コンチネンタルタイヤからブレーキ性能がさらに向上したオールシーズンタイヤ「AllSeasonContact 2」登場

185
- Advertisement -

コンチネンタルタイヤ・ジャパンは、AllSeasonContactをさらに性能アップした「AllSeasonContact 2」を2024年2月15日(木)より販売開始する。発売サイズは15~21インチの49サイズで、順次拡大予定。価格はオープンプライス。

AllSeasonContact 2(オールシーズン・コンタクト・ツー)は、新しいトレッドパターンデザイン、ラバーコンパウンド、カーカス構造の採用とその組み合わせにより、前モデルで高い評価を得ていたスノー性能を妥協することなくドライ・ハンドリング性能の向上とウェットとドライ両路面における制動距離の大幅な短縮を実現した。さらに、走行安全性を損なうことなく転がり抵抗性能を大きく向上することで、燃費低減と電気自動車の航続距離も可能としている。AllSeasonContact 2は、温暖な季節のドライ・ウェット両路面での操縦安定性、ブレーキング性能は勿論、冬の冷たい雨や突然の降雪でも優れたグリップ力を発揮し、一年を通してドライバーの期待に応えるパフォーマンスを発揮する。

AUTO BILDによるテストで2位を獲得

AUTO BILDによって225/45 R 17サイズをフォルクスワーゲン ゴルフ8に装着して行われた、オールシーズンタイヤ35種類のテストで「AllSeasonContact 2」は2位を獲得している。

AllSeasonContact 2のテクノロジー

AllSeasonContact 2のアダプティブ・パターンは、オフセット・Vシェイプ・パターンとC字型のトレッドブロックが特長となっている。外側に向かって開いた方向性のあるオフセット・Vシェイプ・パターンとオープン・ショルダー・グルーブが迅速かつ効率的に水を排出することで、優れた耐ハイドロプレーニング性能とウェット路面での安全性を発揮。タイヤのセンター部分にセルフ・レインフォース・リンクで連結されたC字型ブロック・パターンを配置することでトレッド剛性が向上。使用開始からタイヤの寿命の終わりまで、優れたハンドリング性能が持続する。

コンチネンタルAllSeasonContact 2のパターンデザイン。

AllSeasonContact 2では、エネルギー効率を向上させるためにカーカスとインナーライナーに低ヒステリシスの新素材を使用することでエネルギー損失が減り、転がり抵抗が向上している。さらにアダプティブ・パターンの採用で力の伝達が最適化され、タイヤ摩耗が低減、タイヤ寿命が長くなり、優れた燃費性能と、電気自動車の航続距離延長を実現した。

コンチネンタルAllSeasonContact 2のエネルギー効率を向上させるカーカスとアダプティブ・パターン

AllSeasonContact 2のラバーコンパウンドは、オールシーズンタイヤ専用コンパウンドを使用。チリ・ブレンド・コンパウンドと名づけられたオールシーズンタイヤに求められる性能バランスの高いコンパウンドにより、冬の寒冷な路面や雪道での確実なグリップ力と正確なステアリングレスポンスは勿論、温暖な時期やドライ・ウェット両路面でも優れたブレーキング性能を発揮する。更に新開発の柔軟なエラストマー・ネットワークにより摩耗を抑え、燃費も向上させた。

コンチネンタルAllSeasonContact 2のチリ・ブレンド・コンパウンド。

【路面適合表】

発売サイズ

Text:アウトビルトジャパン
Photo:コンチネンタルタイヤ・ジャパン