2万7000人のニッサンファンで沸いた「NISMO FESTIVAL at FUJI SPEEDWAY 2023」

244
- Advertisement -

ニッサンのモータースポーツ史を肌で感じる。「NISMO FESTIVAL at FUJI SPEEDWAY 2023」が静岡県の富士スピードウェイで12月4日(日)に行われた。

「サステナブルなモータースポーツへの挑戦」をテーマに、電動化技術やCNF(カーボンニュートラルフューエル)を活用した車両、ニッサンのモータースポーツ史に欠かせないマシンたちの実走行などさまざまなコンテンツが用意された「NISMO FESTIVAL at FUJI SPEEDWAY 2023」が開催された。

夜明け前にはオープンを待つファンのクルマでサーキット周辺は大渋滞。2万7000人ものニッサンファンが集まった。

多くの日産ファンに埋め尽くされたグランドスタンド。
オープニングセレモニーでは、日産モータースポーツ&カスタマイズの片桐CEOが来場者への感謝の意を表した。
日産自動車 内田社長も日産ファンへの熱い感謝の言葉を述べた。

ステージでのトークショーも盛り上がり、レーサーとファンとの一体感が高まった。

GT500クラストークショー あんな話やこんな話で会場は盛大に盛り上がった。

1971 JAPAN GPのSKYLINE HT 2000 GT-Rをはじめ、1983スーパーシルエットレースのTOMICA SKYLINE TURBOのサーキットランが見られ興奮度は高まる一方だった。

R32GT-R Gr.Aマシンに乗り込む「日本一速い男」星野一義氏

往年のNISSANのレーシングカーのデモ走行ではR32GT-R Gr.Aマシン、1995 Le Mans 24HのNISMO GT-R LMをレジェンドドライバーがドライブするというここでしか見ることができないことばかり。

R32GT-R Gr.Aマシン 筆者もこのマシンに出会わなかったら、今の自分はここに居ないと言っても過言ではないだろう(笑)

ニスモロードカーオーナーたちによるパレードラン、圧巻のヒストリックカーエキシビジョンレース、栄光のレーシングマシンのウォームアップ走行と続き、ニッサンのモータースポーツの歴史に直に触れることができた。

1995 Le Mans 24HのNISMO GT-R LMに乗り込む「マッチ」こと近藤真彦氏。
NISMO GT-R LMのピットレーン走行シーン。
1971JAPAN GPのSKYLINE HT 2000 GT-R。
日産モータスポーツの歴史に残る1970年台のヒストリックカー26台のエキシビジョンレースも開催された。
サスティナブルモータースポーツで走行したEVレーシングカーのNISSAN LEAF NISMO RC02

さらに、スカイラインのヘリテイジラン、最後に現役レーシングカー総勢18台によるエキシビションレースも行われ大いに盛り上がった。

Z33のGT500マシン、2011 FIA GT1のGT-R、2023 GT500 Z、スーパー耐久マシンのZ、スーパー耐久マシンのZ

これにて今シーズンのレース取材は終了となりました。来シーズンの取材活動が楽しみで仕方ないのですが、この時期にワクワクするのがストーブリーグであり、既にあのドライバーがあのチームに移籍!? あのメーカーが大幅シャッフル!?やら色んな情報が入って来るのも楽しみの一つであります。来シーズンの各カテゴリーの開幕戦が今から楽しみで仕方ありませんが、今シーズンのスーパーGTレースレポートのご愛読ありがとうございました。

R32GT-R Gr.Aマシンを筆頭に歴代のマシンも展示され、多くのファンの注目を集めた。
2024モデルのGT500 NISSAN Zがサプライズで登場!

モータースポーツって本当にシナリオのないドラマで、感動や涙もあり見ていて本当に楽しいです。その素晴らしい真剣勝負を来シーズンもお届け出来したいと思っています。

Photo/Text:Hisao sakakibara

【筆者の紹介】
Hisao sakakibara
モータスポーツフォトグラファー。レーシングカー好きが高じて、サーキット通いに明け暮れる。モータスポーツの撮影取材を始めて25年のベテランフォトグラファー。