はい、これポルシェ製ボートです「Frauscher × Porsche 850 Fantom Air(フラウシャー×ポルシェ850ファントム エア)」新型マカンのEパワーユニットを使って作られたボートをドライブ!

591
- Advertisement -

Frauscher × Porsche 850 Fantom Air(フラウシャー×ポルシェ850ファントム エア):マカン、フラウシャーのスポーツボートを電動化。電気自動車ポルシェ マカンが初披露される前に、ひと泳ぎ:そのドライブシステムは、フラウシャーの専用ボートに搭載されている。

イェルク ケルナーは「ポルシェ マカン」のモデルシリーズマネージャーである。彼は現在、ポルシェのベストセラーモデルシリーズを刷新し、10年後までには80%がバッテリー付きで販売されるよう、説得力のある電動化を実現しなければならない。そのため、ケルナーには近年、休息する時間があまりない。この情熱的なスキッパーは、時には頭をすっきりさせるために海で数時間過ごす必要がある。

オーストリアに呼び出された取締役会からの電話は、ケルナーにとってちょうどいいタイミングだった。トラウンゼー湖にほど近いオールドルフにあるフラウシャー造船所は、長年にわたりポルシェと密接な関係を築いており、1950年代からEボートを製造している。スポーツカーメーカーと同様、オーストリア人も新しい電動ムーブメントの最前線に立ちたいと考え、シュトゥットガルトに開発援助を要請したのだ。

相性の良い2機:フラウシャーとポルシェだ。彼らが、今、すべきことは、タイカンの代わりに新型マカンのことを考えることだ。

ケルナーは二度も言われるまでもなく、的確なアドバイスに加えて臓器提供を申し出た:2024年春にフラウシャー×ポルシェの「ファントム エア850」が発売されるとき、新型「ポルシェ マカン」はそのプレミアの前に泳ぎに行くだろう。少なくともエンジンは泳ぐだろう。

ポルシェのボートエンジンは1950年代にすでに存在していた!

もちろん、ケルナーはすでに十分な仕事を抱えており、新たなプロジェクトを自分のチームと結びつけたくはなかった。しかし、まず第一に、勤務時間中に海に出ることができる。そして第二に、開発チームの真剣なコミットメントがなければ、このプロジェクトは最終的に潰れていたかもしれないということに彼は気づいた。「そして、このアイデアはあまりにも魅力的で、展望も魅力的すぎたのです」と彼は振り返る。

少なくとも、ポルシェのイメージに貢献し、いずれはレジにも貢献するかもしれないからだ。そして、ポルシェには伝統がある。1950年代、シュヴァーベン人は「356」のボクサーエンジンを60馬力から52馬力に絞り、ボート製造業者に提供していた。

マカンのエンジンは544馬力でスクリューを回す

そこで彼は、チームの数人を週末の「ボート運転免許」講習に参加させ、適切なプロジェクト構造を設置し、フラウシャーとともに「マカン」を海に乗り出した。スポーツボートの船尾にある電動モーターは、オフロード車と同じものだ。唯一の違いは、Z型プロペラ駆動のため、ピーク出力が544馬力に制限されていることだ。

ポルシェ マカンのエンジンは544馬力を発揮。

電動モーターに加えて、ポルシェの制御システムとバッテリーも搭載された。急速充電停止のための800ボルトのアーキテクチャーと、長持ちするパワーのための100kWhのリチウムイオンセル。「エレクトロニクスは、このために完全に鍛え直さなければならなかった。例えば自動車では、充電はパーキングブレーキをかけた状態でしか行われないからです」とプロジェクトマネージャーのフィリップ ルッカートは言う。また、スラストレバーとフットペダルは多少異なる。一方、バッテリーの取り付けは簡単だったが、船底が波を打つ際に50Gを超える衝撃が加わる可能性があるため、位置を変更して保護を強化する必要があった。

舵はポルシェのステアリングホイール

しかし、ルッカートはエンジニアだけでなく、ツェル アム ゼーのポルシェスタジオからデザイン担当の同僚を招き入れた。ファントムのシートにはポルシェのエンブレム、スポーツカーのような丸い計器類、そして「マカン」のようなステアリングホイール。ポルシェのデザイナーは、ボートの基本的な形状には手を加えなかったが、「Eファントム」のボディには通常のホワイトに加えて、ポルシェのカタログに掲載されているすべてのカラーが用意されている。

海上のスポーツカー: ポルシェは舵取りにもその足跡を残し、eスポーツボートの船長はマカンのステアリングホイールを握る。

ボートメーカーと自動車メーカーという異色のコラボレーションの成果は、ガルダ湖での初航海で強烈な印象を残した。全長8.67メートルのボートが静かに港から出ていき、風と波の音以外はほとんど聞こえない。

ボタンひとつで本当に走り出す

ボタンひとつで「Sport+」モードが作動し、全推力が解放されるまで。穏やかな風が最高時速85kmの嵐に変わり、ガルニャーノの海岸が危険なほど近づいてくる。

解き放たれる: Sport+モードでは、電動モーターがフルパワーを発揮し、時速85kmまで加速する。

旧式の8気筒エンジン(350馬力)の轟音は聞こえない。「電動スポーツカーの古典的なエンジン音を懐かしむ人がいる一方で、「水上では誰も騒音に悩まされることはありません」とルッカートは語る。

バッテリーで100kmの航続距離

370リットルのタンクを持つ従来の「ファントム」のように、スピードは長くは続かない。eスポーツボートのバッテリーは30分で空になるが、内燃エンジンはその3、4倍は持つはずだ。しかし、時速40kmで波の上を滑るように走れば、それでも1時間は走れるし、胃に優しい航続距離モードを使えば100km以上も可能だ。フラウシャーは、海岸沿いの短い旅や内陸の湖ならこれで十分だと確信している。

レンジモードで巡航すれば、ファントム エアは最大100kmをカバーできる。一部の港にはすでに急速充電器が設置されている。

そうでなくても、近年、港にはどんどん急速充電器が設置され続けており、スポーツボートは最大250kWの直流電流を引き、30分以内に10%から80%にすることができる。また、「ファントム」は11kWの交流で充電することもできるが、港に一晩置いておくほうがよい。

水遊びは約56万ユーロ(約9,000万円)から

「Eファントム」には9人が乗り込めるスペースがある。ファースト・エディションは25隻製作される予定だ。予約注文はフラウシャー社を通じて、納船は2024年とされている。しかし、これだけエキサイティングなボートにもかかわらず、2つの問題がある:すでに述べたように、航続距離は従来のボートより短く、価格がかなり高い。

フラウシャーは通常、パワーボートを装備に応じて28万〜33万ユーロ(約4,500~5,300万円)で販売しているが、「Eファントム」は約56万ユーロ(約9,000万円)からだ。しかし、船内にはサウンドシステム、アンビエント照明、冷蔵庫が備え付けられている。

Text: Thomas Geiger
Photo: Porsche AG