【天才F1レーサーへ】ミハエル シューマッハのスキー事故から10年 弟のラルフがシューミの事故について語る

3913
Photo: picture-alliance
- Advertisement -

恐ろしく、切実な経験: 2023年12月29日はミハエル・シューマッハのスキー事故から10年目にあたる。弟のラルフ シューマッハがミハエルのスキー事故について語る。

ミハエル シューマッハがフレンチアルプスでのスキー事故で重傷を負ってから、2023年の12月29日の金曜日で、ちょうど10年になる。重度の外傷性脳損傷を負った彼は、ある日を境に表舞台から姿を消した。「この運命が私たち家族を変えてしまった」と、2013年12月29日の大事故について弟のラルフは語る。

シューミのスキー事故について語るラルフ シューマッハ

「兄であるミハエル シューマッハの事故は私にとっても非常に悪く、衝撃的な経験だった。しかし、私だけではなく、ミハエルの子どもたちにとってもそうだ。残念なことに、人生は、必ずしも、全ての人にとって公平ではないし、不運もたくさんある」。

1998年、イタリアでスキーをするラルフとミハエル シューマッハ。
Photo: picture-alliance

F1ワールドチャンピオンは、2つのゲレンデの間のスロープで転倒し、岩に頭をぶつけた。スキー用ヘルメットを着用していたにもかかわらず、グルノーブルの医師が緊急手術を行なわなければならないほどの重傷を負った。

ラルフ シューマッハは、この出来事とその結果について語るとき、感情的になる。「あの頃のミハエルが恋しいよ。ミハエルはそれまで幸運なことが多かったが、この悲劇的な事故が起きた。幸いなことに、私たちは現代の医学の可能性のおかげで多くのことができるようになったが、それでも残念ながら昔に戻ることはできない」。

ミハエルは”いつも私のそばにいた”

ミハエル シューマッハは彼の兄貴であっただけでなく、「彼は私が若い頃のコーチであり、メンターでもあった。彼はカートのすべてを教えてくれた。私たちは7歳も年が離れているけど、あの頃、彼はいつも私のそばにいてくれた」。

スポットライトを浴びた人生: シューマッハ兄弟。
Photo: picture-alliance

シューミ2世はこのことを今でも高く評価している。結局、彼は兄と一緒にカートを運転し、後のチャンピオンと戯れた。「彼は私に、それまでの7年間で培った経験をすべて教えてくれた」。

シューマッハ兄弟: グラベルピットでの幼少時代

シューマッハ兄弟は、幼少期がいかに特別なものであったかをはっきりと語っている。「ケルペンのゴーカート場に隣接する砂利採取場で育ったようなものだからね。すぐ近くに家を買った後、最初はルームシェアをしていて、ベッドを買うお金がなかったから、床にマットレスを敷いて寝ていたんだ。そしてミハエルはメルセデスのジュニアレーシングドライバーになったんだ。今でも、そのような状況からこういうことが生まれたことは信じられない」。

ラルフとミハエル シューマッハ、父のロルフ シューマッハ(中央)。
Photo: picture-alliance / Horst Galuschka

「兄貴のF1初レースとなったスパでのことは今でもよく覚えている。あのころのサーキットは静かで、みんなが観客席に座ってミハエルがクラッチの故障で数百メートルしか進めなかったスタートを見ていたんだ。とても特別な瞬間だった。」

「ミハエルは兄であると同時に今でも本当に特別な存在なんだ」とミハエルは辛そうに語った。

Text: Bianca Garloff