これは小さなトゥアレグだ!新型コンパクトSUV「フォルクスワーゲン T-Cross」のドライビングインプレッション!

1289
- Advertisement -

新型VW T-Cross:小さなトゥアレグに初試乗。リフレッシュされたVW T-Crossは、購入した人々を魅了し続けるはずだ。

Eモビリティの推進にもかかわらず、「T-Cross」はVWグループの真のベストセラーとなった。過去4年間で120万台以上が販売されている。我々の耐久テストにおいても、2018年に初めて発表されたクロスオーバーは、優秀な成績で10万kmを後にした。

そのため、2024年から販売店に導入される新型「T-Cross」がハンブルクで初公開されたことは、我々にとっても大きな喜びだ。新しいフロントとリアセクション、新しいLEDヘッドライトとリアライトで視覚的にアップグレードされた。オプションで18インチホイールも用意され、バネ下重量の増加が気になるが、今回試乗した「R-Line」との組み合わせでは実にスマートに見え、「T-Cross」の路上でのスタンスがまったく異なるものになった。ダッシュボードも一新された。

フロントとリアのデザインは一新され、特にオプションの18インチホイール(385ユーロ=約6万5千円)を装着した場合は、スタイリッシュな外観となる。

スタイリッシュかつ高品質

装備レベルにかかわらず、ドライバーは常にシャープなデジタルディスプレイから走行データを得ることができる。新しい魅力的なグラフィックが施された中央ディスプレイは、ダッシュボードから移動し、独立型になった。先代モデルに対する厳しい批判のひとつは、インテリアに使用されている素材だったが、それは大幅に改善された。ソフトな張地は、安っぽいプラスチックとは一線を画し、手になじむ。

それ以外は?「T-Cross」は、5人乗りの広々とした多目的なコンパクトSUVであることに変わりはない。トランク容量は385リットル(最大1,281リットル)になり、最大ドローバー積載量は55kgから75kgにまで増えた。

ダッシュボードは一新された。新素材が手になじみ、デジタルコックピットと最大9.2インチの自立型センターディスプレイが標準装備されている。

新しい最上級エンジン

私たちが試乗した最上級エンジンは、150馬力、気筒休止、可変タービンジオメトリーを備えた「1.5 TSI evo2」だが車重1.3トンの「T-Cross」との相性も問題ない。7速デュアルクラッチトランスミッションは、250Nmの最大トルクをスポーティに前輪に配分し、望めば8.4秒で0から100km/hまで加速する。加えて、望めば200km/hまでの速度に達することができるし、そうでなくても、気筒休止システムが2つのシリンダーを停止しても気が付かないし、燃費の良さに満足するだろう。VWは平均燃費をリッターあたり16.9kmとしている。

3D-XデザインのLED配置、ヘッドライト間の新しいLEDライトストリップ、R-LineとStyleモデルの独立したライトデザイン、IQ.Light(マトリックスヘッドライト=オプション)、ソフトパッド入りインテリアドアパネル。

新型「T-Cross」のハンドリングは従来通り俊敏で、これはサスペンションが先代と何も変わっていないことにも起因している。しかし、エンジンは変わっている。2番目にパワフルなバージョンの3気筒エンジンは、110馬力から116馬力になった。これにより、このエンジンはさらに魅力的になり、30,740ユーロ(約495万円)の最高級エンジンと比べて28,685ユーロ(約460万円)から購入できる。95馬力と5段マニュアルギアで満足するなら、価格はわずか23,250ユーロ(約375万円)からとなる。

結論:
外観を一新し、インテリアの素材も大幅に改善された「T-Cross」は、今後も多く人に愛され続けるだろう。購入希望者を躊躇させるのはその価格だけだろう。

Text: Holger Preiss
Photo: Tom Salt / AUTO BILD