【恥ずべきコピー?】中国人の恥知らずなメルセデス ゲレンデヴァーゲンのコピーにドイツ人の怒り心頭? それとも軽蔑のまなざし?

1212
- Advertisement -

GWMタンク700(2024):中国製メルセデスGクラス、ウィッシュで注文。ブラバスルック、星空、520馬力以上。これがGWMタンク700だ!まるでGクラスのような中国製高級SUVは、55秒で完売した!

中国車は今や、この国の道路では見慣れた光景だ。BYD、MG、Nioといったブランドはもはやエキゾチックな存在ではなく、毎日のように新しいメーカーやモデルが追加されている。

中国最大の自動車メーカーのひとつが長城汽車、略してGWMで、同社はドイツでもOraやWeyなどのサブブランドでモデルを販売している。

オフロード車では、GWMはタンクブランドを持っている。「タンク300」、「タンク500」に続き、最近発表された新しいトップモデルの「タンク700」は、メルセデスの「Gクラス」によく似ている。

この角張った外観は、ドイツのオフロード伝説が数十年にわたって絶大な人気を誇ってきたことから、まったくの偶然で選ばれたわけではないだろう。直近では、「Gクラス」のあまりの人気ぶりに、メルセデスは膨大な需要に応えるために注文の凍結を余儀なくされた(現在は解除されている)。

メルセデスGクラスとの類似性は、リアを見ても明らか。

中国の「Gクラス」の”代替車”は「タンク700 Hi4-T」と呼ばれ、どこから見ても多かれ少なかれドイツのモデルを彷彿とさせる。特にリアの類似性は際立っている。リアのドアに取り付けられたスペアホイールと細いLEDテールライトは明らかに「Gクラス」からの流用であり、ボンネットアタッチメント、ライトストリップ、ルーフスポイラーもブラバスからの流用だろう。

タンク700は523馬力のハイブリッドガソリンエンジン

パフォーマンスという点では、「タンク700」は「Gクラス(G 63を除く)」よりも優れている。3リッターV6ツインターボを電動モーターがサポートし、常時全輪駆動で523馬力と最大トルク850Nmを発揮するという。これは、「メルセデスG 500(422馬力)」よりも100馬力近くパワフルな中国製コピーとなる。

ロールス・ロイスが星空をクルマに持ち込んで以来、一部のチューナーがこの機能を後付けしている。

インテリアはラグジュアリーなデザインで、ロールス・ロイスにインスパイアされた星空が見どころのひとつ。GWMが7桁台の高級車に決して劣らないハイエンドなインテリアと語るように、自信のなさもないわけではない。

わずか55秒で完売

こうして見ると、「タンク700」はお買い得である。70台限定の「ローンチエディション」の価格は約9万ユーロ(約1,440万円)相当。それでも「Gクラス」の中国製コピーとしては高額だが、メルセデスの「G 400 d(118,256ユーロ=約1,895万円〜)」より28,000ユーロ(約450万円)ほど安い。

金が儲かるなら何でもやる?中国人らしい発想だ(笑)。GWMの戦略は確かに功を奏しているようで、彼ら自身の声明によれば、限定特別仕様車はわずか55秒で完売したという。ちなみに、この「タンク」はドイツでは販売されていない。今のところ・・・。

Text: Jan Götze
Photo: Great Wall Motor