ ステルヴィオ」だ。このイタリア車をよく知る人なら、「ステルヴィオ」がビジュアル的に非常に魅力的なだけでなく、他の点でも多くの魅力を備えていることを知っているだろう。手入れの行き届いた「ステルヴィオ」の推奨ディーゼルモデルは、24,000ユーロ(約380万円)から購入可能だ。

もう一方の価格帯には「アウディQ5スポーツバック」があるが、これは年式が若いため特に高価である。「Q5」の「ノーマル」バージョンはすでに発売から4年が経過しており、中古車でもかなり安く購入できる。人生の常として、美しくありたければ、苦しまなければならない。

エレガントなミッドレンジSUVの中古車チェック

シックでエレガントなハイシートは、堅牢であると同時に魅力的である。しかし、中古車であっても、平均より高価であることが多い。6台の長所、短所、価格、エンジンのバリエーションについての推奨情報を提供!

アルファロメオ ステルヴィオ

ステルヴィオは、このイタリア車がすでに1度や2度ならず比較テストを勝ち抜いているにもかかわらず、いまだにアルファロメオを見ると、品質の悪さ、スポーティな狭さ、時代遅れのテクノロジーを思い浮かべる人もいるようだが、ステルヴィオは見た目が美しいだけでなく、エレガントなラティナー(ラツィオ州のカッシーノ工場で生産)でありながら、十分なスペース、きめ細かく調整された駆動システム(ZF製8速オートマチック)、きちんとしたシート、比較的調和のとれたシャシーを備えているのだ
スポーティでダイレクトなステアリングも、ステルヴィオの回転半径がベストとは言えないまでも、非常に機敏だ。中古車におけるディーゼルのシェアは60%以上で、よく整備されたベーシックドライブが24,000ユーロ(約380万円)から、510馬力のクアドリフォリオが40,000ユーロ(約640万円)からとなっている。
弱点:ステルヴィオが最新のマトリクスヘッドライトを獲得するのに2023年までかかった。古いモデルはキセノンライトがせいぜい。フロントカメラに不具合が発生し、数種類のアシスタントシステムが麻痺する。アルファは2020年にインテリアの素材をアップグレードした。若いモデルでも、風切り音が比較的強い。操作は回転式プッシュボタンで比較的うまくいくが、音声では複雑になる。
生産期間:2017年~ • パワー:150~520馬力 • テスト時燃費:13.8km/ℓ • 価格:24,000ユーロ(約380万円)より
Photo:Olaf Itrich / AUTO BILD

レンジローバー ヴェラール

エアサスペンションを標準装備した全長4.80mのヴェラールは、そのサイズ、高貴な雰囲気、そして7万ユーロ(約1,120万円)弱から始まる新車価格から、私たちのミッドレンジセレクションにはまったく当てはまらない。しかし、中古車としては同じ価格帯である。さらに、後席スペースは決して広くはない – BMW X4と比べても
初回購入者のほぼ半数が、ヴェラールに搭載される4気筒エンジン(ディーゼルおよびガソリン)に満足している。しかし、ランドローバーが2020年末からヴェラールに搭載している直列6気筒エンジン(ディーゼルおよびガソリン)の方が完成度は高い。ちなみに中古車のディーゼルの割合は70%である。
弱点:リトラクタブルドアハンドルの動作が遅すぎることが多く、故障することもある(伸縮しない)。格納式オートマチックロータリーノブも伸びるのに時間がかかる。SCR触媒コンバーターのNOxセンサーが故障することがある。エンジンの損傷は2リッターディーゼルで発生:伸びたタイミングチェーンがスライドレールからプラスチックを押し出し、オイル回路を塞ぐことがある。V6ディーゼルでは、主にベアリングシェルとクランクシャフトに不具合が発生し、時にはオイルポンプの故障も原因となる。クラッシュやインフォテインメントシステムのフリーズは、特に初期モデルにおきやすい。
生産期間:2017年~ • パワー:180~550馬力 • テスト時燃費:12.3km/ℓ • 価格:33,000ユーロ(約530万円)より
Photo:Tom Salt

メルセデスGLCクーペ

GLCの発表から1年も経たないうちに、メルセデスはミッドサイズSUVのクーペバージョンを発表した。このクーペは、通常のGLCと同様、全領域をカバーするモデルである。その高い快適性とリラックスしたセットアップが印象的で、オプションのエアサスペンションを装備したモデルでなくても十分だ。
シャシーはスチール製スプリングで、すでに心地よい。AMGバージョンは、もう一方の端に位置する。特に印象的なのは、最高出力510馬力のパワフルなV8は、ドリフトモードでレーストラックを走り回ることもできることだ。しかし、43 AMGのスポーティさは、日常生活になじまないハーシュネスと引き換えにもたらされる。
V6ディーゼル(350 d)は特にスムーズには走らない。最適なエンジンは400 dに搭載されるパワフルでスムーズな走りの直列6気筒、330馬力。ただし、希少で高価(45,000ユーロ=約720万円から)。代替案は、経済的でクリーンなOM-654エンジンを搭載した2019年からの4気筒220 dだ。
弱点:出来栄えは必ずしもメルセデスの水準に達していない。多くの人が本革と間違える人工皮革”アルティコ”は、経年変化による磨耗が早い。センターコンソールの大きなピアノラッカー仕上げも、摩耗しやすく汚れていると見窄らしく見える。傷は磨いて消すことができるが、この種の改修は決して安くはない。さらに、スキップとして知られる回転式押しボタンの上の静電容量式表面もよく故障する。それ以外の点では、GLCは20万キロを走った後でもタフなクルマである。これはクーペにも当てはまる。
生産期間:2016~2023年 • パワー:163~510馬力 • テスト時燃費:15.3km/ℓ • 価格:37,000ユーロ(約590万円)より
Photo:Roman Raetzke / AUTO BILD

BMW X4

その兄貴分であるX6(E71)のスタイリッシュなSUVのスタイルがもたらした先駆的な仕事は、2014年以降のX4でさらに人気が高まったは。より控えめなサイズのおかげで、X4は当初から好感が持てるだけでなく、そのエレガントな広がりもより信頼できるものになった。143馬力または150馬力のベーシックディーゼル(18d)とX3の後輪駆動仕様(sDrive)は、X4には設定されていない。常に全輪駆動で、少なくとも184馬力(ガソリンのxDrive 20iとして)を発揮する。さらにパワフルな245馬力の4気筒ターボや、306馬力(35i)と360馬力(M40i、2015年末から)の直列6気筒バージョンもある。しかし、経済的なディーゼルが理想的な選択だ。
お勧めは258馬力の30dだ。第一に、直列6気筒エンジンのサウンドはより控えめで、ディーゼルの音色としてはこれ以上ないほど調和がとれている。第二に、この3リッターエンジンは依然として経済的である。X3と比べると、X4では座面が数センチ低くなるが、カーブしたルーフは頭上のスペースを犠牲にするため、身長1.75メートル以上の人に負担をかける。ルーフの最高点は運転席と助手席の頭上で、その後はエレガントに下がる。
弱点:ダイナミックなSUVの弱点はブッシュやステアリングジョイントの摩耗だ。特に広く普及している4気筒ディーゼルは、先代ユニット(N47)よりもタイミングチェーンの影響を受けにくい。X4の初期モデルは10年近く前のものなので、駆動部のオイル漏れは必ずチェックすべきである。頻繁に漏れるのはオートマチックオイルパンだ。
生産期間:2014~2018年 • パワー:190~360馬力 • テスト時燃費:12.6km/ℓ • 価格: 22,000ユーロ(約350万円)より
Bild: Toni Bader

アウディQ5スポーツバック

この比較で最も新しいため、圧倒的に高価なのはアウディである。アウディが初めてカーブしたルーフを持つ、よりエレガントなバージョンを発表したのは、2代目Q5の発売から4年も経ってからだった。スポーツバックも含めて、Q5はこのセグメントで特に高品質なモデルのひとつである。
よく練られた断熱インテリアの魅力的な素材が、その具体的な証拠である。曲線的なラインにもかかわらず、スポーツバックはクラシックなQ5の実用主義を欠くことはない。スライド&チルト式の「リアシートベンチプラス」も用意されている。2.0リッターTDI(163馬力または204馬力)の選択が可能だ。
ドライブは静かで申し分ない。163馬力のベーシックなディーゼルのみが前輪駆動で、他のバージョンはすべて全輪駆動が標準だ。3.0リッターV6 TDIは50 TDI(48,000ユーロ=約765万円~)にも搭載され、340馬力ではなく286馬力を発揮する。どちらの場合も、高トルクのエンジンが印象的だ。
弱点:Q5はサスペンションのスプリングとダンパーがヘビーな車重に苦しんでおり、シャシーに負担がかかっている。それゆえ、2回目の車検あたりから故障が出始める傾向がある。スポーツバックはまだ経験していないが、Q5は例外なく発生している。
生産期間:2021年~ • パワー:163~340馬力 • テスト時燃費:13.6km/ℓ • 価格:41,000ユーロ(約650万円)より
Bild: Olaf Itrich / AUTO BILD

ポルシェ マカン

ポルシェのエントリーモデルであるマカンがデビューした2014年以降、カイエンよりもマカンの方が売れている。アウディQ5をベースにしているが、ポルシェによってマカンは、快適性とダイナミクスが非常にうまくミックスされたSUVスポーツカーになっている。ポルシェはシャシーだけでなく、駆動システムも改良した。
その結果、基本エンジンであるVWの有名なEA888でさえ、レスポンスが向上し、あらゆる状況で十分なパワーを発揮するようになった。とはいえ、マカンSのV6エンジンはより優れており、これによってのみマカンのスポーティな才能を真に引き出すことができる。その代償として、少なくとも340馬力のガソリンエンジンでは、燃費はリッターあたり9kmと悪い。
弱点:マカンには手入れが行き届いた旧車所有者が多いが、それでも高い維持費と修理費を考慮する必要がある。走行距離が20万キロまでのモデルについては、ポルシェから有償でポルシェ認定保証を受けることができる。オプションのエアサスペンションなど、装備が非常に充実しているモデルには、不具合の原因も多い。PDKの不具合も、主に初期モデルに見られる。
生産期間:2014年~ • パワー:237~440馬力 • テスト時燃費:9.1km/ℓ • 価格: 31,000ユーロ(約495万円)より
Bild: Roman Raetzke

Text: autobild.de